• BREED

愛嬌たっぷりのパグ!性格・特徴・お世話のコツなどを解説!

愛嬌たっぷりのパグ!性格・特徴・お世話のコツなどを解説!

愛嬌たっぷりの鼻ペチャ顔がキュートなパグ。どのように生まれたのか、どのような性格をしているのかご存じですか?今回は、パグの性格や特徴、お世話のコツやかかりやすい病気まで、詳しくご紹介します。

パグってどういう犬?犬種の成り立ちや体の特徴

パグの特徴

パグの歴史はとても古く、はるか昔の紀元前。かつては中国の王朝や寺院で飼育されていました。そして16世紀頃ヨーロッパに広まり、王室や貴族など身分の高い人の愛玩犬として、長きにわたり愛されてきたと伝えられています。

大きな目に低い鼻、短いマズルをもち、短頭種に分類されるパグですが、その表情は実にチャーミング!ムチッとした体つきも相まって、しぐさのひとつひとつがとてもコミカルで、見ていて飽きません。

パグの毛色

毛色はいくつか種類がありますが、最も一般的なのは「フォーン」。体のほとんどが淡い金色~ベージュの被毛で覆われ、頭頂部や口まわり、背筋に黒の差し色が入ったカラーです。
ほかにも、全身真っ黒な「ブラック」や、薄いフォーンの被毛に黒っぽい毛が混じり、動くと銀色のように見える「シルバー」などが存在します。

パグの性格やお世話のコツ

パグは陽気で天真爛漫な性格です。頑固な面もありますが、攻撃的になることはほとんどなく、とても優しく友好的な個体が多いといわれています。
また、愛玩犬として常に人の輪の中心にいたパグは、飼い主さんにほめられたりかわいがられたりすることが大好きです。

その反面、コミュニケーションが足りないと、イタズラなどの問題行動をおこすことも。毎日遊ぶ時間をつくり、たくさんスキンシップをしてあげましょう。
どうしてもかまう時間がとれないときはケージに入れるなど、イタズラができない環境をつくることも大切です。クレートトレーニングや飼い主さんと離れる練習をすることも、必要なしつけといえます。

パグがかかりやすい病気

鼻腔狭窄(びくうきょうさく)

短頭種であるパグは、顔の構造上、鼻の穴に続く空間が狭くなって呼吸がしにくくなる「鼻腔狭窄」である場合が多い犬種です。ふだんから、散歩のペースをゆっくりにする、運動後はしっかり休ませるなど、激しい運動は控えましょう。
あまりにも狭窄の状態がひどい場合には、外科手術での治療が必要となります。

角膜炎(かくまくえん)・角膜潰瘍(かくまくかいよう)

パグは目が前に出ている犬種のため、家具や木の枝で目を傷つける危険性が高いのも特徴。目の表面を覆う角膜が傷ついて炎症を起こす、「角膜炎」や「角膜潰瘍」に要注意です。目をこするなどのしぐさや、目の充血が見られたら、動物病院で診察を受けましょう。


関連リンク

【獣医師監修】充血・黒目が白い……犬の目の異常から考えられる病気

まとめ:

愛嬌のある顔立ちに、甘えん坊の性格がたまらないパグ。一度一緒に暮らしたら、その魅力のとりこになってしまうかも!特徴的な顔立ちゆえのトラブルにも注意しながら、毎日たくさんの愛情を込めてお世話してあげましょう。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

ペットに関する情報を日々発信していきます。

詳しく見る