【獣医師監修】犬はメロンを食べても大丈夫?アレルギーや与え方の注意点や健康面でのメリットなどについて解説

【獣医師監修】犬はメロンを食べても大丈夫?アレルギーや与え方の注意点や健康面でのメリットなどについて解説

果物の王様として親しまれているメロンは、みずみずしさや豊潤な香りから贈答品としても多く用いられています。そんなメロンは、犬に食べさせてもよいのでしょうか。飼い主さんが食べているかたわらで物欲しそうな顔をされたときなど、与えていいものかどうか迷いますよね。今回は獣医師の林美彩先生に教えていただいた、犬にメロンを食べさせてもいいのかどうか、犬に与える影響などについて解説していきます。

犬にメロンを与えても大丈夫?

メロンには犬の健康に害のある成分は含まれていないため、アレルギーがないようであれば、食事として与えることができる食材です。メロンに含まれる消化酵素のククミシンはタンパク質を分解することで消化吸収をサポートしてくれるので、栄養の補給を補助する目的で摂取することはおすすめできます。赤玉のメロンの場合、アンチエイジングに役立つβカロテンとビタミンCも豊富に含まれています。アミノ酸の一種であるGABAの働きによってリラックス効果も期待できます。

 

ただし、メロンの主な成分のひとつであるビタミン類に関しては、犬は自分自身の力で体内に生成することができます。メロンは糖質の含有量も高いので、食べ過ぎると肥満糖尿病につながるリスクがあることも覚えておきましょう。

子犬や老犬(シニア犬)にメロンを与えても大丈夫?

犬にメロンを食べさせても大丈夫?_餌を待っている犬子犬や老犬だからといって、メロンを与えてはダメという訳ではありません。老犬の場合、体内でビタミンを生成する力が衰えてくるため、メロンに豊富に含まれるビタミンAやビタミンCを補える点はメリットです。しかし、子犬や老犬は免疫力が低く、体力もあまりないため、与えすぎには特に注意が必要です。あくまで少量に留めるようにしましょう。

メロンにはどのような栄養素が含まれているの?犬に与える影響は?

メロンに含まれる代表的な栄養素を取り上げ、その栄養効果や犬に与えるデメリットについてもご紹介します。


βカロテン

メロンにはビタミンAのもとになるβカロテンが含まれています。βカロテンは、抗酸化作用や、皮膚・粘膜を保護する効果のある成分です。赤玉のメロンには豊富に含まれており、アンチエイジング効果も期待できます。


カリウム

メロンはバナナに次いでカリウムが多く含まれる果物です。カリウムには血圧を下げたり、塩分を排出したりする効果があります。長期間、下痢や食欲不振が続くとカリウムが不足しがちになるので、メロンを与えることで補うことができます。カリウムは腎臓からナトリウムと一緒に排泄されますが、腎機能が低下していると体に溜まりやすくなります。そうすると、低血圧や不整脈などの心臓疾患が引き起こすことがあるため、腎臓病や心臓病の持病のある犬は注意が必要です。


食物繊維

メロンにはペクチンと呼ばれる水溶性食物繊維が含まれています。ペクチンには乳酸菌を増やすことで、腸内環境を整えてくれる作用があります。日ごろから便秘に悩んでいる犬にとっては効果的です。しかし、与えすぎると下痢やお腹を壊す原因にもなるので注意が必要です。また、ペクチンは腸内で糖質やコレステロールが吸収されるのを抑えることから、血糖値の上昇を防ぐ効果があることでも知られています。

持病のある犬にメロンを与えても大丈夫?

犬にメロンを食べさせても大丈夫?_まな板の上にあるメロンメロンは低GIGlycemic Index(グリセミック・インデックス)=食後に上昇する血糖値の度合いを示す指標)ではありますが、糖分が多いので、糖尿病や腫瘍などの持病を持つ犬や、肥満の犬は避けたほうが良いでしょう。また、体に溜まると心疾患を引き起こすカリウムも豊富に含まれているので、腎臓病や心臓病の犬には与えないようにしてください。

犬にメロンを与えることで起こる可能性のあるアレルギーや中毒症状はあるの?

バナナやスイカにアレルギーがある犬は、メロンでも同様にアレルギーが起こる恐れがあります。また、メロンはウリ科なので、かぼちゃやきゅうり、ズッキーニなどウリ科の食材でアレルギーを発症する犬の場合も注意が必要です。アレルギーがあるのかどうかわからないときは、まずは1cm角程度のごく少量を与えて異常が出ないかどうか様子を見てください。

 

アレルギーの症状としては、下痢や嘔吐、皮膚の赤みや痒みなどが見られます。メロンを食べてこれらの症状が現れた場合には、すぐに食べさせるのをやめ、動物病院を受診してください。

犬にメロンを与える際の適量やおすすめの与え方は?

犬にメロンを食べさせても大丈夫?_餌を食べている犬まず前提として、メロンはあくまで「おやつ」という扱いです。必要な栄養素は、ドッグフードなどの普段の食事から摂取し、メロンは特別な日のご褒美という感覚で与えるよう心がけましょう。

 

目安の摂取量としては、1日の摂取カロリーの1割程度に抑えるのが理想的です。メロンは100g当たり42 kcal30g当たりでは約1.3kcalです。小型犬(5kg)は30g、中型犬(10kg)は50g、大型犬(20kg)は90gを目安にしてみてください。

 

前述しましたが、与える際は外皮や種、綿をのぞいた果肉部分を、みじん切りにするか、ジュース状にくだいて与えましょう。一口大にカットしたものだと、喉に詰まらせる心配があります。また、犬に冷たいメロンを与えると下痢を引き起こす原因になるため、常温のものを与えるようにしましょう。

犬にメロンを加工した食品を与えても大丈夫?

犬にメロンを食べさせても大丈夫?_成っているメロンメロンを使用した加工食品には、砂糖や添加物などが含まれているため、与えることは控えたほうが良いでしょう。こうした加工品にはメロンの栄養素がほとんど含まれていないため、栄養面でもあまりメリットがありません。具体例を通してご紹介します。


メロンゼリー

メロンと水、ゼラチンだけで作ったものであれば問題ありませんが、人間用に売られたメロンゼリーには、香料や着色料、甘味料などが使われているので与えるべきではありません。


メロンジャム

メロンジャムに限りませんが、ジャムには大量の砂糖が使われています。メロンジャムを犬に食べさせると糖分を過剰に摂取することになり、肥満や糖尿病のリスクが高まりますので、与えないようにしましょう。


第2稿:2021年1月27日更新

初稿:2020年12月2日公開

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント:

メロンは犬が食べてはいけない食材ではありませんが、与え方を間違えるとアレルギーの発症や病気のリスクを高めることがあるということは念頭に置いておく必要があります。しかし、注意点を守って与えれば、メロンに含まれる栄養素が消化吸収やアンチエイジングなどの手助けをしてくれます。普段の食事からのお裾分けや特別な日のご褒美として、少しだけ与えてあげるようにしましょう。


関連リンク

監修/林美彩先生(獣医師)

chicoどうぶつ診療所所長。大学卒業後、動物病院やサプリメント会社勤務を経て、体に優しい治療法や家庭でできるケアを広めるため、2018年に往診・カウンセリング専門動物病院「chicoどうぶつ診療所」を開設。著書に「獣医師が考案した長生き犬ごはん」(世界文化社)。

監修者の他の記事一覧

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る