片川優子(作家・獣医師)

片川優子(作家・獣医師)

作家、獣医師。15歳の時に書いた『佐藤さん』で、第44回講談社児童文学新人賞佳作を受賞し、作家デビュー。一方で、麻布大学大学院獣医学研究科に進み、博士号を取得、獣医師としても活躍している。ほかの著書に『ぼくとニケ』『おはなしSDGs 産業と技術革新の基盤をつくろう』(講談社)、『わたしがここにいる理由』(岩崎書店)などがある。

2020年3月より、夫婦で愛知県一宮市にて「おおい動物病院」を開院。https://oi-anihos.com/

3歳と0歳の娘、5歳と0歳の犬、6歳と5歳の猫と暮らす。子どもとペットが幸せに暮らすため、精力的に活動を行っている。

何歳から「高齢犬(老犬)」なの? 愛犬が健康にシニア期を過ごすために準備できること

何歳から「高齢犬(老犬)」なの? 愛犬が健康にシニア期を過ごすために準備できること

片川優子(作家・獣医師)

片川優子(作家・獣医師)

【完全子犬マニュアル】いつまでがパピー? フードの疑問からしつけのお悩みまで、育て方のコツを徹底解説

【完全子犬マニュアル】いつまでがパピー? フードの疑問からしつけのお悩みまで、育て方のコツを徹底解説

片川優子(作家・獣医師)

片川優子(作家・獣医師)

犬は小さい子どもと一緒に暮らせる!  犬を飼いたい家庭に獣医師がアドバイス

犬は小さい子どもと一緒に暮らせる! 犬を飼いたい家庭に獣医師がアドバイス

片川優子(作家・獣医師)

片川優子(作家・獣医師)