愛犬手作りごはん”夏バテ防止”レシピ!Kitchen in Dogs③

熱中症や夏バテにも気を付けたいこれからの季節。今日は、オーナーさんとわんちゃんがお散歩後のおやつとして楽しめちゃうレシピを教えていただきました!

レシピを教えてくれるのはこの方!

 

ペットごはんコーディネーター
水野 雪絵(みずの ゆきえ)さん

 

薬膳インストラクター・食育アドバイザー・ファームマエストロ・・他。自身も食べることが大好きでおいしく健康にを求めて食に関して日々研究中。ペットと飼い主さんとのおいしいシェアごはんをご紹介していきたいと思っています。

 

愛犬のための料理教室【wanbino】主宰
https://wanbino.jimdo.com/

夏バテや熱中症は、人・犬共通!

予報によると・・今年の夏はいつもに増して厳しい暑さになるとのこと・・長く続いたおうち時間でまだ体も暑さに慣れていないこともあって、朝夕の比較的涼しい時間帯でもマスクを着けてのお散歩は思った以上に大変ですよね・・

今日はお散歩後のおやつとしてもおススメの、甘麹を使った一品をご紹介したいと思います!

 

まずは、【飲む美容点滴】と呼ばれる”甘麹”作りからスタート!

<作り方>

わんちゃんもOKな甘麹の原料は、

米麹・もち米・水この3つのみ。

 

※甘酒には2種類あります!犬に安全な甘酒とは?

甘麹をお湯で伸ばした甘酒には、酒粕から作られる甘酒と米麹から作られる甘酒があります。市販のものを利用する場合は、必ず米麹のものを使用してくださいね。

 

甘麹は炊飯器を使えば簡単に作れますから是非一度試してみてください!

 


 

<材料>

作りやすい分量は、
・米麹(乾燥タイプ)・・・ 200g
・もち米 ・・・1合
・水・・・ 1 1/2カップと2カップ

 

まず、もち米を洗ったら水1 1/2カップで一晩浸水させておきます。(湿度温度ともに高いこの時期は冷蔵庫で)それを炊飯器のおかゆモードで炊き上げます。

 

1.米麹は手で優しくこすり合わせるようにしながらしっかりほぐしておきます
2.もち米が炊き上がったらボウルに移し、水2カップを加えて混ぜたら温度を確認。 60度以下になっているのを確認したら・・
3.ほぐしておいた米麹を入れてよく混ぜ合わせ・・保温モードの炊飯器に戻す
4.濡らしてしっかり絞った布巾をかけ、60度以上にならないように蓋は少し隙間を開けておきます。

温度管理だけは要注意!

麹菌は45度から60度で効率よく働くため、温度が上がりすぎないよう途中気が付いたら温度計で調べつつ行ってください。

 

この状態で途中2時間おきにかき混ぜつつ、6~7時間ほどで甘酒状態に。それを鍋に移して煮立たせないように10分ほど火にかけて水分をとばせば出来上がり!

 

冷蔵庫保存で1週間ほど楽しめます!

※ アルミやステンレス以外の容器で保存すること。

 

発酵由来のほんのりと自然な甘さの甘酒は、犬も大好き!

我が家では、この時期、お散歩の後の熱中症対策の水分補給などにもこの甘麹を薄めた甘酒を犬たちとシェアしています!麹から作る甘酒は酒の字がついていますが、もちろんノンアルコール。

この甘麹は、シンプルに甘酒としていただいてもOK!そのほかお砂糖の代わりとして料理に使えるので、作り置きをしておくと本当に便利です。


【アレンジレシピ】『枝豆と甘麹のお汁粉』の作り方

では、今回は先ほど作った甘麹を使って、わんちゃんとおいしくシェアできる簡単おやつ、これからがおいしい旬の枝豆を使って『枝豆と甘麹のお汁粉』を作っていきましょう!

材料

用意するものはこちら

 

 さやから取り出した枝豆(冷凍でもOK)・・・100g
 
甘麹 ・・・大さじ5杯
 
豆乳 ・・・200㎖
 
トッピング用のナッツ類・・・適量

作り方は簡単!

トッピング用のナッツ以外の材料をフープロやミキサーなどで細かくなめらかに。豆乳は、200㎖とありますが大体の目安なので、好みのやわらかさに調節してくださいね!

器に流しいれ、トッピングのナッツを飾れば出来上がり。

わんちゃん用も、中身は全く同じです!

今回は、栄養たっぷり旬の枝豆を使ってみましたが、ノーマルに小豆でもOK。
お好きな豆で試してみてください。

それではみんなで、いただきま〜す!

本日も完食なり。。。
暑さ厳しいと言われるこの夏も愛犬とともにシェアごはんでおいしく楽しく健康美で乗り切りましょ。

レシピに登場する甘麹の効果♪

甘酒のイメージとしては・・冬場にあったかくしていただくものを頭に浮かべがちですが・・その昔、江戸時代は夏バテ防止対策として夏の飲み物として飲まれていたそう。

 

甘麹には、即効性の高いエネルギー源のブドウ糖類・疲労回復に効果的なビタミンB群・私たちの体を作ってくれる上で欠かすことができない必須アミノ酸・汗とともに失われるミネラルなどが豊富に含まれ、それらの吸収率も9割以上。
これが、いわゆる【飲む美容点滴】などと呼ばれる所以かと。

 

ビタミンB群は脂質や糖質の代謝に欠かせない栄養素。
また麹菌の酵素には生活習慣病の予防・免疫力UPに加え、抗酸化作用があるため・・体のサビつきを抑え老化防止に。
麹酸はメラニン色素の生成を抑える働きや皮膚の古い角質を取り新陳代謝をうながしてくれるため、お肌がきれいに。(これが酒蔵で働く男性の手が美しいと称賛される理由です。)甘麹の食物繊維とオリゴ糖は腸内環境も整えてくれるので便通も改善!

さて、次回は・・

我が家の何の変哲もない普段着のごはん!日々のシェアごはん作りと共にカロリー計算に拘らない訳や長く続ける秘訣、食べ物の好き嫌いについてなど、ちょっとしたコツなどもご紹介しますね。

著者プロフィール

ペットごはんコーディネーター / Yukie Mizuno

ペットごはんコーディネーター / Yukie Mizuno

ペットごはんコーディネーター水野雪絵(みずのゆきえ) 薬膳インストラクター・食育...

詳しく見る