• HEALTH

犬の正しい水の与え方|おすすめの容器や置く場所、量について解説!

犬の正しい水の与え方|おすすめの容器や置く場所、量について解説!

水は犬の体の約7割を占めるとされ、犬の健康維持に欠かせません。そのため、量や与え方をまちがえてしまうと、愛犬が水分不足になったり、体調不良を起こしたりすることがあるので要注意。今回は、犬の正しい飲み水の量や与え方を解説します。

犬の正しい飲み水の量

犬に必要な1日の飲水量は、その犬の体重や体質、食べているフードの種類や運動量などによって変わってきますが、体重1kgあたり50ml前後を目安に計算するのがおすすめです。つまり、体重5kgの犬なら、1日250mlを目安に水を飲ませるといいでしょう。

ただし、目安量の20%程度なら、1日の飲水量が増減しても問題ありません。とくに主食にウェットフードを与えている場合は、目安量より少なめでもOKですよ。

なお、気温の上がる夏場は、パンティングなどによって体内の水分量がほかの季節よりも多く消費されますので、目安量より多く水を飲ませてあげるように意識しましょう。

犬の正しい水の与え方(1)容器

犬に水を与えるときは、飲み口が大きいボウルタイプの容器を使うのがおすすめ。ボトルタイプの容器よりも飲みやすいので、犬がたくさん水を飲んでくれる傾向があります。

また、水飲み用のボウルを選ぶときは、安定感のある台形型のものにするといいでしょう。犬がぶつかっても水がこぼれにくく、水分不足になる心配が少なくなります。

なお、容器は水を取り替えるたびに洗い、清潔を保つことも大切。最低でも1日2回以上は水を取り替えて、その都度キレイに洗ってあげましょう。

犬の正しい水の与え方(2)タイミング・置き場所

犬が飲みたいときに自由に飲めるよう、飲み水を準備してあげることが基本ですので、水飲み用のボウルは最低でも2カ所に置くようにしてください。

例えば、愛犬がよくいるお気に入りの場所の近くに置けば、のどの渇きを感じたときに、すぐに水を飲むことができますよ。また、フードボウルの隣に置くことで、食事中や食後に水を飲みやすく、消化もスムーズになるでしょう。

まとめ:

基本的には新鮮な水を愛犬がいつでも飲めるようにたっぷりと用意しておくことが大切です。毎日のことであまり気に留めにくい水の量や与え方ですが、愛犬の健康のためにも一度見直してみましょう。なお、愛犬の1日の飲水量を知りたい場合は、まずは計量カップで水を量ってからボウルに入れ、水を替えるときにボウルに残った水を計量カップで量り、与えた量から残った量を引くとわかります。この方法で1日分を合計してみましょう。


関連リンク

【獣医師監修】犬の膀胱炎や腎臓病の予防法って?原因・症状も解説

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

ペットに関する情報を日々発信していきます。

詳しく見る

この記事に関連するキーワード