愛犬と夜の散歩!「光るグッズ」を活用して安全に楽しもう

愛犬と夜の散歩!「光るグッズ」を活用して安全に楽しもう

仕事の都合や、夏場に日差しの厳しい時間帯を避けるためなどの理由で、暗くなってから犬の散歩をするかたも多いでしょう。そんな夜道の散歩に役立つのが、「光るグッズ」。夜の散歩を安全に楽しむために、準備しておきたいグッズや活用法をご紹介します。

夜の散歩は光るグッズで存在をアピール!

夜の散歩を安全に行うには、飼い主さんと愛犬の存在を自動車や自転車の運転手に知らせることが大切です。「あそこに人と犬がいる」と気づいてもらうだけで、事故に巻き込まれる確率がぐっと下がるはずですよ。

そのためには、まず目立つことが第一!黒い服は暗闇に紛れて見にくいため、白などの明るい服を着用しましょう。できれば、上下とも明るい色でそろえると◎。
そして、「光るグッズ」を活用することも忘れずに。散歩用の光るグッズは、店舗からネット通販までさまざまなところで販売されているため、いくつか購入して常備しておきましょう。

ただし、愛犬よりも飼い主さんが目立ってしまうのはNGです。とくに乗り物に乗っている場合、目に入った飼い主さんだけをよけようとして、下のほうにいる愛犬には気づかずぶつかってしまうおそれがあります。
光るグッズを身につける際は、飼い主さんよりも愛犬が目立つようにつけてあげてください。

夜の散歩は照らすグッズで危険を回避!

夜の散歩では、手元や足元を見るために「照らすグッズ」を持ち歩くのも大切なポイント。たとえば愛犬が排せつした場合、手元が暗いとウンチを取りこぼしてしまうかもしれません。ウンチが残っていると、他人への迷惑やトラブルにつながってしまうため、照らすグッズは重要ですね。

また、犬は夜でも目がよく見えるため、飼い主さんが気づかないうちに拾い食いをしてしまうことがあります。街灯がないエリアでは、懐中電灯などで足元を照らしながら歩き、落ちているものにも気を配りましょう。

光るグッズ・照らすグッズはどんなものがあるの?

光るグッズと一口でいっても、いろいろな商品が販売されています。
その中でも犬の存在アピールに最適なのが、ピカピカ光るリードや首輪、キーホルダー型のお散歩用ライトなど。明るめの道なら反射材タイプ、暗い道ならしっかりと発光するLEDタイプを選ぶとよいでしょう。

また、照らすための懐中電灯グッズは、両手が使えて散歩しやすいものがおすすめ。最近では、ネックレスタイプやキーホルダータイプなど、便利な商品がたくさんありますよ。


※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント

暗い夜道には、なにかと危険が潜んでいるものです。飼い主さんと愛犬の身を守る対策を整えて、安全で楽しいお散歩タイムにしましょうね!

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。


関連リンク

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード