犬の散歩の心得やマナーを伝授!これを守れば「デキる飼い主」!?

犬の散歩の心得やマナーを伝授!これを守れば「デキる飼い主」!?

愛犬との散歩、飼い主さんにとっても愛犬にとっても楽しい時間ですよね。しかし、飼い主さんがしっかりと愛犬を守ってあげないと、事故やトラブルを招いてしまうことも。そこで今回は、散歩中のマナーや散歩を安全に楽しむための心得を解説します。

散歩中の歩きスマホはNG!愛犬の様子を常に観察

散歩中は、愛犬の様子やまわりの状況に常に気を配らなければいけません。ちょっとよそ見をしている間に、通行人に飛びかかったり危険な拾い食いをしてしまったりしたら、取り返しのつかないことになってしまいます。

このような理由から、散歩中の歩きスマホも絶対にNG。散歩中にどうしても出なければいけない電話がかかってきた場合は、道の端に寄ってリードを短く持ち、しっかり止まってから操作するように心がけてください。

飼い主さん近くを歩かせるようリードでコントロール!

人や車の往来が多いエリアでは、リードを短く持ち、愛犬と飼い主さんの距離をできるだけ縮めて歩きましょう。リードを長く持って自由に歩かせてしまうと、自転車や自動車、子どもの急な飛び出しに対応できず、危険な状況になってしまう場合があります。

愛犬はもちろん、自分自身やほかの人の安全のためにも、リードは飼い主さんがコントロールできる必要最小限の長さにしておくと◎。

急な引っ張りや、制止させたい場合に備えて、リードは手にしっかりとかけて、十分な力を入れられるように持ちましょう。散歩中にお互いが怪我をしないためにも、リードは大切な命綱です。

ある程度自由に遊べる時間も確保する!

ドッグランや広場など、広くて愛犬の安全を確保できる場所でのみ、リードを長めに持って遊ばせてあげるといいでしょう。ただ歩くだけではなく、自由に動きまわれる時間があったほうが、愛犬の満足度もアップするはずです。

もちろん、遊んでいる間も油断は禁物。周囲に危険なものがないかのチェックは欠かさず、ほかの犬や人が近づいてきたら愛犬を呼び寄せることができるよう、十分に気を配っておくことが大切です。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント

愛犬との楽しい散歩は、飼い主さんがマナーを守ってこそ成り立つもの。排せつ物の処理などの基本的なルールだけでなく、「散歩を安全に楽しむための心得」をマスターして、愛犬との散歩をより充実した時間にさせてくださいね。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。


関連リンク

【15分DIY】お散歩用マナー(消臭)ポーチをDIY!100均アイテム&古着で愛犬グッズを超簡単に手作り♪
【お悩み解消】お散歩上手のコツはリードにあり!人気犬マンガ家が安全な持ち方やオススメのリードさばきを解説
犬が散歩中に匂いを嗅ぐのはなぜ?謎の行動の理由を獣医師に聞いてみた!
犬が食べると危険な花とは?誤食した時の対処法や散歩中の注意点を解説【獣医師監修】

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード