犬の耳が臭い原因は?考えられる病気と対処法について解説【獣医師監修】

犬の耳が臭い原因は?考えられる病気と対処法について解説【獣医師監修】

愛犬の日々の様子を見て、触れていて気づく、ちょっとした変化やトラブル。その原因はさまざまに考えられますが、病気が原因かもしれません。犬の耳が臭いときに考えられる原因や病気についてご説明します。

耳のトラブルは全ての犬種で起こる可能性がある!?

犬は健康であっても、みんな多少、耳からニオイがするものです。しかし、あまりにもニオイが強かったり臭かったりすると、心配になってしまいますよね。

犬にとって耳のトラブルは割と身近なものであり、年齢や体型を問わず起こりやすいもの。全ての犬種に耳のトラブルは起こる可能性がありますが、レトリーバー系やダックスフンドトイ・プードルなどの垂れ耳の犬種や、フレンチ・ブルドッグなどの皮膚が弱い犬種は、特に耳に関するトラブルが増える傾向があります。特に、垂れ耳の犬種は日頃から耳洗浄などのケアが欠かせません。やりすぎも禁物ですが、オーナーの方は日頃から愛犬の耳をチェックしてあげてください。

犬の耳のニオイ以外に異変がないかをチェック

犬の耳が臭いときには、まず愛犬の状態をチェックしてみましょう。耳が赤くなっていたり、黒くなっていたり、かゆがっていたり、頭を振ったりする素振りがないかを確認します。もし心当たりがあれば、耳にトラブルを抱えている可能性が非常に高いので、すぐにかかりつけの病院で相談するようにしてください。

このような状態ではないのに耳がにおう場合には、環境が関係していることもあります。特に、梅雨の時期や夏など湿度が上がる時期は要注意。激臭というほどではないものの、耳の中が蒸れてニオイがすることもありますので、耳の通気性をよくしてあげたり、室内は除湿してあげたりする工夫も必要です。

また、このような症状が見られなくても、どんなニオイがするかはしっかりと確認してください。酸っぱい、独特、生ゴミのようなニオイなど、病院でしっかりと説明できるといいですね。

犬の耳が臭いのは、外耳炎の可能性が高い

犬に耳が臭いとき、耳が赤くなっていたり、黒くなっていたり、かゆがっていたり、頭を振ったりする素振りがあると、病気の可能性があります。考えられる病気には、耳の中をケガしている、外耳炎、中耳炎、マラセチア、耳ダニ症などが挙げられます。特に外耳炎は犬にとってかなりポピュラーな病気で、かかっている確率として一番高いもの。治療が遅れると慢性化する可能性もありますので要注意です。

耳の病気は命を左右するものではないケースがほとんどですが、脳に近い場所に位置しているため、場合によっては脳にダメージを与える可能性も考えられます。愛犬がどんなリアクションをしているかなどを動画に撮り、病院で診てもらうのもよいでしょう。

犬の耳が臭いときに考えられる主な原因

犬の耳が臭い場合に考えられる主な病気や原因をご紹介します。あくまでも主要なものなので、他にも気になることがあればかかりつけの病院でご相談ください。

【考えられる病気以外の主な原因】

・耳の中の蒸れ

耳の悪臭など。

 

【考えられる主な病気】

・耳の中のケガ

耳の悪臭、かさぶたなど。散歩中に木の実などが耳に入ったり、地面や草むらに頭をこすりつける際に耳も一緒にこすりつけて擦り傷ができたりするなどで、トラブルを引き起こすことが多い。

・外耳炎

耳の悪臭、耳をかゆがる、首を振る、耳の赤み、耳垢の増加など。全ての犬種に起こり得るが、特に垂れ耳の犬種に多い。もともとアトピー・アレルギー体質の犬はかかりやすい。

・中耳炎

耳の悪臭、平衡感覚の喪失、首を振る、耳を触ると痛がる、膿が出るなど。
一般的な症状ではないものの、顔面神経などにまで炎症が波及してしまうことで、顔面神経障害による麻痺(口の片方が閉まらない、口唇が垂れ下がる、瞼が閉じられないなど)が見られたり、ホルネル症候群(眼への交感神経の障害)という状態になることもある。

・マラセチア

耳の悪臭、耳をかゆがる、首を振る、耳の赤み、耳垢の増加など。

・耳ダニ症(耳疥癬)

耳の悪臭、耳をかゆがる、首を振る、黒い耳垢。幼犬に多い。

犬の耳が臭いときに考えられる体型と年齢別の主な原因

犬の耳がにおう場合、体型や年齢別に考えられる主な原因をご紹介します。これ以外の病気にはかからないということではないので、少しでも気になることがあれば病院で相談してください。

 

●小型犬 ・ 幼犬

耳の中の蒸れ、耳の中のケガ、外耳炎、マラセチア、耳ダニ症(耳疥癬)など。

●中型犬 ・ 幼犬

耳の中の蒸れ、耳の中のケガ、外耳炎、マラセチア、耳ダニ症(耳疥癬)など。

●大型犬 ・ 幼犬

耳の中の蒸れ、耳の中のケガ、外耳炎、マラセチア、耳ダニ症(耳疥癬)など。

●小型犬 ・ 成犬

耳の中の蒸れ、耳の中のケガ、外耳炎、中耳炎、マラセチアなど。

●中型犬 ・ 成犬

耳の中の蒸れ、耳の中のケガ、外耳炎、中耳炎、マラセチアなど。

●大型犬 ・ 成犬

耳の中の蒸れ、耳の中のケガ、外耳炎、中耳炎、マラセチアなど。

●小型犬 ・ シニア犬

耳の中の蒸れ、耳の中のケガ、外耳炎、中耳炎、マラセチアなど。

●中型犬 ・ シニア犬

耳の中の蒸れ、耳の中のケガ、外耳炎、中耳炎、マラセチアなど。

●大型犬 ・ シニア犬

耳の中の蒸れ、耳の中のケガ、外耳炎、中耳炎、マラセチアなど。


第2稿:2021年3月12日更新
初稿:2020年7月26日公開

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント:

愛犬の耳が臭いときには、ニオイ以外にかゆがる・赤みがあるなどの症状がないか、まず確認してください。もっとも可能性が高い病気は外耳炎ですが、気づかないうちに慢性化してしまう子もいるので要注意。少しでも気になると思ったら、必ず病院で相談するようにしてください。

監修/林美彩先生(獣医師)

chicoどうぶつ診療所所長。大学卒業後、動物病院やサプリメント会社勤務を経て、体に優しい治療法や家庭でできるケアを広めるため、2018年に往診・カウンセリング専門動物病院「chicoどうぶつ診療所」を開設。著書に「獣医師が考案した長生き犬ごはん」(世界文化社)。

監修者の他の記事一覧


関連リンク

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る