次世代の愛犬見守りカメラ『Ebo SE』登場!動く愛犬を追いかけて動画撮影も可能

次世代の愛犬見守りカメラ『Ebo SE』登場!動く愛犬を追いかけて動画撮影も可能

AIを搭載した自走式ロボット【Ebo SE(イーボエスイー)】が、オンラインストア『Kibidango Store』で発売されました。Ebo SEは、次世代の愛犬見守りカメラとしても使える、高性能カメラ・マイク・スピーカー搭載の自走式AIロボットです。家中を自由に動き回りながら撮影を行うことができ、愛犬が移動しても追従して行動を記録できます。

『Ebo SE』は愛犬を追従して動画撮影が可能

見守りカメラEbo SE

見守りカメラの中でも、Ebo SEに特徴的なのは、自由自在に動き回りながら撮影を行えること、そしてペットを追従しながら行動を記録できるという点です。

もちろん、留守番中のお子様や遠隔地に住む家族の見守りにも最適です。ナイトビジョン機能があるので、セキュリティカメラとして24時間の監視・録画も可能。撮影された動画は内部のストレージに保存され、後日確認することができます。

 

愛犬にこちらの声を届ける

高性能のカメラが、AI管理のもと家中を縦横無尽に走って撮影してくれます。マイクとスピーカーを搭載しているので、愛犬の声を聴くことも、こちらから声をかけることもできます。

愛犬を追従して撮影できる

自走ができ、人物やペットの識別認識が可能です。愛犬が部屋を移動しても追従して行動を記録することができるので、普段見られない愛犬の姿が見られるかも。

セキュリティの役割も

動作検出やナイトビジョン機能により、24時間監視・録画が可能です。不審物が検出された場合は登録のスマートフォンへ通知が届きます

フォルムも可愛い『Ebo SE』のスペック

見守りカメラEbo SE

フォルムからとっても可愛らしい『Ebo SE』の商品詳細はこちらです。

・重さ:0.28kg
・サイズ:9.6cm × 8.9cm
・バッテリー:3.7V、2500mAh
・稼働時間:約4時間
・充電方法:自動充電 DC5V / 2A max
・ワイヤレス接続:Wi-Fi 2.4G
・CPU:Dual ARM Cortex-A7 @800MHz
・TPU:なし
・カメラ:ビデオ1920 × 1080px @30fps、写真 1920 × 1080px
・トランスミッション:ビデオ 848 × 480px @30fps
・メインストレージ:16GB(増量可)
・センサー:
 6-axis IMU TOF(50mm-1500mm)
 赤外線センサー ×5 CMOSイメージセンサ GC2053
 落下防止センサーなし
・モーター:ブラシモーター×2
・速度:
・アプリ:iOS、Android

2021年7月29日から「Kibidango Store」で取り扱いがスタートしており、価格は14,990円(税・送料込み)です。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード