【愛犬と紅葉狩り】今年の紅葉は遅い?早い?愛犬と一緒に紅葉散歩を楽しもう

【愛犬と紅葉狩り】今年の紅葉は遅い?早い?愛犬と一緒に紅葉散歩を楽しもう

紅葉シーズンがやってきました。9月以降の天気・気温によって見頃のタイミングが前後しますが、2021年はどうでしょうか。既に見頃を迎えているスポットも多くありますが、関東の都心エリアや関西エリアはまさにこれから見頃を迎えるスポットが沢山あります。

本記事では、今年の見頃や愛犬と行けるスポットについて紹介します。別記事では、関東都心と関西の各エリアについて、愛犬と紅葉狩りできる条件で絞り、より詳しい紅葉スポット情報を掲載していますので、そちらもチェックしてください。愛犬を連れて、いつもとは違った秋のお散歩を楽しみましょう。

関東(都心)の紅葉の見頃とスポットは



今年の傾向

ウェザーニュースが発表した『第2回紅葉見頃予想』では、関東・甲信の見頃は”平年よりもやや遅くなる”と予想、またtenki.jpが発表した『2021年紅葉見ごろ予想<第3回>』では、"平年並の所が多いが遅いところもある"としてます。全体の傾向としては平年並みからやや遅めと言えそうです。

平年の見頃は、高尾山が11月中旬から12月上旬、養老渓谷が11月下旬から12月上旬となっているので、平年並であればまさにこれから見頃を迎えることになります。今後、11月の気温が平年よりやや高いという予想もあるため、その場合は見頃を迎えるタイミングが、平年並よりやや遅くなるかもしれません。

愛犬と行けるスポット

愛犬と楽しめるスポットとしては「昭和記念公園」があります。東京ドーム39個分の広大な園内にはイチョウ並木が2箇所あり、黄金色のトンネルが現れます。その他、愛犬と一緒に楽しめる紅葉スポットを都内に絞って紹介しているのでぜひチェックしてください。

https://www.wanqol.com/articles/kouyou_tokyo_2021

関西の紅葉の見頃とスポットは



今年の傾向

ウェザーニュースが発表した『第2回紅葉見頃予想』では、西日本の見頃は”平年並からやや早くなる”と予想、またtenki.jpが発表した『2021年紅葉見ごろ予想<第3回>』では、"おおむね平年並"としてます。全体の傾向としてはほぼ平年並と言えそうです。

近畿エリアは、11月にかけての気温も平年並とみられるため、多くの名所が平年並の時期に見頃を迎えると考えて良さそうです。例えば、和歌山・高野山が平年で11月上旬から、京都・嵐山が11月下旬となっています。


愛犬と行けるスポット

愛犬と楽しめるスポッとしては「京都嵐山」があります。『日本紅葉の名所100選』に選出されている”渡月橋”周りの紅葉をお散歩しながら楽しむことができます。その他、愛犬と一緒に楽しめる関西の紅葉スポットを紹介しているのでぜひチェックしてください。

https://www.wanqol.com/articles/kouyou_kansai_2021

この記事に関連するキーワード