• BREED

動く宝石ヨークシャー・テリア!性格や特徴は?かかりやすい病気は?

動く宝石ヨークシャー・テリア!性格や特徴は?かかりやすい病気は?

「ヨーキー」という愛称で呼ばれ、日本でも広く愛されているヨークシャー・テリア。よく見かける犬種ですが、いったいどういう犬なのでしょうか?今回は、ヨークシャー・テリアの性格や特徴、メジャーなカットスタイル、かかりやすい病気などを解説します。

ヨークシャー・テリアの性格・特徴・カットスタイルをご紹介

イギリス、ヨークシャー地方原産の小型犬であるヨークシャー・テリア。つやつやの絹のような被毛は、成長するにつれて7回ほど変化するといわれており、その美しさから動く宝石と称されることもあります。

上品な見た目に反して、意外と活発で遊ぶことが大好き!勝ち気な性質もあるので、気に入らないことがあると、吠えたり攻撃的になったりすることもしばしばです。見た目だけのイメージでふれ合うと、びっくりしてしまうかもしれませんね。

ヨークシャー・テリアは、さまざまなカットスタイルがあることでも有名です。被毛を長く伸ばし、美しすぎるモップのような見た目に整えるフルコートや、逆に全身の毛を短く仕上げるサマーカットなど。季節や好みでさまざまなカットスタイルを楽しめることも、ヨークシャー・テリアの魅力ですね。

ヨークシャー・テリアのしつけ方のコツ

ヨークシャー・テリアは、実は警戒心が強い犬種です。そのため、玄関のチャイムや掃除機の音など、大きな音に敏感に反応して吠えてしまうことがあります。
これらを防止するためには、子犬の頃から大きな音に慣れてもらうことが大切です。大きな音が鳴ったタイミングでごほうびを与えることを繰り返せば、「大きな音が鳴るといいことがある」と覚えるので、音におびえなくなるでしょう。

また、見た目の愛らしさからお姫様のような扱いをしてしまうと、強気な性格が災いしてワガママに育つことがあります。甘やかしすぎず、しっかりとしつけを行いましょう。

ヨークシャー・テリアがかかりやすい病気

ヨークシャー・テリアがかかりやすい病気の中から、代表的なものを2種類ご紹介します。

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

ひざのお皿が、正常な位置からずれてしまう病気です。1才前後の定期健診の際、脱臼しやすいかどうかをチェックしてもらいましょう。

気管虚脱(きかんきょだつ)

気管が押しつぶされたようになってしまい、呼吸困難に陥る病気です。激しい運動をしたときに発症することが多いため、日頃から愛犬の呼吸音をチェックする習慣をつけましょう。「ゲェ~ゲェ~」とアヒルが鳴くような音で喉が鳴ったら危険なサイン。すぐに動物病院で診察を受けてください。

まとめ:

美しいヨークシャー・テリア、本当はけっこうやんちゃなのですね。見た目だけにとらわれず、本来の性格に合った飼い方をしましょう。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

ペットに関する情報を日々発信していきます。

詳しく見る