【愛犬の終活】一緒に入れる公営墓地を簡単に探せる!「霊園ガイド」が機能を提供

【愛犬の終活】一緒に入れる公営墓地を簡単に探せる!「霊園ガイド」が機能を提供

愛犬は”家族の一員”と考える方も多いのではないでしょうか?いつか迎える別れの時に備え、愛犬をどのように送り出すかを考えておくことは飼い主にとって大切な問題ですね。愛犬も一緒のお墓で眠りたいと思うのは当然のことでしょう。「霊園ガイド」は、安価でかつ安心感のある”公営霊園”の中から、ペットの埋葬も可能な霊園をエリア別にリストアップしてくれる検索機能の提供をスタートしました。

3種類ある霊園の種類!公営霊園の特徴は?



お墓には、経営主体によって大きく3種類に分かれます。

【1】公益法人や宗教法人が運営する「民営霊園」
【2】各宗派の寺院が境内で運営する「寺院墓地」
【3】都道府県など自治体が運営する「公営霊園」

この中で公営の霊園ですが、一般的に、

・低コストの場合が多い
・経営主体が安定している
・宗旨・宗派・宗教の縛りがない

といった特徴があります。

公営霊園は民営霊園に比べて、管理費や永代使用料が安くなる傾向があります。また、自治体が管理・運営しているため、倒産や廃寺といったリスクが比較的低いこと、規模が大きく管理が比較的行き届いていることなど、安心できる要素が多いと言えるでしょう。多くの場合は、宗教・宗派ほか、国籍も制約されずに利用することが可能です。一方で

・申し込み条件が定められている
・ルールが多い

といった側面もあります。例えば、募集のタイミングは年に1回と決まっている、応募可能な期間が定められている、霊園がある地方自治体以内に住んでいる方以外は応募できない、ということが多いです。また、応募が多い場合には抽選となるケースもあり、希望していても必ずしも利用できない可能性があります。

自治体が運営する公営霊園からペットOKな施設を探す

ペットOKの公営霊園

公営の霊園は、東京都なら多磨霊園・小平霊園・青山霊園・谷中霊園・八柱霊園などがあります。現状は毎年募集が行われています(募集時期や資格等は変わる可能性があります)。

公営の霊園のなかにもペットOKとしている施設があります。公営の霊園で愛犬を納骨したい場合、一般的な人間の家墓に愛犬のお骨を入れることになりますが、全区画ペット対応の所と、ペット専用区画を設けている所に分かれます。

「霊園ガイド」では、こうした公営霊園だけを特別に絞り込んで所在地地図と概要などを簡単に探せる特集ページを用意しており、それを検索することが可能になりました。

ペットOKな施設から最適な選択を



霊園ガイド:https://reien.top/

<検索手順>
・メニューから「ペットと入るお墓」を選択
・各エリアごとの公営霊園リストが現れるので選択する
・各霊園を選ぶと、霊園の詳細地図ページへのリンクとお問い合わせ・資料請求用のフォームが表示される

公営霊園は、もちろんメリットだけではなく、実際には逆に歴史がある代わりに古かったり、面積が大きくて高額になるといったケースもあります。その自治体の居住者限定の霊園も多く、埋葬するお遺骨を持っていることなど複雑な条件が付いていることも多いです。

霊園を選ぶ際には、バリアフリーの有無、永代供養の有無といった点のほか、お参りに便利な距離にあるかどうかなど複数の項目をよく比較してみることが大切です。しっかりと確かめ、本当に良かったと思える墓地を選びたいものですね。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード