ワイアー・フォックス・テリアってどんな犬?性格や特徴などを解説!

ワイアー・フォックス・テリアってどんな犬?性格や特徴などを解説!
イギリス生まれのワイアー・フォックス・テリア、どういう犬種なのかご存じですか?今回はワイアー・フォックス・テリアの性格や体の特徴、しつけのコツやかかりやすい病気などを解説します。

ワイアー・フォックス・テリアってどういう犬?性格や体の特徴

イギリス原産の犬種、ワイアー・フォックス・テリア。かつてはイギリス貴族のキツネ狩りに同行し、穴に逃げ込んだキツネを仕留める役割を担っていました。そのため、名前に「フォックス」がついたといわれています。

ワイアー・フォックス・テリアは、狩猟で1日中駆け回ることができるほどの強靱な肉体と体力のもち主なので、日ごろの運動がとても大切。毎日の散歩だけではなく、穴を掘ったり、フードやおもちゃなどを隠して探させたりなど、本能を刺激する遊びを積極的にしてあげましょう。

ワイアー・フォックス・テリアは、少し特徴的な長方形の顔が魅力。つぶらな瞳と逆三角形に折れた耳も、とてもかわいらしいですね。被毛は意外とかたく、密集した針金のようなさわり心地。名前の「ワイアー」は、この被毛の状態からつけられたとされています。カラーは、白地に黒と茶色のまだら模様が入る、トライカラーがポピュラーです。

ワイアー・フォックス・テリアをしつけるときのコツ

個体差はもちろんありますが、ワイアー・フォックス・テリアは警戒心が強いタイプが多い犬種です。飼い主さん以外の人が苦手で、来客に吠えてしまう個体もいます。
他人に対して拒否感をもっている場合は、子犬の頃から徐々に人に慣れさせる練習をしましょう。まずはお客さんのニオイを嗅がせ、お客さんの手からおやつをあげて「おいしいものをくれる人」と認識させるようにするとスムーズです。
ただし、愛犬が拒否するようなら無理はさせないように。練習は、また後日行いましょう。

ワイアー・フォックス・テリアがかかりやすい病気

ワイアー・フォックス・テリアがかかりやすい病気の中から、代表的なものをいくつかご紹介します。


肩関節脱臼(けんかんせつだっきゅう)

ワイアー・フォックス・テリアは体の割に足が細長いため、強い衝撃で肩を脱臼してしまうことがあります。激しい運動には注意をし、高いところから飛び降りさせるような行為は控えましょう。


皮膚病

犬種の特徴である密集した被毛と、少々脂っぽい皮膚が相まって、蒸れやベタつきを生じさせやすい肌質です。そのため、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)や外耳炎など、皮膚疾患全般に要注意。ブラッシングや定期的なシャンプーで、常に清潔な状態を保ちましょう。


※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント:

タフで頼りになるワイアー・フォックス・テリア。きちんとしつけをするためにも、毎日の運動をかかさず、満足いくまで遊んであげてくださいね。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る