「犬の部分汚れ落としのやり方」よくある3つのケース別にご紹介!

「犬の部分汚れ落としのやり方」よくある3つのケース別にご紹介!

散歩や排せつ、食事の際についた汚れは、そのままにしておくとニオイの原因になることがあります。部分的に愛犬の体が汚れてしまったときは、部分洗いをしてケアしてあげることが大切です。そこで今回は、犬の部分汚れ落としのやり方をご紹介します。

散歩や外遊び後の部分汚れ落とし法

散歩や外遊びなどで足まわりについた汚れは、薄めたシャンプー液をたらいに張って部分洗いをし、よくすすいでからドライヤーで乾かしましょう。大型犬の場合は、大きめのたらいを用意するのがポイントです。

ちなみに、外遊びの前に汚れ防止用のブラッシングスプレーを使いブラッシングしておくと、毛に汚れがつきにくくなります。

ウンチ・オシッコの部分汚れ落とし法

排せつ時にウンチがついて汚れてしまったときは、ブラッシングスプレーを汚れのまわりにかけて、ティッシュでつまんで取りましょう。その際、しっかりとスプレーするのがポイント。ウンチが固まってしまっている場合は、ブラシでほぐすときれいに落ちます。汚れが落ちてもよいように、下に布などを敷いておきましょう。

オシッコの場合、少し体にかかってしまった程度なら、犬用のウェットシートを使って拭きますが、広い範囲にかかってしまったときは、シャンプータオルなどを使うと◎ しっかりと拭けるので、ニオイ残りがありません。

ごはん・おやつの部分汚れ落とし法

ごはんやおやつで愛犬の口まわりが汚れてしまったときは、ぬるま湯につけてかたくしぼった蒸しタオルを用意し、汚れにそっと押し当てふやかしてから拭き取りましょう。

また、顔まわりを拭くときは、少し汚れた程度ならブラッシングスプレーを使うと便利です。飼い主さんの手のひらにたっぷりとスプレーしてから汚れている部分にぬり、コットンやタオルなどで汚れを拭き取ります。このとき、こすらずにそっと押さえるようにして拭くと、皮膚への負担がありません。

なお、短頭種などの場合は、顔のシワの間に汚れが残りやすいので注意してください。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント:

毎日のことだからこそ、散歩や排せつ、食事の際についた汚れはこまめにきれいにしてあげたいですね。それぞれのシチュエーションやパーツごとの部分洗いをマスターし、愛犬の清潔を保ちましょう。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。


関連リンク

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード