• HEALTH

【獣医師監修】犬の目が血走っている!考えられる病気は?【犬の健康診断】

【獣医師監修】犬の目が血走っている!考えられる病気は?【犬の健康診断】

愛犬の日々の様子を見て、触れていて気づく、ちょっとした変化やトラブル。その原因はさまざまに考えられますが、何か病気が原因の症状かもしれません。犬の目が血走っているときに考えられる原因や病気についてご説明します。

犬の目が血走るのはどんなとき?

健康な犬の瞳は潤いがあり、白目・黒目ともに目立ったポイントはありません。愛犬の目が血走っていたり充血したりしているときには、さまざまな原因が考えられます。人間と同じように外的な刺激のせいで一時的に血走っているのであれば特に心配はいりませんが、血走っている状態が長く続くようであれば病気が隠れている可能性もあります。犬の目が血走っているときには、どのタイミングで目に変化が起こったのかをしっかりと確認しましょう。



心理的な要因で目が血走ることも

犬の目が血走っていると病気を疑ってしまいがちですが、心理的な要因から目が血走ることもあります。程度と個体差はありますが、興奮したり緊張したりするだけでも、目が血走る原因になるのです。病院やシャンプーなど、犬にとって緊張する場へ行くだけでも目が血走ることは十分にありえます。こうしたものは一時的で、気持ちが落ち着くと目も通常に戻ります。

その他に一時的な充血としては、外的な刺激が挙げられます。人間と同様に、目にゴミや埃が入ったときや目をこすったことで、充血しているような状態になることもあるでしょう。このような場合も一時的なもので、すぐに血は引いていくでしょう。



目の血走りには病気が潜んでいる可能性も

前後に思い当たる節がないのに目が血走っているときには、ケガや病気も考えられます。散歩中に草などで目を傷つけたり、オモチャで遊んでいて目に当たってしまったり、目の周りの毛やまつげが入ってしまったりといったことも原因になりえます。他の症状として、涙が多い、目ヤニが出ている、まばたきが多い、まぶしそうにしているといったときは要注意です。また、「少し目が赤いな」という程度でも、なかなか治らないようであれば失明の危険性もあります。早めに病院へ連れていってあげることが早期治療のカギになるでしょう。

目が血走っているとき、考えられる病気には結膜炎・角膜炎・網膜剥離・ぶどう膜炎・緑内障・眼瞼内反症・眼瞼外反症・アレルギー(花粉症)・子宮蓄膿症などが挙げられます。また、目の病気という観点でいうと人間と同様に犬も老化が進むと白内障になりやすくなります。特に、柴犬やプードル、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、マルチーズ、シー・ズー、ビーグルなどは白内障になりやすい犬種ですので注意してください。



考えられる主な原因

犬の目が血走っている場合に考えられる主な病気や原因をご紹介します。あくまでも主要なものなので、他にも気になることがあればかかりつけの病院でご相談ください。

【考えられる病気以外の主な原因】

・心理的な要因

目が血走る、あくびをする、落ち着きをなくす。

・一時的な刺激によるもの

目が血走る、涙が出る。


【考えられる主な病気】

・結膜炎

目が血走る、充血する、まぶたが腫れる、涙が出る、目ヤニなど。

・角膜炎

目が血走る、充血する、まぶたが腫れる、涙が出る、目ヤニ、眼球から光沢がなくなる、目の表面が白濁する、目が開かないなど。フレンチ・ブルドッグやパグなどの短頭種に多い。

・網膜剥離

黒目が赤くなる、物や家具にぶつかる、オモチャなどを目で追うしぐさがないなど。シー・ズーやテリア犬種、トイ・プードルに多い。

・ぶどう膜炎

目が血走る、充血する、まぶたが腫れる、涙が出る、瞳孔が小さくなる、目の表面が白濁する、まぶしそうにするなど。

・緑内障

目が血走る、充血する、目をこする、瞳孔が大きくなる、目の表面が白濁する、まぶしそうにする、物や家具にぶつかるなど。6~7歳で発症しやすく、柴犬、ビーグル、プードル、ゴールデン・レトリーバーに多く見られる。

・眼瞼内反症

目が血走る、充血する、目をこする、涙がでる、目ヤニが増える、角膜が白濁したり黒い色素沈着が見られる、結膜炎や角膜炎を起こすなど。トイ・プードルやパグ、ペキニーズ、ブルドッグ、セント・バーナードなどに多く見られる。

・眼瞼外反症

目が血走る、充血する、目をこする、涙が出る、目ヤニが増える、角膜が白濁したり黒い色素沈着が見られる、結膜炎や角膜炎を起こすなど。コッカー・スパニエル、ブルドッグ、セント・バーナード、バーニーズ・マウンテン・ドッグ、バセット・ハウンド、レトリーバー犬種などに多く見られる。

・アレルギー(花粉症)

目が血走る、充血する、涙が出る、目ヤニ、くしゃみ、皮膚が炎症を起こす、顔や耳をかゆがる、鼻水が出るなど。ダルメシアン、ボストン・テリア、フレンチ・ブルドッグなど皮膚が弱い犬種は要注意。

・子宮蓄膿症

目が血走る、食欲不振、腹痛、外陰部から膿が出るなど。

犬の体型と年齢別に考えられる主な原因

犬の目が血走っている場合、体型や年齢別に考えられる主な原因をご紹介します。これ以外の病気にはかからないということではないので、少しでも気になることがあれば病院で相談してください。

●小型犬 ・ 幼犬

心理的な要因、一時的な刺激によるもの、結膜炎、角膜炎、眼瞼内反症、眼瞼外反症、アレルギー(花粉症)など。

●中型犬 ・ 幼犬

心理的な要因、一時的な刺激によるもの、結膜炎、角膜炎、眼瞼内反症、眼瞼外反症、アレルギー(花粉症)など。

●大型犬 ・ 幼犬

心理的な要因、一時的な刺激によるもの、結膜炎、角膜炎、眼瞼内反症、眼瞼外反症、アレルギー(花粉症)など。

●小型犬 ・ 成犬

心理的な要因、一時的な刺激によるもの、結膜炎、角膜炎、眼瞼内反症、眼瞼外反症、アレルギー(花粉症)など。

●中型犬 ・ 成犬

心理的な要因、一時的な刺激によるもの、結膜炎、角膜炎、眼瞼内反症、眼瞼外反症、アレルギー(花粉症)など。

●大型犬 ・ 成犬

心理的な要因、一時的な刺激によるもの、結膜炎、角膜炎、眼瞼内反症、眼瞼外反症、アレルギー(花粉症)など。

●小型犬 ・ シニア犬

心理的な要因、一時的な刺激によるもの、結膜炎、角膜炎、網膜剥離、ぶどう膜炎、緑内障、眼瞼内反症、眼瞼外反症、アレルギー(花粉症)、子宮蓄膿症など。

●中型犬 ・ シニア犬

心理的な要因、一時的な刺激によるもの、結膜炎、角膜炎、網膜剥離、ぶどう膜炎、緑内障、眼瞼内反症、眼瞼外反症、アレルギー(花粉症)、子宮蓄膿症など。

●大型犬 ・ シニア犬

心理的な要因、一時的な刺激によるもの、結膜炎、角膜炎、網膜剥離、ぶどう膜炎、緑内障、眼瞼内反症、眼瞼外反症、アレルギー(花粉症)、子宮蓄膿症など。


まとめ:

目の病気はオーナーでも気づきにくいものですが、放置していると失明につながりかねないため、定期的なチェックが欠かせません。さらに、目の病気は基本的にシニアになるほどリスクが高い傾向にあります。年齢を重ねた子と暮らしているオーナーは、特にしっかりと日々の健康管理をしてあげてください。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

監修/林美彩先生(獣医師)

chicoどうぶつ診療所所長。大学卒業後、動物病院やサプリメント会社勤務を経て、体に優しい治療法や家庭でできるケアを広めるため、2018年に往診・カウンセリング専門動物病院「chicoどうぶつ診療所」を開設。著書に「獣医師が考案した長生き犬ごはん」(世界文化社)。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

ペットに関する情報を日々発信していきます。

詳しく見る