• LIFE

【映画】『犬ヶ島』独自の世界観で描かれる、少年とわんちゃんの冒険に釘付け!

【映画】『犬ヶ島』独自の世界観で描かれる、少年とわんちゃんの冒険に釘付け!

オーナーとわんちゃんの素敵な関係性を中心に映画を紹介する【WanQol映画ガイド】。今回のテーマは2018年公開の映画『犬ヶ島』です。



孤独な少年が愛犬救出の旅に出る

『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』や『グランド・ブダペスト・ホテル』など、独特な世界観で映画ファンを魅了するウェス・アンダーソン監督が手掛けた『犬ヶ島』。人形を少しずつ動かしながらコマ撮りする“ストップモーション・アニメーション”と呼ばれる技法を使い、4年もの歳月をかけて撮影された本作は、ベルリン国際映画祭の銀熊賞(監督賞)を受賞しています。

物語の舞台は、近未来の日本。ドッグ病という犬の伝染病(犬インフルエンザ)が大流行するウニ県メガ崎市では、人への感染を恐れる小林市長が、飼い犬から野良犬まですべての犬を“犬ヶ島”に追放することを決めます。その最初の一匹となったのが、市長の養子であるアタリ少年の護衛犬スポッツでした。半年後、アタリはスポッツを救出しようと小型飛行機で犬ヶ島に向かい、野良犬のチーフ、かつては人に飼われていたレックス、キング、デューク、ボスという勇敢で心優しい犬たちの協力を得て、スポッツ探しの旅に出ます。

犬ヶ島はいわゆるゴミの埋め立て地。ドッグ病を患いながらも過酷な環境で生き抜く犬たちは、ぎょっとするほど痩せ細っています。ちょっと怖い見た目ではありますが、犬同士のコミカルな会話ややりとりを見ているうちに、いつの間にか愛着を感じるようになってくるのが本作の不思議なところです。また、アタリ少年が犬ヶ島にやってきたとき、元飼い犬だった犬たちはすんなり服従するものの、野良犬だったチーフだけは反抗します。アタリはかつてスポッツと初めて出会ったときのように、握り拳を差し出してチーフににおいを嗅がせようとしますが、チーフは歯をむき出して「噛むぞ」と威嚇。そんなやりとりで見せる犬たちの表情やそれぞれの個性が、緻密かつ丁寧に表現されているのも見どころです。



人とわんちゃんの信頼が生まれる瞬間に感動

アタリは5匹とともに、スポッツが生きているとされる犬ヶ島の最果ての地を目指して進んでいきます。途中、二手に分かれることになってしまい、アタリはチーフと最果ての地の入口を目指すことに。ここで描かれる、アタリとチーフの関係性ががらりと変わるエピソードが感動的です。アタリは棒切れを見つけて投げ、「取ってこい」とチーフに命じますが、チーフは従いません。それでもアタリが何度か命令すると、「命令されたからやるんじゃない。君がかわいそうだからやるんだ」としぶしぶ取りに行きます。そんなチーフの顔をアタリがそっとなでて「いい子だね」と抱きしめると、野良犬チーフの中で何かが変わります。

この「取ってこい」はオーナーとわんちゃんの定番の遊びですが、お互いの信頼関係があってこそできる遊びであり、絆を強める方法のひとつなのだと改めて感じさせられます。これ以降、チーフはアタリが自分を頼りにしていることを自覚し、アタリを信じて守ろうと動いていきます。



日本とわんちゃんへの愛が詰まった映画作品

アタリやメガ崎高校新聞部の学生たちは、ドッグ病をはじめとする犬絶滅計画が、市長の陰謀だと気づき始めます。計画を阻止しようと、アタリと犬ヶ島の犬たち、そして新聞部の学生たちは勇敢に行動を起こし……。

物語自体は勧善懲悪のシンプルな話ですが、それだけでなく、この映画にはわんちゃんに対する問題提起も散りばめられています。モノのように処分されたり虐待されたり、ショードッグとしての悲しい性をコミカルに描いたりと、考えさせられる部分も。ペットとは何か、人と犬の関係とは何かということを問いただされる内容が含まれていることで、シュールかつコミカルな作品の雰囲気に深みが感じられます。

日本の伝統や文化が、日本好きのウェス監督のフィルターを通してデフォルメして描かれる本作は、日本人からするとどこか滑稽で笑えるところも魅力です。一方、小林市長の強権政治と対照的に描かれるアタリ少年の誠実で勇気ある行動、公平さ、スポッツやチーフへの信頼と愛情は、日本人だけでなく世界のあらゆる人に響くものがあるでしょう。

また、物語を通じて気づかされるのは、捨てられた犬たちは自らアタリを敬い、従うべきリーダーに選んだのだということ。そういう関係をわんちゃんと築くには、やはり人であるオーナーの振る舞いが重要なのですね。




『犬ヶ島』

製作国:アメリカ/ドイツ
製作年:2018年
原題:Isle of Dogs

 

【ブルーレイ】
商品名:犬ヶ島
発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
価格:ブルーレイ1,905円(税抜)
発売日:発売中

 

【デジタル配信】
Amazonプライム・ビデオ、iTunes Store他で配信中

(C)2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.



著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

ペットに関する情報を日々発信していきます。

詳しく見る