犬の鼻づまりの原因は?考えられる病気と対処法、予防のポイントを解説【獣医師監修】

犬の鼻づまりの原因は?考えられる病気と対処法、予防のポイントを解説【獣医師監修】

愛犬が呼吸をするときに、ズーズーと音をさせて苦しそうな様子を見せていたら、鼻づまりを起こしているのかもしれません。犬の鼻づまりの原因や対処法、動物病院に連れて行くタイミングについて、chicoどうぶつ診療所の所長である林美彩先生に解説していただきます。

犬の鼻づまりの原因とは?

stuffy_nose_01_p01鼻づまりの多くは、鼻腔の炎症や花粉などのアレルギー反応が原因です。鼻水がさらさらしていれば自然と鼻の外に排出されます。ところが、鼻腔が炎症を起こし、膿を含んでねばねばした鼻水が出ていると、鼻づまりを起こしてしまいます。また、炎症によって鼻の通り道が腫れて、鼻腔が塞がった状態になっていることもあります。


犬の鼻づまりの症状は?

鼻づまりを起こしている犬は、鼻から息を吸ったり吐いたりするときに音をさせたり、息をするのが苦しそうな様子になります。鼻からの呼吸がしづらいので、口を開けて呼吸をしている場合もあります。また、鼻づまりの症状として、睡眠中にいびきをかいたりすることもあります。

鼻づまりになりやすい犬種は?

短頭種に分類されるパグフレンチブルドッグシーズーなどは、鼻の穴が狭く、空気が通る道が複雑な構造になっているため、鼻水が外に排出されにくく、鼻づまりを起こしやすい傾向があるようです。

犬に鼻づまりが起きた場合、病院に行くべき?

stuffy_nose_01_p02症状が一時的で、生理的な範囲内であれば様子を見ても大丈夫です。一方、呼吸が苦しそう、元気や食欲がない、鼻血が見られるなどの場合は病院を受診するようにしましょう。

犬の鼻づまりの原因となる病気はあるの?

鼻腔は、異物や細菌、ウイルスをはじめ、化学物質や花粉などの異物が侵入した際にそれらを排除しようと免疫反応を起こします。ただし鼻水が出たり、鼻づまりを起こしたりして免疫がうまく働かないことがあります。鼻づまりを引き起こす病気には、以下のようなものがあります。


副鼻腔炎

鼻炎が鼻の奥にある副鼻腔の内部が化膿すると、副鼻腔炎になります。副鼻腔自体が狭くなって、鼻づまりを引き起こしたり、内部が化膿して蓄膿症になってしまうこともあります。


歯周病

デンタルケアをしていない場合や加齢によって、犬は歯周病にかかりやすくなります。歯周の炎症が鼻腔、副鼻腔まで波及し、鼻腔が狭くなったり、膿がたまって鼻づまりになることもあります。


鼻炎(犬システンパー感染症など)

細菌、ウイルス感染による蓄膿症や、炎症によって鼻腔が狭くなり重い鼻づまりが起こります。また、犬ジステンパー感染症にかかると、鼻炎のほかに、食欲不振、咳、目ヤニ、下痢、嘔吐、高熱などの症状も現れることがあります。


ケンネルコフ

ケンネルコフとは、犬の伝染性呼吸器疾患の総称である「伝染性気管支炎」のことです。感染することによって鼻腔に炎症が起こり、鼻腔狭窄から鼻づまりが起こりやすくなります。


その他の原因

鼻の中にできた腫瘍が、鼻づまりの原因となっている場合があります。また、血の混じった鼻水が出る場合は腫瘍ができている可能性があるので、できるだけ早めの検査をおすすめします。また、6歳以上になると老化が鼻づまりの原因になることもあります。人間と同様に花粉症などのアレルギーが原因の場合もあります。

犬の鼻づまりと併発して起きやすい症状とその対処法とは?

stuffy_nose_01_p03人間にも共通したことが言えますが、鼻づまりが起こることによって、いろいろな症状が起きることがあります。どんなものがあるのか見ていきましょう。


くしゃみ

人間のくしゃみと同じで、犬のくしゃみも生理的な体の反応です。特に対処する必要はありませんが、頻繁にくしゃみが出ている場合には何かしらの疾患が疑われるため、早めに病院を受診してください。


いびき

鼻腔が狭くなることによって空気の通りが悪くなることによって起こる症状です。肥満の場合にはダイエットをすることでいびきの軽減できますが、その他の疾患が原因となる場合にはその疾患の治療を行うことが重要です。


発熱

細菌やウイルス感染による炎症反応から発熱することもあります。病院を受診し治療を行いましょう。


目やに

発熱同様、細菌やウイルス感染が結膜などの目に及ぶことによってみられます。感染以外にも、異所性睫毛や眼瞼内反などでも炎症が起こり、目やにが発生することがあります。

犬の鼻づまりの治療法とは?

根本的な原因を探して、対症療法を行うため、その原因によって治療法は異なります。ウイルスや細菌の感染による副鼻腔炎や鼻炎が原因の場合、主に抗生剤や抗炎症剤などが処方されます。腫瘍が原因だった場合には外科手術や放射線治療になることが考えられます。


犬の鼻づまりの治療費用はどのくらい?

受診費用は基礎疾患の有無や重篤度にもよりますが、症状が軽い場合は1回あたり5,000円前後程度と考えていいでしょう。

犬の鼻づまりの予防法は?

stuffy_nose_01_p04一番の予防は、鼻づまりの原因となる病気を治療することです。大きな疾患が見つからず、体質や環境が原因と考えられる場合は、愛犬の鼻づまりを予防するために飼い主側で工夫できることがあります。


原因となる病気を治療する

鼻づまりを引き起こす病気を抱えている場合は、その病気の治療することで鼻づまりを和らげたり、予防できたりします。病院を受診して、適切な治療を受けさせるようにしましょう。


湿度を高くする

加湿器などで部屋の湿度を高くしたり、蒸しタオルをマズルにあててあげたりすることが有効です。ただし、蒸しタオルを使う場合には愛犬を火傷させないように気をつけてください。


鼻水を定期的に拭ってあげる

鼻づまりの原因となる鼻糞(びふん)や鼻水を取り除くことによって、物理的に愛犬の鼻の通りが良くなります。ただし、一時的なものですので根本的な解決にはなりません。


自宅でできる犬の鼻づまりの対処法はある?

手軽にできるものとしては、愛犬のツボをマッサージしてあげることがおすすめです。目頭にある「晴明(せいめい)」、眉間からたどった鼻先近くにある「山根(さんこん)」、小鼻(鼻柱の左右のふくらみ)の脇にある「迎香(げいこう)」、親指と人差し指の間の水かきのところにある「合谷(ごうこく)」などのツボは、鼻づまりの解消に効果的と言われています。スキンシップを兼ねて、ツボ押しマッサージを試してみるのもいいでしょう。

 


※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント

人間は、季節の変わり目や体調の変化によって鼻づまりになることがあります。同様に犬も鼻づまりになることがあるのですが、人間と違って自分で鼻水を取り除くことができないため苦しい思いをしているかもしれません。日ごろから愛犬の様子を観察して、早く気づいてあげたいものです。鼻づまりは、生理的な範囲のものであれば心配はいりませんが、大きな病気が潜んでいる場合も考えられます。長引くようなら病院を受診することをおすすめします。

監修/林美彩先生(獣医師)

chicoどうぶつ診療所所長。大学卒業後、動物病院やサプリメント会社勤務を経て、体に優しい治療法や家庭でできるケアを広めるため、2018年に往診・カウンセリング専門動物病院「chicoどうぶつ診療所」を開設。著書に「獣医師が考案した長生き犬ごはん」(世界文化社)。

監修者の他の記事一覧


関連リンク

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード