犬は一緒に寝る人を選んでいる?判断の基準と選ばれるためのコツを解説【獣医師監修】

日・米・英にて行動診療やパピークラスを実施する動物行動コンサルティングはっぴぃているず代表。日本でまだ数十名しかいない獣医行動診療科認定医として幅広く活躍。

犬は一緒に寝る人を選んでいる?判断の基準と選ばれるためのコツを解説【獣医師監修】

これからの寒い時期は、愛犬の被毛に触れながら一緒に寝たくなる季節と言えるかもしれません。犬の方でも飼い主の後をついてきて飼い主と一緒に寝ようとすることもあるかと思います。そこで、少し気になるのが犬は一緒に寝る人を選んでいるのかということ。今回は、犬が一緒に寝る人を選ぶ基準や、一緒に寝ることのメリット、デメリットや注意点などについて、動物行動コンサルティングはっぴぃているず所属の獣医師、フリッツ吉川綾先生に解説していただきます。

犬は一緒に寝る人を選んでいる?

犬は一緒に寝る人を選んでいる?判断の基準と選ばれるためのコツを解説【獣医師監修】飼い主が就寝するタイミングで犬がついてくることがあるかもしれません。ただ、犬も適当についていっている訳でなく、一緒に寝る人を選んでいて、寝心地の良さやその人への信頼感などいろいろな考えを持っている可能性があります。次から、犬がどんな人と寝たいと考えているのかについて解説します。

犬が一緒に寝たいと思うのはどんな人?

犬は、自分で一緒に寝る人を選んでいるように見えます。また、寝る場所を決めている犬もいるでしょう。犬から見てどんな人が一緒に寝たいと思われているのでしょうか。

家族の中で一番安心感のある人

犬も人間と同じように、信頼している人と一緒に寝ると安心できると思われます。特に臆病な犬や、怖い音がした後、慣れない場所に来た時など不安になってしまう状況下では、一緒にいて安心できる人と寝たいと思うことが多いようです。

スペースが十分取れる場所で寝ている人

自分の動きが邪魔されないスペースを十分に確保できる人の横を選ぶ傾向もあるようです。

寝相がいい、いびきがうるさくない人

犬は、自分が邪魔されずにくつろげる場所がどこかを学習することができます。睡眠中にあまり動かず、静かに寝ている人の方が好かれるでしょう。

寝心地の良い場所で寝ている人

人間は快適な場所で寝ていることが多いものです。快適で寝心地が良い場所で寝ている人がいれば、犬も一緒に寝たいと思うかもしれません。また、気温やベッドやお布団の質など、好みが合う人の近くで寝たがる犬もいます。

性格や習慣によって誰でも良い場合もある?

家族のみんなと分け隔てなく仲が良い犬の場合、タイミングよく誘われた人と一緒に寝ることがあるかもしれません。また、おおらかで社交的な犬の場合には、家族よりもお客さんなどと一緒に寝たがる子もいます。

犬は人ではなく、寝る場所で選んでいる犬も?

犬は一緒に寝る人を選んでいる?判断の基準と選ばれるためのコツを解説【獣医師監修】犬が一緒に寝る人ではなく、どこで寝るかを優先する場合もあるようです。人で選ぶか、場所で選ぶかは犬の性格や体調、日々の習慣などによっても異なります。穏やかでおおらかな性格な子は場所を優先することがあるかもしれませんし、怖がりであったり、不安なことがあったりする場合には、大好きな飼い主の近くにいることで一番リラックスできます。体調が悪い場合には、飼い主の近くにいることにより心の安心を得るタイプの子、自分が快適に寝られる場所を選びたいタイプの子がいると考えられ、これは日々の習慣に影響を受けることがあります。

犬に一緒に寝る相手に選ばれるコツは?

愛犬と一緒に寝たいと思っている飼い主ならば、愛犬からベッドに入ってきてくれるのを待っていることがあるかしれません。このように犬に一緒に寝る相手に選んでもらうためには、押さえておきたいポイントがいくつかあります。

寝室環境を改善する

犬と一緒に寝るには、快適に眠れるスペースを用意することが大切です。温度の設定を犬が不快なく過ごせるようにする、季節に合わせた快適な場所作り、心地よい風が当たる場所作りなど、人間と同じように過ごしやすい環境を作ることが役立つでしょう。

普段からスキンシップやコミュニケーションをとる

愛犬が人間と一緒に安心して眠るためには、日ごろのコミュニケーションが大切です。犬の心身の健康に必要なケアを十分行うこと、一緒に生活するルールを教えること(しつけ)、犬にルールが分かりやすいように一貫した対応をすること、一緒に楽しくトレーニングをすることなど、日頃から信頼関係作りに努めることが大切です。

寝る前に愛犬を撫でたり、マッサージしたりする

犬にとって気持ちが良い、快適だと感じる方法と時間を知っておきましょう。寝る場所で一緒に過ごすことで、飼い主とのコミュニケーションを楽しんでいる子が多いものです。寝る前に撫でたり、マッサージしたりして愛犬をリラックスさせてあげると効果的です。ただし、あまりにも長く続けると嫌がる場合もあるので気をつけましょう。

寝相や寝言、いびきを改善する

寝相が悪かったり、寝言やいびきが大きかったりする人は、犬から快適に寝ることができない人と認識されるかもしれません。ストレスが溜まっているなどの理由で、ご自身の睡眠の質が落ちているようであれば、これを機会に改善してみてください。

無理強いはしない

強制的に近くに寝かせたり、ベッドに引っ張ったりして、飼い主の気持ちを押し付けないようにしましょう。犬がその場から去ったら、その行動を尊重するようにしたいものです。

を優先しすぎて飼い主が無理しないこと

愛犬をゆっくり眠らせるために、飼い主は体を動かさないように気をつけたり、掛け布団を愛犬にかけることで飼い主自身には布団をかけられなかったりと、無理しすぎるケースがあります。ただし、飼い主が体のどこかを痛めたり、体調を崩してしまったりするような無理はよくありませんのでやめておきましょう。

犬と一緒に寝るのは良いこと?

一緒に寝ることを犬も人間も好ましく思っている場合でも、デメリットがあるかもしれません。メリットとデメリットを考えて、犬と一緒に寝るかどうかを判断するといいでしょう。

犬と一緒に寝るメリット

犬と一緒に寝ることのメリットを以下に紹介します。

犬に安心感を与える

犬の体調不良時や大きな音や地震があった時など、犬に不安がある場合には、一緒に寝ることで安心感を与える効果があるでしょう。ただし、長時間一緒に寝ていると犬の身体に負担がかかることもあります。

飼い主が癒される

飼い主が犬と一緒に寝ることでリラックス効果があります。犬を撫でたり、触れ合ったりすることの癒しの効果は大きいものです。

犬と一緒に寝るデメリット

次に犬と一緒に寝ることのデメリットを以下に紹介します。

睡眠の質が低下する可能性がある

最近の調査では、犬と一緒に寝ることで睡眠の質が低下するかもしれないことも示されています。人は犬に睡眠を邪魔されたと気づいていなくても、睡眠中に犬が動くことに関連して体を動かすなど、影響を受けることが報告されています。

体が痛くなる

犬が布団に乗っていたり、体の近くや上にいることで、寝返りがうてなかったり、体の一部を動かせないと、首や腰などを痛めてしまうことがあります。

犬の毛や汚れがつく

アレルギーのある飼い主は、犬の毛や体についた汚れが寝床に持ち込まれることで症状が悪化する可能性があります。また、一緒に寝ることで犬と寝具を共有することになるため、清潔に保つためには洗濯の頻度を上げる必要があります。

犬が怪我をしてしまう可能性がある

緒に寝ることで愛犬がベッドから落ちたり、人に踏み潰されそうになったりするなど、何らかの事故が起きる可能性もゼロではありません。

愛犬が攻撃してくる可能性がある

犬はゆっくり眠っているところを邪魔されるのは好まないものです。人が動くことを嫌がる子もいるでしょう。一緒に寝ている人が急に動いたことに驚いて、人を攻撃することもあるので注意が必要です。

犬と一緒に寝るにはどうすればいい?

犬は一緒に寝る人を選んでいる?判断の基準と選ばれるためのコツを解説【獣医師監修】「飼い主自身と愛犬の安全、快適な睡眠を確保すること」が絶対条件です。上記を参考に、その為の環境作り、ルール作りすることをオススメします。

専門家のコメント

犬と一緒に寝るのは、一日の終わりの大切な癒しの時間だと考える飼い主も多いでしょう。一緒に寝ることの精神的なメリットもありますが、デメリットを考えると一定のルールを定めることを考えてもいいでしょう。たとえば寝る前にコミュニケーションタイムを取り、本格的に寝るときには、犬と人が少し距離を置いて十分スペースを取って寝るなどの工夫をするといいでしょう。

監修/フリッツ吉川綾先生(獣医師、獣医学博士、日本獣医動物行動診療科認定医)

監修/フリッツ吉川綾先生(獣医師、獣医学博士、日本獣医動物行動診療科認定医)

動物行動コンサルティングはっぴぃているず代表
東京都文京区なないろ動物病院所属
酪農学園大学獣医学部獣医学科卒業、同大学院獣医学研究科修了
日本獣医動物行動研究会American Veterinary Society of Animal Behavior所属

日本、米国、英国にて行動診療やパピークラスを実施する、動物行動コンサルティングはっぴぃているず代表。東京都文京区なないろ動物病院にて一般臨床・行動診療、千葉県市川市苅谷動物病院グループ市川総合病院静岡県裾野市パル動物病院にて行動診療にあたる。日本でまだ数十名しかいない獣医行動診療科認定医として、獣医臨床行動学の研究、執筆、翻訳を行うなど幅広く活躍。

監修者の他の記事一覧


関連リンク

この記事に関連するキーワード