【遊んで学ぶ!しつけ⑬】「追いかけっこ」興奮をコントロールできる!

【遊んで学ぶ!しつけ⑬】「追いかけっこ」興奮をコントロールできる!

追いかけっこをベースにした「しっぽ取りゲーム」と「氷鬼」は、わんちゃんと楽しくコミュニケーションをとりながら、賢い子に育てていく遊びです。

しっぽ取りゲームは、オーナーのズボンにしっぽに見立てたロープをつけ、わんちゃんはそのロープを狙い、オーナーはわんちゃんのしっぽを狙ってタッチするという遊びです。呼んでもなかなか来ないわんちゃんには特におすすめで、「おいで」を自然と身に着けることができますよ。最初のうちは、わんちゃんが興味を示さなくても大丈夫。しっぽの先におやつやオモチャをつけてチャレンジしてみてくださいね。

氷鬼は、タッチされると「氷(動きが止まる)」になってしまうため、かけっこでの興奮を適度に抑制してくれる効果があります。走ることでエネルギーやストレスの発散にもなり、オーナーさんの言うことをよく聞く子になっていくでしょう。ただし、急な方向転換をすると足腰に負担がかかってしまうので、その点だけは要注意です。

STEP1 しっぽ取りゲームで遊んでみよう

①向かい合ってロープで遊ぶ

まずは、長めのひもやロープを用意してわんちゃんと遊んでみてください。向かい合って、引っ張りっこをする程度でOKです。わんちゃんがこの遊びに慣れてきたら、次に移ります。

 

 

②オーナーにしっぽをつけ、わんちゃんに追いかけさせる

STEP1の①がクリアできたら、使っていたロープをズボンの中に入れ、しっぽに見立ててわんちゃんと遊びます。わんちゃんがじゃれて遊んできたら、少し走ってみてもよいでしょう。わんちゃんが楽しそうにオーナーのしっぽを追いかけるようになったら、オーナーもわんちゃんのしっぽを狙ってみてください。しっぽが短いわんちゃんの場合は、お尻にタッチするだけでもOKです。しっぽは力いっぱいつかむのではなく、やさしくタッチする程度にしてあげてくださいね。

 

 

③ロープをとれたら、褒めて遊んであげよう

わんちゃんがオーナーのロープをゲットできたら、まずは褒めてあげましょう。そして、それを使って思いっきり遊んであげてください。この遊びに慣れてきたら、ロープを少しずつ短くしてトライしてみるとよいでしょう。

STEP2 氷鬼にチャレンジ

①「氷」=「マテ」をさせる

鬼にタッチされると、「氷」になるというルールの鬼ごっこが氷鬼。まずはわんちゃんに「氷」=「マテ」を覚えさせるため、「氷」というワードを言うときは「マテ」のサインを手で出します。



②まずはオーナーが鬼になる

走っているわんちゃんを、まずはオーナーが追いかけます。わんちゃんがオーナーに向かって走ってきたり、他のものに気をとられたりしたら「氷!」と言ってわんちゃんを追いかけるのをやめ、動きを止めてください。わんちゃんが少しでも止まって振り向いたら、「氷」になったと見なします。オーナーがわんちゃんをタッチしたら、次はわんちゃんが鬼になる番です。



③わんちゃんが鬼になるパターンでも遊べる

わんちゃんが鬼になる場合は、わんちゃんが吠えたりオーナーにタッチしたりしたら、オーナーが「氷」になり動きを止めるようにします。オーナーが動かないとわかり、わんちゃんがつまらなさそうに別の場所へ移動しようとしたら、今度はオーナーが鬼になる……という順番で遊んでみてください。

STEP3 大人数で遊んでみよう

①わんちゃん1頭に対し、大勢の人で迎える

オーナーは2~3人でチームとなり、わんちゃんを上手に誘います。わんちゃんが誘った相手に飛びついたり吠えたりする前に、他の人がわんちゃんの気を引いてください。全員が「氷」になったら、ゲームセットです。



②お友達と一緒に遊んでみよう

オーナーチームVSわんちゃんチームなど、お友達と一緒に遊べるのも氷鬼の魅力のひとつ。多頭飼いをしているなら、オーナー1人VSわんちゃんチームなどでバトルするのも楽しそう! 基本ルールの「吠えたり、タッチしたりしたら氷になる」という点だけはしっかりと守って、楽しく遊んでくださいね。

追いかけっこは心身ともにいい影響を与える

「しっぽ取りゲーム」では、わんちゃんの「楽しい」という気持ちを存分に引き出しながら、オーナーとコミュニケーションをとることが大切です。そのために、まずは簡単なレベルからスタートすることがポイントとなります。最初のうちは難易度を下げるため、ひもやロープは地面をはうくらい長めのものを使用してください。また、狭いエリアで行うことも、わんちゃんが楽しくしっぽを追いかけてくれるコツのひとつです。

 

「氷鬼」をすることで、わんちゃんは身体能力を伸ばせるだけでなく、興奮をコントロールできるようにもなります。追いかけっこなどで走ると、わんちゃんは興奮してしまいがちですが、「氷」というワードを出すことでわんちゃんの自制心を育てていくことができます。また、オーナーが鬼をするときはバタバタと足音を立てたり、「捕まえちゃうぞ~」などとちょっとしたリアクションを入れたりしながらわんちゃんを追いかけると、逃げてくれやすくなります。わんちゃんが鬼になったときには、距離を適度にキープしながら、ちゃんと追いかけてきているかを確認するようにしてくださいね。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る