• HEALTH

【医師監修】犬アレルギーの症状とは?原因や治療法、家庭でできる対処法などを紹介

【医師監修】犬アレルギーの症状とは?原因や治療法、家庭でできる対処法などを紹介

花粉症やかぜでもないのに、最近、せきやくしゃみが止まらない。人が犬と一緒にいる時にこのように症状がひどくなる場合は、「犬アレルギー」かもしれません。なぜ人は犬アレルギーを発症するのでしょうか。症状や治療法、家庭での対処法などをご紹介します。

人の犬アレルギーの原因は?

アレルギーは、体の免疫機能が過剰に反応することで起こります。アレルゲン(アレルギーの原因物質)が体内に侵入してきた時、IgE抗体という物質が作られ、皮膚や粘膜などに存在するマスト細胞に結合します。そして再びアレルゲンが侵入してきたときに、アレルゲンとIgE抗体が結合し、マスト細胞から化学物質が放出され、アレルギー症状として現れます。

原因物質は犬の毛や尿などに多く含まれている

人が発症する「犬アレルギー」は、犬と一緒にいる時や触れた時などに、犬の体内で発生するアレルゲンを人が吸い込んだり、触れたりすることで発症します。アレルゲンは、犬の毛や尿、ふけや唾液などに多く含まれているので注意しましょう。以前は、犬の抜け毛が原因と言われることがありましたが、実際には犬の毛に付着したふけなどが主な原因です。

犬アレルギーを発症するアレルゲンは、主に次の「リポカリン」「アルブミン」などがあります。

リポカリン

リポカリンは犬アレルギーの主な原因となるたんぱく質です。この物質は、犬の皮脂だけでなく毛や唾液などに存在していて、とても小さくホコリなどに付着し空気中を漂います。

アルブミン

アルブミンも犬アレルギーを発症するたんぱく質のひとつです。犬だけでなくヒトを含めた他の動物の体内にも存在しており、この物質が原因でアレルギーを発症する場合は、他の動物でもアレルギーを発症する可能性があります。


関連リンク

夏だけじゃない!オールシーズン危険なノミ・ダニの対策方法を解説!

犬アレルギーの症状は?

犬アレルギーは、軽度の場合、咳や鼻水、くしゃみなど、かぜや花粉症などに似た症状を発症しますが、かぜとは違い倦怠感や発熱などの症状はありません。症状が進行すると、皮膚の湿疹やじんましんなどを発症し、目がかゆくなったり、目が腫れる場合などもあります。

さらに症状が進行し重度になると、下痢や呼吸困難、めまいや嘔吐などの症状を発症し、日常生活に困難が生じ、最悪の場合、死に至ることもあります。アレルギーは大人だけでなく子どもにも発症するので、疑わしい症状が現れたら少しでも早く治療しましょう。

軽度の場合

・咳
・鼻水
・くしゃみ
・湿疹
・目の腫れ、かゆみ、充血
など

重度の場合

・下痢
・呼吸困難
・めまい
・嘔吐
・嚥下困難(飲み込みが難しくなる)
・動悸
など

犬アレルギーかなと思ったらすぐ病院へ

症状が現れたら、病院へ行きアレルギー検査を受けましょう。アレルギー科で検査が可能ですが、耳鼻科などでも検査してもらえることがあります。事前に病院へ診察可能かどうか確認しましょう。

検査の種類は、主に「プリックテスト」「RASTテスト」の2つがあります。

プリックテスト

この検査は、皮膚に少し傷をつけ、アレルゲンをその上に置き、反応が起きるか確認します。検査結果は15分ほどでわかり、乳幼児からご高齢の方まで幅広い年代の検査が可能です。比較的、痛みが少ないのが特徴です。

RASTテスト

RASTテストは血液検査の一つで、血中のIgE値を確認する検査方法です。IgE値とはアレルゲンに対して、どのくらいの抗体を持っているか示すもので、この値が高ければ高いほど、アレルギーになる確率が高い体質となります。検査結果は約1週間でわかります。

犬と一緒に暮らす前に自分や家族がアレルギー体質なのか、気になる場合は自由診療(健康保険適用外)でアレルギー検査も受けられます。費用は医院により異なり、事前に確認が必要です。アレルギー検査には、予約が必要な場合が多いので、こちらも事前に確認しましょう。

犬アレルギーの治療方法は?

犬アレルギーを発症した場合、現在では症状を軽くする対処療法がメインとなります。病院で診察してもらい、体質や症状に合わせた薬を処方してもらいましょう。治療には、生活環境を見直すことのほかに、免疫力を高めることも重要で、食事や睡眠をとりつつ、運動も行なっていきましょう。

症状を軽くするため生活環境を見直そう

症状をできるだけ軽くするために生活環境を見直すなど、家庭で対処できる方法があります。具体的に見ていきましょう。

犬の体を清潔に保つ

アレルゲン物質を減らすために、犬の体を清潔に保つことがまず重要です。清潔にするために犬の体を洗ってあげることも大切ですが、過度なシャンプーはドライスキンなど犬の負担になってしまうので、シャンプーは月に1〜2回程度にし、普段は濡れタオルで拭いてあげましょう。清潔に保つためにブラッシングも必要ですが、室内で行うとアレルゲンが舞ってしまうので外で行いましょう。

室内の掃除と換気をこまめに行う

犬の毛やふけなどに付着しているアレルゲンが空気中に舞い、人間が吸い込むことで症状を発症します。そこで、窓などを全開にして換気を行いつつ、家の中全体を掃除しましょう。アレルゲンが室内に留まらないようこまめに掃除することが大切で、クッションなども忘れず行いましょう。普段の生活では、空気清浄機を使用することもおすすめです。

手をこまめに洗う

アレルゲンは犬の唾液にも含まれており、舐められた部分が腫れたり、かゆくなったりします。唾液がついた手で顔など他の体の部分を触ると、他の箇所にも症状が発症する可能性もあるので、こまめに手を洗いましょう。

犬との接触をできるだけ避ける

犬と接触する時間が多いと、その分アレルギーの症状が発生する確率も高くなります。寝室や犬が出入りできるところを分けるなど、工夫をしましょう。

まとめ:

犬アレルギーは、初期症状ではかぜなどと間違えやすく放置しやすいですが、重症化すると日常生活が困難になってしまいます。疑わしい場合はすぐに医師へ相談しましょう。


関連リンク

【獣医師監修】犬もアレルギーになるの?主な種類や治療法って?

【獣医師監修】犬のアレルギー(ノミダニ・花粉)の症状や予防法とは

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

監修/生井明浩先生(耳鼻咽喉科・アレルギー科医師)

日本大学医学部卒業後、耳鼻咽喉科入局、ピッツバーグ大学医学部留学などを経て耳鼻咽喉科開業。家族とポメラニアンと暮らす。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

ペットに関する情報を日々発信していきます。

詳しく見る

この記事に関連するキーワード