愛犬を正しく抱っこできていますか?今さら聞けない抱っこの正解

愛犬を正しく抱っこできていますか?今さら聞けない抱っこの正解

愛犬とのスキンシップは、飼い主さんとの絆を深めるためにも大切です。抱っこもそのひとつ。日頃の抱っこを見直して、愛犬がより快適に過ごせるようにしましょう。今回は、正しい抱っこの方法とNGな抱っこの方法をご紹介します。

正しい抱っことは?

正しい抱っことは、愛犬を飼い主さんの方にしっかりと引き寄せて、体を密着させた抱っこのことです。飼い主さんとの密着面が多いことで、愛犬は安心感を抱くでしょう。愛犬の体格により足の間に腕を入れて固定したり、お尻をしっかり支えて飼い主さんに引き寄せたりします。抱っこするときは「抱っこ」と声をかけてから行い、上手にできたらご褒美をあげて頭をなでてあげるといいですよ。

正しい抱っこの方法

片手が空いて便利な「片手抱っこ」

初心者さんにもベテラン飼い主さんにもおすすめなのが片手抱っこ。小型犬や抱っこが可能な中型犬に限りますが、片手抱っこは安定感がありもう片方の手が空くので、外出時に荷物を持つことができるなど何かと便利な方法です。

1.首元に近いところでリードを持ち、愛犬が動き回らないよう固定します。
2.もう片方の手で、お尻と胴体を包み込むように横から手を入れて抱き上げます。このとき、親指と小指は愛犬の前足の外側に、残りの指で胸元をしっかり支えましょう。
3.飼い主さんの体にしっかり抱き寄せます。愛犬の胴体が地面と水平になるように、手首より後ろの部分で胴体を固定しましょう。

密着がポイント!「両手抱っこ」

より安定感があるのが両手抱っこです。しっかりと包み込むことで愛犬は安心し、信頼関係も強まります。

1.片手を愛犬の前足の後ろあたりに入れてしっかりと抱え込み、もう片方の手でお尻を包み込むように支えます。
2.愛犬の体が地面と水平になるように、胸元に密着させて両手で抱っこします。

こんな抱っこは避けて!

肩越しの抱っこ

縦に抱く肩越しの赤ちゃん抱きは、愛犬の視界にいろいろなものが入り落ちつかず、場合によっては飛び降りてしまう危険があります。

前足のわきに両手を入れる抱っこ

人の赤ちゃんのように両前足のわきの下に手を入れて抱き上げるのもNGです。全体重が肩にかかって、愛犬が痛がることがあります。

 

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント

抱っこは飼い主さんと愛犬の絆を深める大切なスキンシップでもあります。愛犬ともっといい関係を築けるよう、ふだんの抱っこを今一度見直してみてくださいね。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード