【獣医師監修】犬の鼻が乾くのは病気のサイン?鼻水や鼻血の原因は?

【獣医師監修】犬の鼻が乾くのは病気のサイン?鼻水や鼻血の原因は?
犬の鼻が乾く、鼻水や鼻血が出るといった症状は、体調不良や悪性腫瘍などの病気のサインかもしれません。病気を悪化させないためにも、飼い主さんが正しい知識をもつことが大切です。犬に見られやすい鼻の異常と、考えられる病気を見ていきましょう。

鼻水がポタポタと垂れるのは病気かも?

犬の鼻水の量が多く、ポタポタと垂れるほどであれば鼻の病気のサインです。鼻水が水っぽく透明な色であれば、「アレルギー性鼻炎」の可能性があります。鼻水に粘りがある、黄色や緑色をしているといった場合は、「細菌感染」や「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」、歯周病からの波及で「鼻炎」を起こしているなどの原因が考えられます。

鼻が乾くのは体調不良のサイン

犬の鼻は、通常起きているときには湿っています。起きているのに鼻が乾いているようなら、体調が悪いのかもしれません。発熱や下痢、嘔吐など原因はさまざまですが、まれに「多発性関節炎(たはつせいかんせつえん)」や「犬ジステンパー」、子犬に多い「ケンネルコフ」などの病気を発症していることも。鼻が乾いているだけではなく、ぐったりしている、元気がないなどの兆候が見られたら、はやめに動物病院で受診しましょう。

鼻血が出たらすぐに動物病院へ!

鼻を強くぶつけたときや、鼻に異物が詰まって粘膜を傷つけたときなど、犬もまれに鼻血を出すことがあります。しかしそれ以外では、犬はほとんど鼻血を出さない生き物です。鼻血がポタポタと出る、くしゃみと同時に鼻からしぶきのように血が出るといった場合は、鼻腔内に発生した「悪性腫瘍」などのおそれがあります。

くしゃみが多いのは鼻炎の疑いも

犬は、鼻の中に異物が入ったときのほか、興奮したり緊張したりしたときにも、くしゃみをすることがあります。数回でおさまるようなら問題ありませんが、何度も連続でする場合は病気のサインかもしれません。くしゃみとともに目ヤニや鼻水が見られるなら、「鼻炎」や「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」の疑いがあります。

鼻が腫れる場合は悪性腫瘍や皮膚病かも?

犬の鼻が腫れている場合は、さまざまな原因が考えられます。顔の形が変わるほど腫れがひどいなら、鼻腔内に発生した「悪性腫瘍」や、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」が重症化したケースかもしれません。鼻の長い犬種は、短い犬種よりも鼻の腫瘍が多く見られるので、特に注意しましょう。

犬が鼻先をかゆがり、脱毛して赤く腫れる場合は「アトピー性皮膚炎」や「日光過敏症(にっこうかびんしょう)」の可能性も考えられます。また、ワクチンアレルギーによって、ワクチン接種後に鼻の腫れが見られることもあります。


※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント

上記のような症状が見られたら、はやめに動物病院で受診し、獣医師に相談してください。早期発見のためにも、鼻先を頻繁になめていないか、鼻の形、鼻水の色や量などに異常がないか、こまめにチェックするようにしましょう。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード