【獣医師監修】老犬期前半だからこそ気をつけたい健康チェック項目

【獣医師監修】老犬期前半だからこそ気をつけたい健康チェック項目

愛犬のさまざまな病気が発覚しやすい「老犬期前半」。老犬期を元気に迎えるためには、日々の健康チェックが欠かせません。愛犬をよく観察し、老化のサインにいちはやく気づけるようにしましょう。

老犬期を元気に迎えるためにも健康チェックは忘れずに!

飼い主に顔を触られる犬
大型犬はだいたい6才〜9才、そのほかの犬種では8才〜12才頃が「老犬期前半」です。
老犬期前半では、視力や筋力量の低下、感覚機能や免疫力が落ちることによって病気にかかりやすくなったり、持病が進行しやすくなったりすることも。
愛犬が元気に老犬期を迎えられるよう、日々の健康チェックを忘れずに行いましょう。

実は老化のサイン?!毎日しておきたい健康チェック項目

顔を撫でられる犬

人の4倍のスピードで年をとっていく犬。愛犬の健康状態は日々変化していきます。老犬期前半だからこそ、毎日の健康チェックを欠かさずに行いましょう。


歯肉の腫れや口臭の悪化

愛犬が年をとってくると免疫力が落ちるため、歯周病にかかっている場合は悪化しやすくなります。悪化してしまうと抜歯をする必要がありますので、気になる症状がある場合は一度動物病院で受診しましょう。

オシッコの色

オシッコの色が薄くなってはいませんか?水を飲む量が増え、オシッコの色が薄くなっている場合は「腎臓病」の疑いがあります。

瞳の色

瞳の色が白っぽくなってきた場合は、「核硬化(かくこうか)」という老化現象の始まりかもしれません。核硬化症は加齢性のものなので病気ではありませんが、視界がぼんやりとしてまわりが見えづらい場合もあるので、夜の散歩は控えるようにしましょう。
しかし、同じように瞳が白くみえる「白内障」などの可能性もあるので、瞳の色が気になったらかかりつけの動物病院で診てもらいましょう。

よく下を向いたり匂いを嗅いだりすることが増えた

最近下を向いて歩くことが増えたと感じたら、視力が落ちているのかもしれません。見えにくくなっている可能性がありますので、散歩は明るい時間帯に行くようにし、一度動物病院で受診するようにしましょう。

定期的なチェックが大切!定期的にしたい健康チェック項目

手を触られる犬

定期的にチェックすることで気づく部分もあります。こちらも忘れずにチェックしてあげましょう。

後ろ足の筋肉の衰え

犬は上半身に重荷がかかるため、下半身から先に衰えていきます。後ろ足の太ももが薄くなってきたら筋肉が衰えてきたサインです。定期的に確認してあげましょう。

「換毛期(かんもうき)」のタイミング

老化現象の一つとして換毛期がずれることもありますが、「ホルモン分泌異常」の可能性も。冬なのに夏毛が、夏なのに冬毛が残ったまま季節が終わってしまいそうなときや、毛ヅヤがなくパサパサしていたり、毛が薄くなったりしているように感じたら一度動物病院で受診してみましょう。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント

愛犬のちょっとした変化が実は病気のサインかもしれません。愛犬の様子を良く観察して、老犬期前半は、ちょっとした変化にも気づいてあげられるといいですね。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。


関連リンク

【獣医師監修】犬の膀胱炎や腎臓病の予防法って?原因・症状も解説
犬の目が白いのは白内障?見極めるポイントと病院に連れて行くべき症状について解説【獣医師監修】
【獣医師監修】犬の目の病気を解説! 異常な目やに・できものは要注意
【獣医師監修】犬がかかりやすい目の病気とは? 早期発見のコツも
【獣医師監修】犬の目が白いのは白内障? 症状や対処法、予防のコツ
犬は目の病気になりやすい?かかりやすい犬の3つ特徴【獣医師監修】

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード