【獣医師監修】犬は枝豆を食べても大丈夫?適量やおすすめの調理法、大豆アレルギーなどの注意点について解説

【獣医師監修】犬は枝豆を食べても大丈夫?適量やおすすめの調理法、大豆アレルギーなどの注意点について解説

たんぱく質が豊富で調理もしやすく、お酒のおつまみとしても定番の枝豆ですが、犬の食事として枝豆をあげても大丈夫なのでしょうか。今回は、獣医師でAnimal Life Partnerの代表である丸田香緒里先生に教えていただいた、犬に枝豆を与える際の注意点や適量、枝豆が体調不良や大豆アレルギーを引き起こすかどうかなどについて解説していきます。

犬に枝豆を与えても大丈夫?

犬に枝豆を与えても問題ありません。枝豆は大豆の成長途中の豆ですが、現在は枝豆専用の品種が多く流通しています。未成熟な大豆には大豆と野菜の両方の栄養素が含まれているという特徴があります。植物性のたんぱく質を豊富に含む食材なため、犬の食事にもぴったりです。

子犬や老犬(シニア犬)に枝豆を与えても大丈夫?また枝豆を避けた方がいい犬は?

犬は枝豆を食べても大丈夫?適量やおすすめの調理法、大豆アレルギーなどの注意点について解説_トレイをくわえる犬基本的に子犬や老犬でも枝豆を食べても問題ありません。ただし、以下の2つのケースの場合は枝豆を摂取するのは避けましょう。


貧血気味や貧血の薬を飲んでいる犬

大豆製品に含まれるグリシニンという成分によって、鉄の吸収が阻害されるといわれています。そのため、貧血の犬やすでに貧血で鉄を含む薬を飲んでいる場合、症状や薬の働きに良くない影響を与える可能性があります。貧血気味や貧血の薬を飲んでいる犬には、枝豆を与えることは避けましょう。


大豆アレルギーと診断されている犬

大豆にアレルギーを起こす可能性がある場合は、枝豆を食べると同じように症状が出る可能性があります。下痢や皮膚のかゆみなど、アレルギー症状が出てしまった場合は動物病院へ行くようにし、枝豆を食べたことを獣医師に伝えましょう。また、すでに大豆アレルギーと診断されている場合は、枝豆を与えないようにしましょう。

 

初めて枝豆を犬に与える場合は、まずは少量から様子をみるようにし、体調に変化がないかよく観察することが大切です。

もし犬が枝豆を食べて体調不良を起こしたら、どう対処すればいい?

枝豆を食べて犬が体調不良を起こした場合、まずは枝豆を与えるのを中止します。家庭で対処するのは難しいので、動物病院を受診しましょう。その際には、どれくらいの量でどのような調理法で犬に枝豆を与え、どんな症状が出たかなど、獣医師に伝えるようにしましょう。

枝豆に含まれる栄養素と犬に枝豆を食べさせるメリットは?

犬は枝豆を食べても大丈夫?適量やおすすめの調理法、大豆アレルギーなどの注意点について解説_ごはんを食べる犬枝豆は植物性のたんぱく質を多く含む食材ですが、人間と犬は同じ効果が期待できるわけではありません。犬は植物性のたんぱく質を人ほど利用できるわけではないため、手作り食のメインとして枝豆を使うのは控えましょう。犬にとってのメリットは、枝豆に含まれるアスパラギン酸が、疲れにくい体の形成に役立つことです。また、ピニトールという成分も、血糖値の急な上昇を抑えるのに効果的といわれています。

犬に枝豆を与えるときの1日の適量は?

犬に枝豆を与える場合は、犬の体型などによって1日の適量が異なります。以下の量を目安にしましょう。

 

体重3kg9g

体重10kg23g

体重20kg40g

犬に枝豆を与えるときのおすすめの方法は?

犬は枝豆を食べても大丈夫?適量やおすすめの調理法、大豆アレルギーなどの注意点について解説_枝豆枝豆を犬に与える際は、生のままでは消化に悪いため、必ず加熱します。枝豆というと塩で味付けして食べるのが一般的ですが、犬に与えるときは茹でる際には塩を入れず、味付けもしないでそのまま与えます。枝豆は小さいのでのどに詰まらせる可能性は低いですが、細かくカットすれば消化しやすくなります。ちなみに、さやや皮は茹でても硬いため、豆の部分のみを与えるようにしましょう。

犬に枝豆を与えるときの注意点

犬は枝豆を食べても大丈夫?適量やおすすめの調理法、大豆アレルギーなどの注意点について解説_ごはんを食べる犬枝豆は茹でて与えることはもちろんですが、人が食べる豆以外は硬くて消化不良を起こす可能性があるため、与えないようにしましょう。また、枝豆を使った加工品なども売られていますが、加工品は人が食べやすいように味付けされているため、犬には向いていません。冷凍食品の枝豆は塩茹でしたものを冷凍しているため、与えないようにしましょう。

 

味付けはせず、子犬や老犬には消化しやすいように茹でた枝豆を細かくカットしてから与えます。また、主食ではなくあくまでトッピングとして与えることがポイントです。


※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント:

植物性たんぱく質が豊富に含まれている枝豆は、犬のおやつや食事のトッピングとして与えることができます。健康な成犬であれば問題ありませんが、貧血の犬や大豆アレルギーの犬には与えないようにしましょう。調理法も茹でるだけなのでとても簡単です。適量を守り、初めて食べる犬にはまずは少量から試してみましょう。

監修/丸田香緒里先生(獣医師)

日本大学卒。「人も動物も幸せな生活が送れるためのサポート」をモットーにAnimal Life Partner設立。ペット栄養管理士など様々な資格を生かし、病院での診療や往診のほかに、セミナー講師やカウンセリング、企業顧問、製品開発など活動は多岐にわたる。


関連リンク

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る