【災害救助犬】被災地・熱海の最前線で活動するレスキュードッグの姿

熱海で7月3日午前10時半ごろに発生した土石流は、少なくとも建物約130棟に被害を与えました。防衛省によると、7月5日の捜索は約840名の態勢、現場には約360人の自衛隊隊員と重機5両、そして災害救助犬5頭が投入され活動をしたということです。

複数の災害救助犬が捜索活動に参加

現地には、浜松基地からアナとジャッキー、そして入間基地からムギとダンテなど災害救助犬が入り、ハンドラーとともに行方不明者の捜索にあたっています。現地は水を含んだ泥に覆われており、救助犬も泥まみれになりながら頑張っている姿が見られました。6日にはさらに、芦屋基地からトム、美保基地からヒエンなど増強部隊が到着しています。

捜索に集中する災害救助犬
捜索に集中するダンテ / 出典:航空自衛隊 浜松基地Webサイト

捜索中の災害救助犬
捜索中のムギ / 出典:航空自衛隊 浜松基地Webサイト

これらの災害救助犬は、航空自衛隊または海上自衛隊に所属する『警備犬』で、本来の役割は基地警備に従事することです。航空自衛隊には約300頭いるようですが、そのうちの一部の犬が災害救助犬としての訓練をうけて活動しています。

水を浴びて体の泥を落とす災害救助犬(レスキュードッグ)
水を浴びて体の泥を落とすジャッキー / 出典:航空自衛隊 浜松基地Webサイト

泥を落としてもらう災害救助犬(レスキュードッグ)
泥を落としてもらうムギ / 出典:航空自衛隊 浜松基地Webサイト

災害救助犬(レスキュードッグ)の役割とは

災害救助犬は、地震や台風よる災害、今回のような豪雨による土砂災害が発生した際、行方不明者の捜索にあたるために特別に訓練された犬たちです。その優れた嗅覚をもとに、全壊した建物や倒壊した建物の下敷きになったしまった人の捜索にあたることが想定されています。

倒壊家屋の中を捜索する災害救助犬(レスキュードッグ)
倒壊家屋の中を捜索するジャッキー / 出典:航空自衛隊 浜松基地Webサイト

瓦礫の中で行方不明者を捜索する災害救助犬(レスキュードッグ)
瓦礫の中で行方不明者の捜索を実施するアナ / 出典:航空自衛隊 浜松基地Webサイト

災害救助犬に適している犬種とは

犬種としては、ジャーマン・シェパード、ラブラドール・レトリバー、ゴールデン・レトリバーが挙げられますが、こうした大型犬だけではありません。災害救助犬にはビーグル、柴犬、そして小型犬のジャックラッセルテリア、ミニチュア・シュナウザーもいます。

派遣された災害救助犬アナ
派遣された災害救助犬アナ/出典:航空自衛隊 浜松基地Webサイト

派遣された災害救助犬ジャッキー
派遣された災害救助犬ジャッキー/出典:航空自衛隊 浜松基地Webサイト

捜索範囲が広範囲にわたる場合や捜索場所が険しい山など体力が必要な場合には大型犬、瓦礫の下など狭い場所の捜索には小型犬といったように、場面に合わせて出動するようになっています。

災害救助犬として何より大事なのは『人が大好きであること』。いつ起こるかもわからない災害に備えて、災害救助犬たちは日々訓練をしています。

現地には被災しているペットもいる

災害救助犬は不明者の捜索にあたりますが、現地には人間と同じように被災をしているペットがいます。飼い主とともに被災して行方不明のペット、飼い主は避難できたけれども家に残されてしまったペット、助かったけれども飼い主が入院などで戻らないままのペット。

こうしたペットたちをレスキューするための活動も始まっています。日本レスキュー協会では、”災害救助犬チーム”が現地の捜索活動に参加する一方で、”被災ペット支援活動”に関しても、情報収集を行って出動に備えているようです。

犬や猫を飼っているわたしたちができることは、災害への備えです。自身とペットを含めた家族を命を守るための備えを平時にしておくことが、結果として災害救助犬の負担を減らし、被災ペットを減らすことにつながります。この機会にぜひ、ペットの災害対策を考えたいですね。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る