• HEALTH

【獣医師監修】犬の口が臭い!考えられる病気は?【犬の健康診断】

【獣医師監修】犬の口が臭い!考えられる病気は?【犬の健康診断】

愛犬の日々の様子を見て、触れていて気づく、ちょっとした変化やトラブル。その原因はいろいろと考えられますが、病気の可能性もあるのです。犬の口臭が気になるときに考えられる原因や病気についてご説明します。

犬の口臭の主な原因は「食べたもの」と「病気」

犬はみんな、どの子も多少の口臭はあるものです。とはいえ、あまりにもニオイが強かったり、悪臭がしたりするとオーナーとしては「大丈夫なのかな?」と心配になってしまいますよね。実は、口臭は犬の病気に関するサインの場合もあるのです。「少し気になるけれど、大丈夫だよね」とスルーせず、しっかりと我が子の様子をチェックしてあげてください。

犬の口臭が強い場合でも、直前にニオイのするものを食べたときは一時的なものなので、特に心配はありません。しかし、そのような原因が思い当たらないときにまず疑うべきは、食べたものが悪いことと、病気の可能性です。



食べたものが原因の犬の口臭

犬の口臭が気になるとき、まずは食べたものを考えてみてください。ニオイの強いものを直前に食べたときはそのニオイが残っているケースが多いですが、そうでないときは別の原因が考えられます。例を挙げると、ペットフードが口に残りがちなものである、消化しづらいペットフードを選んでいる、食糞をしているといった可能性があるでしょう。

ペットフードはドライタイプのものとウェットタイプのものがあり、どちらも犬とオーナーさんにとっては一長一短です。ドライフードは酸化しやすく、劣化してしまったものを犬が食べてしまうと、肝臓に負担がかかり毒素を分解しにくくなることから、口臭につながることがあります。特に大容量のものを愛用されている方は、フードが劣化していないかを定期的にチェックしてみてください。大容量ではなく、短いスパンで食べきれる量を購入するのもおすすめです。一方、ウェットタイプのフードはドライフードと比較すると歯に残りやすいため、口臭や歯周病をはじめとした歯のトラブルにつながりやすくなってしまいます。フードに原因があると思ったら、消化性の高いフードを選んだりするとよいでしょう。

さらに、食べたものが悪いという点からは食糞の可能性も考えられます。食糞とは犬が自分のウンチを食べてしまう行為です。歯の間にウンチがついていたり、トイレが荒らされていたりすることで気づく方もいらっしゃるでしょう。犬が食糞をする理由ははっきりとわかっていませんが、野生の名残として「自分がいた痕跡を消す」「子どもを守るため」という理由や、消化器疾患がある、構ってほしさゆえなど、諸説あります。口臭の原因が食糞にある場合は、食糞をやめさせることが最優先になるでしょう。



口内や内臓の病気かもしれない犬の口臭

食べたものに原因がないのに犬から口臭がするときは、口内や内臓に病気が潜んでいる可能性があります。

口から悪臭が続くとき、もっとも可能性が高いのは歯周病です。もともと犬は人間と比較するとかなり歯周病になりやすく、一説によると「3歳以上の犬は8割が歯周病」といわれているほどです。「歯周病=歯垢・歯石」と考えられがちですが、それらが目立たなくても口がにおうときにはすでに歯周病が始まっていることも多いです。他の病気として考えられるのは、口腔内腫瘍です。口の中に腫瘍ができる病気で、良性でも悪性でも口臭につながることがあります。また、口内炎も考えられます。口臭のみでなく、発熱していないか、鼻水が出ていないかなどといった普段と違う様子がないかもしっかりと見てあげてください。

このような口内トラブルは、デンタルケアを入念にすることで防げるケースもあります。歯みがきを毎日しっかりとするのが理想的ですが、難しい場合には歯みがきガムや歯垢分解酵素、サプリメントなどを上手に利用するのがおすすめです。歯石や歯垢が気になるときは、病院や歯医者さんで早めに相談しましょう。歯石取りをしてもらうだけでも、口臭が軽減されますよ。

内臓の病気が口臭をもたらしているとき、考えられる代表的な疾患として挙げられるのが腎機能不全です。腎臓の働きが低下するため、口からアンモニア臭を感じることがあります。また、口内の乾燥も考えられます。人間と同じように、口の中の水分が不足すると唾液が凝縮され口臭が強くなります。鼻詰まりのときに口呼吸をして口内が乾燥し、口臭が強くなる子もいるようです。特に冬場は暖房の効いた室内で過ごし、水を飲む量も減りがちなため、口臭が強くなることも考えられるでしょう。逆に、夏場の暑い時期も要注意。脱水症状になると口臭が強まるので、水をたっぷり用意し、いつでも飲めるようにしてあげてください。

口臭について病院で相談する際は「どんなニオイがするのか」をしっかりと伝えられると、診察がスムーズになります。すっぱい、糞便、アンモニアのよう……など、オーナーが感じたことをお医者さんに説明できるといいですね。



考えられる主な原因

犬から口臭を感じるようになった場合に考えられる主な病気や原因をご紹介します。あくまでも主要なものなので、他にも気になることがあればかかりつけの病院でご相談ください。

【考えられる病気以外の主な原因】

・食べたものが悪い

口臭など。


【考えられる主な病気】

・歯周病

口臭、歯垢・歯石、食欲不振など。全犬種でなりやすいが、特にイタリアン・グレーハウンド、ダックスフンド、トイ・プードルは要注意。

・舌炎、口内炎

生臭い口臭、舌や口内の炎症、食欲不振など。

・腎臓病

口臭、嘔吐、元気消失、多飲多尿など。。

・口腔内腫瘍

口臭、よだれが多くなる、よだれに血が混ざる、体重減少、食欲不振など。

・便秘

糞便のニオイがする口臭、腹痛など。

・腸閉塞

口臭、嘔吐、元気消失、食欲不振など。


犬の体型と年齢別に考えられる主な原因

犬から口臭がするようになった場合、体型や年齢別に考えられる主な原因をご紹介します。これ以外の病気にはかからないということではないので、少しでも気になることがあれば病院で相談してください。

●小型犬 ・ 幼犬

食べたものが悪い、舌炎、口内炎、便秘、腸閉塞など。

●中型犬 ・ 幼犬

食べたものが悪い、舌炎、口内炎、便秘、腸閉塞など。

●大型犬 ・ 幼犬

食べたものが悪い、舌炎、口内炎、便秘、腸閉塞など。

●小型犬 ・ 成犬

食べたものが悪い、歯周病、舌炎、口内炎、便秘、腸閉塞など。

●中型犬 ・ 成犬

食べたものが悪い、歯周病、舌炎、口内炎、便秘、腸閉塞など。

●大型犬 ・ 成犬

食べたものが悪い、歯周病、舌炎、口内炎、便秘、腸閉塞など。

●小型犬 ・ シニア犬

食べたものが悪い、歯周病、舌炎、口内炎、腎臓病、口腔内腫瘍、便秘、腸閉塞など。

●中型犬 ・ シニア犬

食べたものが悪い、歯周病、舌炎、口内炎、腎臓病、口腔内腫瘍、便秘、腸閉塞など。

●大型犬 ・ シニア犬

食べたものが悪い、歯周病、舌炎、口内炎、腎臓病、口腔内腫瘍、便秘、腸閉塞など。


まとめ:

犬から口臭がするとき、一番多い原因は歯周病です。歯周病は、年齢を重ねるごとに発病率が高まるのでシニアの子は特に気をつけましょう。口内のトラブルはデンタルケアをきちんとすることで防げるケースもあります。日頃からしっかりとしたデンタルケアを心がけてください。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

監修/林美彩先生(獣医師)

chicoどうぶつ診療所所長。大学卒業後、動物病院やサプリメント会社勤務を経て、体に優しい治療法や家庭でできるケアを広めるため、2018年に往診・カウンセリング専門動物病院「chicoどうぶつ診療所」を開設。著書に「獣医師が考案した長生き犬ごはん」(世界文化社)。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

ペットに関する情報を日々発信していきます。

詳しく見る