【獣医師監修】犬はいちごを食べて大丈夫?注意点やおすすめの与え方、栄養面のメリットなどについて解説

【獣医師監修】犬はいちごを食べて大丈夫?注意点やおすすめの与え方、栄養面のメリットなどについて解説

果物の中でも特にビタミンCが豊富ないちご。抗酸化作用や臓器・血管の老化防止が期待できるうえ、スイーツやジャムなどにもよく使われることから、人間にとってポピュラーな果物と言えるでしょう。そんないちごは、犬の食生活に取り入れてよいのでしょうか。今回は獣医師の林美彩先生のお話をもとに、いちごは犬の健康維持に役立つのか、栄養面ではどのようなメリットがあるのか、与える際はどんなポイントに気を付ければよいのかといった点について解説します。

そもそも犬にいちごを与えても大丈夫?

甘酸っぱさが癖になるいちごは、大人から子どもまで幅広い人に親しまれている果物です。生のままはもちろん、スイーツやジャムなどの加工品も人気ですよね。風味がいいだけでなく、抗酸化作用のあるビタミンCを多く含むのも特徴です。おいしくてヘルシーなイメージが強いため、愛犬にも食べさせてあげたいと思う人も少なくないでしょう。しかし、いちごは犬にとって問題なく食べられる果物なのでしょうか。

結論から言うと、基本的にいちごは犬が食べても問題のない食べ物と言えます。ただし、バラ科の植物にアレルギーを持つ犬には与えないようにしてください。

犬にいちごを与える際の注意点は?

犬にいちごを与える際は消化不良を防ぐため、与える際にはヘタを取り除きましょう。丸呑みして食道詰まらせないように、細かく刻んだり、ペースト状にしたりしてから与えるのがおすすめです。

子犬や老犬(シニア犬)にいちごを与えても大丈夫?

いちごを嗅ぐ犬バラ科にアレルギーがない犬であれば、子犬や老犬(シニア犬)であってもいちごを与えることは可能です。ただし、食物繊維や水分が多く含まれるいちごは、あまり消化のよい食べ物ではないため、与える量や与え方に注意しましょう。

消化器官が発達していない子犬や、加齢によって消化機能が衰えた老犬は、健康な成犬よりも下痢や嘔吐などの消化不良を起こしやすい傾向にあります。どうしても食べさせたいときは、細かく刻んだものやペースト状にしたものを、少量与えるようにしてください。

いちごにはどのような栄養素が含まれているの?犬に与える影響は?

いちごには、ビタミンCをはじめとするさまざまな栄養素が含まれています。主な栄養素には以下のようなものがあります。


ビタミンC

いちごにはみかんの約2倍のビタミンCが含まれていると言われています。ビタミンCには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できます。また、コラーゲンの生成にも関わっているため、皮膚や関節のケアにも役立つ栄養素です。

犬は体内でビタミンCを生成できるため、必ずしもいちごからビタミンCを摂取する必要はありません。ただし、激しい運動の後やストレスを感じているときは、体内のビタミンCの量が減少することもあります。また、すべての犬が必要量を合成できるわけではないため、いちごのような食べ物から補った方がよい場合もあります。


ポリフェノール

いちごに含まれるポリフェノール「アントシアニン」も、活性酸素の働きを抑制し、皮膚や粘膜の働きを良くしたり、免疫力を高めたりする抗酸化作用を持ちます。アントシアニンはビタミンCと相性がよいため、さらなる抗酸化作用を発揮します。


ペクチン

水に溶けるとゼリー状になる水溶性食物繊維「ペクチン」も豊富に含まれています。与えすぎると下痢嘔吐などの消化不良に繋がる恐れがあるため、注意が必要ですが、適量であれば腸内環境を整える効果が期待できるでしょう。

持病のある犬にいちごを与えても大丈夫?

いちごを見つめる犬持病のある犬にいちごを与えても問題ないか、気になる方も多いのではないでしょうか? いちごはバラ科の植物のため、バラ科にアレルギーを持つ犬には与えてはいけません。なお、その他のバラ科の果物にはりんごや桃、梨、サクランボなどがあります。

また、いちごには多くの糖質が含まれます。糖尿病腫瘍を患っている犬などの場合は避けた方が無難です。糖質は肥満の原因にもなりますので、肥満の犬の場合も控えましょう。さらに、他の果物や野菜と同じように、いちごにもカリウムが多く含まれています。腎不全などでカリウム制限を行っている犬にも与えない方がよいでしょう。


その他の病気がある犬については、いちごを与えるにあたって心配しすぎる必要はありません。また、いちごと相性の悪い薬も特に報告されていません。

犬にいちごを与えることで起こるアレルギーや中毒症状はあるの?

バラ科にアレルギーを持つ犬の場合は、嘔吐や下痢などのアレルギー症状が起こる可能性があります。いちごを与えてこのような症状が見られたときは、すぐに動物病院を受診しましょう。


バラ科アレルギーを持つ犬は、決して少なくありません。初めていちごを与えるときは、ごく少量からスタートしてください。食べた後に体調が悪くなってしまう可能性も考慮し、万が一の事態のために、動物病院が開いている時間に与えるようにしましょう。

なお、いちごには微量のキシリトールが含まれているのをご存知でしょうか? アメリカでは犬のキシリトールによる中毒例が報告されており、「体重10kgあたり1,000mgの摂取で重篤な低血糖に陥る懸念がある」とされています。

ただし、これは食品に配合されたキシリトールについての注意喚起であり、果物や植物に含まれる天然キシリトールによる中毒例はありません。さらに、いちごに含まれる天然キシリトールは100gあたり3.6mg4mgとごく微量のため、中毒症状を起こすほどの量のキシリトールを摂取するのは不可能です。いちごによるキシリトール中毒については、心配する必要はないでしょう。

犬にいちごを与える際の適量

いちごを食べようとする犬犬に与えるおやつ1日に必要なカロリーの1割程度が限度とされています。1日に必要なカロリーは犬の体重によって異なるため、愛犬が1日何キロカロリーを必要とするのか、おやつは何キロカロリーまで与えていいのかを計算してみましょう。


例えば、体重5㎏の成犬が1日に必要とするカロリーは441キロカロリー。おやつは44.1キロカロリーまでに留める必要があります。いちごは1粒あたり13キロカロリー。つまり、理論上では体重5kgの犬には3粒までなら与えることができます。


ただし、いちごには水溶性食物繊維のペクチンが豊富に含まれており、与えすぎれば下痢などの消化不良に繋がるおそれがあります。その点を考慮すると、体重5㎏の犬には中粒2個程度が適量と言えるでしょう。

犬にいちごを加工した食品を与えても大丈夫?

たくさんのいちご生のいちごは犬が食べても問題のない食べ物ですが、いちごの加工品には与えない方がよいものが多くあります。砂糖や牛乳、チョコレート、キシリトールが含まれるものは避けましょう。


いちごジャム

砂糖が多く使われているため、肥満の原因となります。また、手作りのいちごジャムに使われることの多いレモンには、犬が嘔吐、下痢、皮膚炎や気分の落ち込みといった症状を起こす可能性のある「ソラレン」という成分が含まれます。犬には与えないようにしましょう。


いちごヨーグルト

市販のいちごヨーグルトには砂糖や香料が使われているため、犬に与えない方が良いでしょう。特に、甘味料としてキシリトールを使っているヨーグルトは絶対に避けましょう。ただし、無糖プレーンヨーグルトに刻んだいちごを混ぜた「手作りいちごヨーグルト」であれば与えることができます。


いちごチョコレート

チョコレートに含まれる「テオブロミン」は、犬にとっては命に関わる中毒を引き起こすおそれのある成分です。ピンク色のいちごチョコレートにはテオブロミンが含まれていない、もしくは少量しか含まれていないと言われていますが、中毒を起こす可能性もあります。「犬にはチョコレートを使った食べ物は与えない」が鉄則です。


いちご大福

犬が中毒症状を起こす食材は使われていないものの、犬は食べ物をよく噛まずに丸呑みしがちなため、喉に詰まらせて窒息するおそれがあります。糖分も多いため、与えないようにしましょう。


人間用ケーキのいちご

人間用のケーキに載せられたいちごは、ゼリーのようなものでコーティングされていたり、チョコレートやリキュール(お酒)が付着していたりする可能性があります。犬には食べさせないでください。


いちごアイスクリーム

アイスクリームには、肥満の原因となる大量の砂糖のほか、人間用の牛乳や生クリームが使用されています。いずれも下痢を起こしやすい食べ物のため、与えない方がよいでしょう。

いちごの仲間・ベリー系の果実は犬に与えても大丈夫?

ラズベリー、クランベリーなどのベリー系の果実は、基本的には犬に与えても問題はありません。ただし、いちごにアレルギーのある犬の場合は控えた方が無難です。また、同じベリー系であっても、ブルーベリーはブドウと同じように急性腎不全を起こすという報告があります。犬には与えないようにしましょう。


サクランボは犬に食べさせることができる?

同じ小粒の果実であるサクランボも、バラ科アレルギーがない限りは与えることができます。葉酸を多く含む果物のため、貧血が気になる犬に与えてもいいかもしれません。

しかし、さくらんぼの種には呼吸障害などの中毒症状を引き起こす青酸配糖体が含まれるうえ、種そのものが腸を傷つけたり、詰まったりするおそれもあります。与える際には、必ず種を取り除いてください。


※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント

風味がよくビタミンCやポリフェノールが豊富ないちごですが、食べ過ぎると消化不良を起こす可能性もあり、犬にはあえて与える必要はありません。ビタミンCなどはドッグフードからも十分に摂れるため、いちごはあくまでおやつの一種と位置付けましょう。食欲が低下していて何か食べさせたいとき、ご褒美として与えたいときなどは、細かく刻むかペースト状にして、体重に合わせた適量を与えるようにしてくださいね。

監修/林美彩先生(獣医師)

chicoどうぶつ診療所所長。大学卒業後、動物病院やサプリメント会社勤務を経て、体に優しい治療法や家庭でできるケアを広めるため、2018年に往診・カウンセリング専門動物病院「chicoどうぶつ診療所」を開設。著書に「獣医師が考案した長生き犬ごはん」(世界文化社)。

監修者の他の記事一覧


関連リンク

犬はかぼちゃを食べても大丈夫!皮や種など与える際の注意点や健康面のメリット、適量などについて解説【獣医師監修】
犬に梨をあげても大丈夫?与える際の注意点や栄養面でのメリット、適量などについて解説【獣医師監修】
【獣医師監修】犬は柿を食べても大丈夫?皮や種、渋柿に関する注意点や食べるメリット、1日の適量について解説
犬にバナナをあげても大丈夫!注意点や与えるメリット、1日の適量について解説【獣医師監修】
犬はさつまいもを食べても大丈夫!与える際の注意点や健康面のメリット、1日の適量について解説【獣医師監修】

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る