• LIFE

愛犬とシェアする"美活"レシピ!Kitchen in Dogs①

愛犬とシェアする"美活"レシピ!Kitchen in Dogs①

「愛犬に何を食べさせたら良いのかな」「自分で作ってあげたいけど、難しそう」とお悩みの飼い主さん必見!!今回はペットごはんコーディネーターの水野雪絵(みずの ゆきえ)先生に、飼い主さんとわんちゃんがシェアできる“美活レシピ”を教えていただきました!

レシピを教えてくれるのはこの方!

 

ペットごはんコーディネーター
水野 雪絵(みずの ゆきえ)さん

 

薬膳インストラクター・食育アドバイザー・ファームマエストロ・・他。自身も食べることが大好きでおいしく健康にを求めて食に関して日々研究中。ペットと飼い主さんとのおいしいシェアごはんをご紹介していきたいと思っています。

 

愛犬のための料理教室【wanbino】主宰
https://wanbino.jimdo.com/



お料理テーマは薔薇の花♪

好きな花は?と聞かれると、必ず名前があがる花の一つ・・・薔薇の花。5月~6月にかけてまさに今が見頃の薔薇は、我が家の庭でもきれいに咲き誇り、その可憐な姿で毎日うっとりとさせてくれています。

全国各地にある沢山のファンを持つローズガーデンも今年は6月から開園といったところが多いみたいですね。なかなか思うようにお出かけもできない今、ご自宅にいながらも楽しんでいただけるようにと食卓にて薔薇の花を咲かせてみました!



飼い主さんとわんちゃんでシェアOK!”美活”ポテトサラダの作り方




今日、ご紹介するペットと飼い主さんとのシェアごはんは・・むくみに効く簡単でかわいい&ヘルシーな美活レシピ!!見た目も華やかなポテトサラダです。




<作り方>

 

まずは鶏胸肉の下準備!

 

⑴ 皮をはいだ鶏むね肉をジッパーつきの耐熱袋へ入れます。

 

⑵ ⑴へプレーンヨーグルトと、香り付け程度のすりおろしニンニクを入れて*混ぜながら全体に絡むように揉み込んだら、しっかりと空気を抜いて密封状態に。それを冷蔵庫で半日~1日ほど置いて漬け込みます。
*むね肉1枚につき、ヨーグルト大さじ2・すりおろしニンニク小さじ1程度(※分量要注意。文末の注釈を参照してください。)

 

⑶ 寝かした鶏肉はそのまま60度で1時間、低温調理*。こうすることでパサつきやすい鶏むね肉が驚くほどしっとりとしてふっくらジューシーに!
*低温調理器、または・・炊飯器の保温機能を使い1時間。もしくは、沸騰したお湯を張った大鍋に袋ごと入れ、蓋を閉じて火を止め3時間ほど。

 

⑷ できた鶏むね肉は、冷蔵庫で保存。
*冷蔵庫で4~5日ほど保存可能ですが、保存料などの添加物を使ってないためできるだけ早く食べ切ってしまってくださいね。





ちなみに・・飼い主さんがこの鶏むね肉をいただくなら・・

たっぷりな粒マスタードを添えるだけでおいしい一品に。白ワインやキリリと冷やした日本酒といただくとお酒もすすみます。ヘルシーなおつまみとしていかがでしょうか?



鶏むね肉が完成!さて、ポテサラですが・・

⑴ 先ほど準備したサラダチキンを食べやすい大きさにカットします




⑵ じゃがいもは、きれいに洗い、皮の部分にぐるりと一周薄く切り込みを。そして、その線に垂直に(写真のように)切り込みを入れます



⑶ ⑵をラップで包みレンジに。じゃがいも一つにつき600Wで3分加熱。粗熱が取れたら、まだ温かいうちに皮をむきます。先ほどつけた切り込み部分にキッチンペーパーを当てて剥くと、力を入れなくても簡単につるりときれいに剥けますよ。




⑷ ⑶を適当な大きさにカットしたらまだ温かいうちにつぶします。




⑸ 味付けは・・シンプルにプレーンヨーグルトのみ。じゃがいも1個に大さじ4杯ほど入れましたが、量は好みで調整してくださいね。




⑹ ⑸がしっかり混ざったところへ・・

解凍してしっかり水気を取ったミックスベジタブルと先ほどのカットしておいたサラダチキンを加え、全体に混ぜ合わせたら出来上がり!







お次は可愛く盛り付けてみましょう!

ここからは、盛り付け開始です。器に入れたら表面をスプーンの背などで平らになるよう軽くならしておきます






犬も大好き!栄養たっぷりなリンゴは、簡単にカットして混ぜ合わせても、もちろん!OKですが、今日はかわいく薔薇の花を作ってみたいと思います。

リンゴは縦に4等分に、芯を取り除いたら3ミリほどの薄さにカット。それを耐熱皿に重ならないように並べたら、レンジで加熱。(曲げても折れない位になるまで確かめながら少しずつ。)加熱して柔らかくなったらクルクルと丸めて、先ほどならしておいたポテサラの上に並べていけば、完成!!






リンゴだけでも十分華やかでかわいいのですが・・





ゆで卵の白身を抜き型で抜いた蝶々も飛ばしてみました






犬も大好きな栄養たっぷりのゆで卵、余った部分は細かく切って、

愛犬用にはこんな感じにトッピング。





このポテトサラダ・・味付けがヨーグルトだけとカロリーも控えめで塩分も使用していないために、かなりヘルシー。飼い主さんは、粗びきコショウを加えていただくと味と香りに変化も出ておいしいですよ。


レシピに登場する食材の美活効果♪

リンゴとじゃがいもに豊富に含まれるカリウムは、体内の余分な塩分を体の外に出してくれる働きもあり、高血圧やむくみにアプローチ。そして、共に食物繊維が豊富なので腸内の善玉菌が増加。(また、マヨネーズの代わりにヨーグルトを使用することでカロリーダウンだけでなく、乳酸菌が加わることで腸内環境をよくし、便通にも効果が。)


じゃがいもに含まれるビタミンCは熱に強く、またリンゴは、体内でビタミンCを増加させる働きが。これらがジャガイモやリンゴがお肌にいいと言われる所以かと。

 

卵はそれだけで食物繊維とビタミンC以外の必要な栄養素の全てが摂れると言われる優れもの食材。疲れやストレス解消に効果的!必須アミノ酸の宝庫です。鶏むね肉も先ほどの卵と同様、低カロリー・高タンパク質でダイエットに最適。豊富に含まれる美肌に必須なビタミンB6は皮ふや粘膜の健康維持、そして、脂質や炭水化物の代謝をサポートするなどダイエット中には嬉しい働きが。

 

また、鶏むね肉のタンパク質に含まれる『イミダゾールペプチド』という他のお肉にはないこの特別な栄養は、高い疲労回復効果と抗酸化作用で身体の疲れを取るだけでなく精神面の疲れにも効き目あり。

季節の変わり目による気温差に、長く続いたおうち時間も加わったことで、なんとなく疲れやすい・体がむくむなど・・不調を感じることも多いまさに今、食べながら心身ともに美活&疲労回復に!と是非ともおススメしたいものばかり。






余談ですが・・『愛』と『美』の象徴でもある薔薇の花。ピンクの薔薇の花言葉は・・『感謝』と『幸福』だそう。


これまでに経験したことのない不自由さや不安や心配などから知らず知らずのうちに心身ともにストレスが溜まっていることもあろうかと。そんなときは、栄養と睡眠を十分にとって日々の小さな楽しみを見つけることで幸せに感謝しつつ笑顔で元気に乗り切りましょう。





かわいいシェアごはんで愛犬と一緒に健康でおいしく楽しい毎日を。

※ニンニクについて

ニンニクは大量に摂取することによって、わんちゃんが貧血になる危険が高いとされているため、体調の悪い子には与えるのは推奨できません。ニンニクサプリメントなどのエキスを濃縮したものは、内容量が分からない場合は危険性が高いので食べさせないようにしましょう。

 

参考文献:Kovalkovičová, N., Sutiaková, I., Pistl, J., & Sutiak, V. (2009). Some food toxic for pets. Interdisciplinary toxicology, 2(3), 169–176. https://doi.org/10.2478/v10102-009-0012-4

著者プロフィール

Yukie Mizuno

ペットごはんコーディネーター/Yukie Mizuno

ペットごはんコーディネーター 水野 雪絵(みずの ゆきえ) 薬膳インストラク...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード