【獣医師監修】あなたの接し方は大丈夫?愛犬にストレスを与えない接し方とは

【獣医師監修】あなたの接し方は大丈夫?愛犬にストレスを与えない接し方とは

愛犬と楽しく、仲よく生活を送るために日々のしつけは欠かせません。しかし、飼い主さんの何気ないしつけの仕方や接し方が、実は愛犬のストレスになっていることも。愛犬にストレスを与えない接し方について解説します。

しつけをするときの体罰は絶対にダメ!愛犬とはパートナーになろう

愛犬のしつけをする際、飼い主としての威厳を保つために叩いたり、物を投げたりなどの体罰をしていませんか?
愛犬に体罰をする行為は、飼い主さんの想像以上に、愛犬に恐怖心を与えてしまいます。体罰を続けると、飼い主さんの存在自体がストレスになってしまうこともあるので、しつけの際に体罰をしている場合は、今すぐにやめましょう。



▼関連記事

愛犬を叱ってしまったら、フォローをして関係修復を

つい、反射的に怒鳴ってしまうこともあるでしょう。しかし、怒鳴ってしまい、愛犬が恐怖で震えたり、隠れたりした場合はストレスに感じているかもしれません。
恐怖を感じている様子が見られたら、ほめたり、指示しつけをしたりしてフォローしてあげましょう。

「おすわり」などの指示しつけは、成功した際にほめて、ごほうびのおやつをあげることができるため、関係修復には最適ですよ。つい怒鳴ってしまった原因が愛犬のいたずらなどであったら、次に同じいたずらができないように見直すようにしましょうね。



▼関連記事

愛犬の「やめてのサイン」を見逃さないで!

愛犬が「目をそらす」、「その場から離れる」などのしぐさを見せたときは、愛犬からの“やめてのサイン”かもしれません。飼い主さんは「なでたりないな」と思うときもあるかもしれませんが、しつこくしてしまうと愛犬の負担になることも。やめてのサインが見られたら、それ以上は追わずに見守ってあげましょう。

1日1回は愛犬と向き合おう!

人と暮らしている犬にとって、飼い主さんと向き合う時間や、スキンシップの時間はとても大切です。散歩もスキンシップのひとつになります。散歩中に話しかけたり、遊びを取り入れたりするとさらに充実した時間に。
愛犬との絆を深め、愛犬にストレスを感じさせないようにするためにも、毎日向き合う時間をつくるようにしましょう。

実は空気を読んでいる?家族ゲンカは控えよう

犬はその場の空気を読む生き物です。そのため、家族がケンカをしていると、それだけでストレスになることも。ふだんは車酔いをしない犬が、車内で家族がケンカをし始めたら、空あくびや吐くなどして車酔いをしたケースもあるそうです。
愛犬の前では、ケンカをしないよう心がけましょう。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント:

紹介した行動以外にも、実はストレスに感じている接し方があるかもしれません。愛犬の様子をしっかりと観察し、ストレスを少なくしてあげましょう。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード