【獣医師監修】小型犬がなりやすい気管虚脱とは?症状や治療法について解説

【獣医師監修】小型犬がなりやすい気管虚脱とは?症状や治療法について解説

小型犬がなりやすいといわれている「気管虚脱」とは、一体どのような病気なのでしょうか。気管虚脱は呼吸器系の疾患で、悪化すると呼吸困難に陥ってしまう恐ろしい病気なのです。今回は、chicoどうぶつ診療所所長の獣医師・林美彩先生に教えていただいた、気管虚脱の原因や症状、治療法などについて解説していきます。

犬の気管虚脱とはどういう病気?

リードを引っ張る犬気管虚脱とは、空気の通り道である喉の気管が途中で潰れてしまい、呼吸ができなくなってしまう病気です。

通常、気管は丸いチューブ状になっており、チューブのまわりをC型の軟骨に支えられています。しかし、何らかの原因で気管の形が変形し、潰れたようになってしまうと、呼吸困難につながってしまうのです。しかも、気管の形は一度潰れてしまうと元に戻ることは難しく、気管虚脱は完治しないとも言われています。

呼吸器系は命に直結していますので、完治しないからと言って、気管が潰れた状態で放っておくと悪化し、さらに危険なことになってしまいかねません。

犬が気管虚脱になる原因は?

リードを引っ張る犬実は、気管虚脱になる明確な原因は解明されていません。今のところ考えられている原因は以下の通りです。


気管虚脱になると考えられている原因

太りすぎ

・吠えすぎ

・物理的圧迫(首輪を過度に引っ張ってしまうなど)

・年齢による気管軟骨の変化

・遺伝的な要素によるもの

・高温多湿の環境


このように考えられている原因は多岐にわたり、明確な原因は掴めていないのです。

犬の気管虚脱の症状は?

鳴くトイ・プードル犬が気管虚脱になってしまっても、初期は無症状だったり、たまに乾いた咳をする程度だったりするため、ほとんどの飼い主は気がつきません。呼吸が苦しそう、息苦しそうな状態であれば気管虚脱を疑ってもよいでしょう。病気が進行し気管がさらに潰れてくると、以下のような症状が見られます。


ガチョウの鳴き声のような普段と異なる呼吸音

気管虚脱の特徴として「ガーガー」「グーグー」というガチョウの鳴き声のような、普段と異なる異呼吸音があります。ガチョウの鳴き声のような呼吸音は気管虚脱の特徴ではありますが、この症状は病気が進行してから起こることがほとんどです。この呼吸音が聞こえてきたら、すぐにかかりつけの病院で相談してください。


呼吸困難や舌の変色、酸欠による失神

普段と異なる呼吸音の状態から、気管虚脱がさらに進行すると、呼吸困難を引き起したり、舌が変色したり(青紫色に変わる)、酸欠による失神といった重篤な状態になってしまいます。

気管虚脱になりやすい小型犬の犬種は?

チワワとヨークシャー・テリア気管虚脱は小型犬で起こりやすいとされ、中でもいわゆる「トイ種」とよばれる愛玩犬に多く見られます。

小型犬に気管虚脱が多いのはおそらく遺伝的な要素が関係していると考えられていますが、はっきりとしたことはわかっていません。特になりやすい犬種の犬に肥満という要素が加わると、気管虚脱が起こる確率が一気に上がります。注意したい犬種は以下の通りです。


気管虚脱に特になりやすい小型犬

チワワトイ・プードルヨークシャー・テリアポメラニアン

大型犬も気管虚脱になる?

ラブラドール・レトリーバー 小型犬と比べると、大型犬は気管虚脱になる可能性は低いです。ですが、ラブラドール・レトリーバーゴールデン・レトリーバーは、12歳のころに発症しやすい傾向があります。

犬の気管虚脱の病院での治療法は?

犬のレントゲン病院ではまずレントゲンを撮って、気管虚脱かどうか診断されます。気管虚脱の治療は投薬がメインになり、症状が悪化している場合は手術による治療が行われます。


投薬による気管虚脱の治療

気管虚脱があまり深刻でない場合は、投薬での治療がメインになります。咳止め薬、気管を広げる薬、炎症を抑える薬などが処方され、薬だけでも症状が緩和することは多々あります。


外科手術による気管虚脱の治療

あまりにも気管虚脱の症状がひどい場合には、外科手術を行うこともあります。手術は気管を外側から補強する方法と、気管を内側から押し広げる方法の2種類が考えられます。手術をするとなった場合、どちらがいいのかしっかりと獣医師に相談するようにしてください。

とはいえ、一般的な動物病院では、気管虚脱の手術はあまり行われていません。かかりつけの病院では対応できないということであれば、手術ができる病院を紹介してもらう必要があります。

自宅でできる犬の気管虚脱のケアや予防法は?

ハーネスをした犬自宅でできる犬の気管虚脱の予防には、以下のような方法があります。

 


犬を太らせない

犬の気管虚脱を予防するためには、まず太らせないことが何よりも大切です。肥満になってしまうと気管が圧迫され、結果として気管の変形につながりやすくなってしまうためです。すでに太っている犬や肥満の犬のケアは、まずダイエットをさせてあげましょう。


首を締め付ける首輪や服をやめる

また、外的要因が原因のこともあります。例えば、首輪を引っ張って喉を締めつけないように、洋服型のハーネスをするといったことも予防策として考えられます。首が詰まったような服を着せるのも避けたほうがよいでしょう。


犬を刺激しない、興奮させない

他に原因として考えられているのは「吠えすぎ」です。吠えることで喉に負担がかかり、気管の変形につながるといわれているので、犬を刺激しない、興奮させないというのも有効な手段です。

犬を興奮させないためにはなるべく激しい運動は避け、日常の散歩程度にとどめます。また、犬が興奮しているときに飼い主がリアクションするのは好ましくありません。例えば、飼い主の帰宅時など犬がハイテンションになってしまっている場合、犬にかまってしまうと興奮が続きます。そのため、犬が落ち着いてからリアクションを見せるようにするとよいでしょう。



室内の温度や湿度を快適に保つ

高温多湿の環境が、犬の気管虚脱の原因になるとも考えられているので、温度や湿度を快適に保つことも、予防につながるでしょう。


サプリメントの摂取

また、コラーゲンなどを摂取することで軟骨の変形を防げることもあります。そのため、サプリメントなどを服用するのもよいでしょう。はっきりと「完全に予防になる」とは言い切れませんが、気管虚脱の予防や進行の食い止めにつながるかもしれません。

犬が気管虚脱になった時の注意点は?

これまでの項目でもお伝えしましたが、気管虚脱は原因がはっきりしていない病気です。そのため、日常生活でのケアがとても大切です。

万が一、気管虚脱になってしまった場合には「第7章:家でできる犬の気管虚脱のケアや予防法は?」でお伝えしたことを徹底し、病気の進行を食止めてください。さらに、これまで軟骨のケアができるサプリを与えていなかった場合にはぜひ取り入れてみましょう。

専門家のコメント:

小型犬に起こりやすい気管虚脱は、原因がはっきりとしていないため対策も確立していません。それでも、肥満にさせない習慣をつけておくことは、気管虚脱の予防だけでなく、他の健康面にも有効です。ぜひ習慣にしてみてください。

監修/林美彩先生(獣医師)

chicoどうぶつ診療所所長。大学卒業後、動物病院やサプリメント会社勤務を経て、体に優しい治療法や家庭でできるケアを広めるため、2018年に往診・カウンセリング専門動物病院「chicoどうぶつ診療所」を開設。著書に「獣医師が考案した長生き犬ごはん」(世界文化社)。


関連リンク

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード