【獣医師監修】犬にマンゴーをあげても大丈夫?1日の適量や与える際の注意点、アレルギーの可能性について解説

【獣医師監修】犬にマンゴーをあげても大丈夫?1日の適量や与える際の注意点、アレルギーの可能性について解説

「果物の女王」とも呼ばれ、世界三大果実ともいわれているマンゴー。甘くておいしく、とても人気がある一方で、アレルギーを起こしやすい果物としても知られています。おいしい食べ物は愛犬とシェアしたくなってしまうものですが、犬がマンゴーを食べても問題はないのでしょうか? 犬にマンゴーを与える際の注意点や適量などについて、獣医師でAnimal Life Partnerの代表でもある丸田香緒里先生に解説していただきます。

犬にマンゴーを与えても大丈夫?

マンゴーを食べる犬マンゴーは果物の中でもそれほど食物繊維や果糖の含有量が多くないため、安心して犬に与えることができます。年齢に関する制限なども特になく、子犬からシニア犬まで問題なく食べることができます。また、マンゴーは80%近くが水分でできているため、夏場に水分補給させたいときにも適した食材だといえるでしょう。


ただし、それは果肉だけの話。マンゴーの皮は消化に悪く、体調不良を引き起こしかねませんので決して与えないでください。さらに、マンゴーの中心には大きな種が存在しています。種を食べてしまうと最悪の場合、腸閉塞から腹膜炎になって死に繋がってしまったり、窒息から死に繋がってしまったりする可能性も。必ず皮と種は取り除いて、果肉だけを与えるようにしてください。

マンゴーにはどんな栄養素が含まれている?犬に与える影響は?

マンゴーマンゴーに含まれている主な栄養素は以下の通りです。


βカロテン

抗酸化作用があり、体内でビタミンAに変化し、皮膚のターンオーバーなどを促します。免疫力を高め、皮膚や粘膜、目の健康に一役買ってくれます。


ビタミンC

抗酸化作用があり、免疫力を高める栄養素。アレルギーの原因となるものの働きを弱めたり、がん予防にも効果があったりするとされています。犬はビタミンCを体内で作ることができるので、人ほど積極的に摂取する必要はありませんが、ストレスや疲れがあるときは消費量が増えるため、食事で補ってあげるのがおすすめです。


葉酸

ビタミンB群に含まれる水溶性ビタミンで造血作用があり、貧血の症状改善と予防に繋がります。細胞のターンオーバーなどをサポートする役割も持っています。


ビタミンE

抗酸化作用がある栄養素。アンチエイジングの役割を果たし、老化が原因となって起こる病気などを防ぎます。


食物繊維

整腸作用がある栄養素。便秘や下痢などの予防をしたり、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える働きをしたりします。

犬にマンゴーを与えることで発生する可能性があるアレルギーや中毒症状はあるの?

マンゴーは「漆塗り」などにも使われるウルシ科の植物であり、かぶれを引き起こす「マンゴール」という成分が含まれています。そのため、アレルギー反応の強い犬によっては、食べたることでアレルギーを起こしてかぶれる可能性があります。


初めて犬にマンゴーを与える際は、様子を見ながら少しずつにしてください。もし、アレルギー反応が出てしまったらすぐに与えるのをやめ、まずは口のまわりなどマンゴーの触れた部分を綺麗に拭いてください。特に粘膜は吸収しやすい部分なので念入りに拭くようにしましょう。そして、速やかにかかりつけの病院で相談してください。

犬にマンゴーを与える際の適量は?

マンゴーを食べる犬マンゴーを犬に食べさせる場合、1日の摂取量の目安は以下の通りです。


【犬の1日のマンゴー摂取量の目安】

  • 犬の体重3kgでマンゴー10
  • 犬の体重10kgでマンゴー30g
  • 犬の体重20kgでマンゴー45g

 

180gの小さめのマンゴーでも、1個あたりの可食部は約120gとされています。体重が20kg以上ある大型犬でも、3分の1以上は食べさせないようにしてください。

犬にマンゴーを与えるときのおすすめの方法は?

犬にマンゴーを与える際におすすめの食べさせ方は、果肉を一口大にカットし、おやつとして与えることです。犬用ケーキのトッピングにも使用することができますし、無糖のプレーンヨーグルトにのせてあげるのもよいでしょう。マンゴーは他の果物に比べて葉酸を多く含むため、貧血が気になる犬に特におすすめです。


夏場は冷凍マンゴーにするのもよいですが、その際は喉につまらせない大きさにすることが大切です。もちろん、大量にあげてしまうと下痢を引き起こしかねませんので、少量にしてあげてください。マンゴーは体の熱を逃す食材ともいわれていますので、夏場に与えてあげると犬も過ごしやすくなるかもしれませんね。

犬にマンゴーを使用した加工食品を与えても大丈夫?

マンゴープリンマンゴーを使用した加工食品の代表例として、マンゴープリンやドライマンゴーなどがありますが、人用のマンゴープリンやドライマンゴーといった加工食品を犬に与えるのはおすすめできません。


まず、マンゴープリンは糖分過多で肥満を引き起こす可能性があります。人工甘味料や砂糖も犬の体によいとは言えません。そして、ドライマンゴーはマンゴーから水分が抜けていることで、食物繊維をはじめとした栄養素が凝縮されてしまい、腸の調子が悪くなったり下痢になったりしてしまうケースも考えられるのです。

犬にマンゴーを与えるときの注意点は?

犬にマンゴーを与える際は、皮に注意してください。マンゴーの皮は比較的薄いのですが、犬は草食動物ではないため、上手に消化できないのです。皮にはポリフェノールなどの栄養素が多く含まれているためもったいないと思われるかもしれませんが、綺麗に剥いてから与えるようにしましょう。

専門家のコメント:

年齢を問わず、犬はマンゴーを食べることができます。しかし、犬によってはアレルギー反応が出る可能性もあるため、与えるときは少しずつを心がけましょう。万が一、アレルギーを起こした場合は、すぐにかかりつけの病院で相談をしてください。また、マンゴーを与える際は、皮や種に注意が必要です。皮や種を食べてしまうとトラブルを引き起こしかねないため、必ず果肉だけを与えるようにしてくださいね。

監修/丸田香緒里先生(獣医師)

日本大学卒。「人も動物も幸せな生活が送れるためのサポート」をモットーにAnimal Life Partner設立。ペット栄養管理士など様々な資格を生かし、病院での診療や往診のほかに、セミナー講師やカウンセリング、企業顧問、製品開発など活動は多岐にわたる。

監修者の他の記事一覧


関連リンク

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る