【変な飼いヌシ図鑑No.013】愛犬についつい話しかけてしまう飼い主『コエカケタガリヌシ』

【変な飼いヌシ図鑑No.013】愛犬についつい話しかけてしまう飼い主『コエカケタガリヌシ』

どれだけ一緒にいても、いつも可愛い愛犬。愛おしさと相まって、日に日に可愛さも増していきますよね。だからこそ、構いたくてたまらない、声をかけずにはいられない飼い主。その名も『コエカケタガリヌシ』を見つけました。今回は飼い主が愛犬にかける三大言葉をまとめています。皆さんもやってしまっていませんか?

過去の「変な飼いヌシ図鑑」はこちら

目次

  • ・ コエカケタガリヌシの生態《変な飼いヌシ図鑑013》
  • ・ WanQol読者のみなさんから「変な飼いヌシ」を募集中!

コエカケタガリヌシの生態《変な飼いヌシ図鑑013》

コエカケタガリヌシの生態《変な飼いヌシ図鑑013》

飼い主が愛犬にかける三大言葉。

1つ目はもちろん、「愛犬の名前」

なお、ちゃんと呼ぶことはない。

 

コエカケタガリヌシの生態《変な飼いヌシ図鑑013》

2つ目は間違いなく、「かわいい」

名前よりも言っているが、それでも

可愛すぎて正直言い足りない。

 

コエカケタガリヌシの生態《変な飼いヌシ図鑑013》

3つ目はこれだ、「どうしたの?」

犬はどうもしていないのに言う。

どうかしているのは飼い主の方だ。

 

コエカケタガリヌシの生態《変な飼いヌシ図鑑013》

WanQol読者のみなさんから「変な飼いヌシ」を募集中!

あなたの身近にいる”変な行動をとってしまう飼い主さん”を教えてください!絶賛連載中の企画「変な飼いヌシ図鑑」で紹介されるかも?「変な飼いヌシ図鑑」では、可愛い愛犬の前で謎の行動をとっている飼い主に「◯◯ヌシ」(例:赤ちゃん言葉で喋りかけてしまう▶︎アカチャンコトバツカイヌシ)という名前をつけてコレクションしていきます。

「変な飼いヌシ」に応募する


関連リンク

この記事に関連するキーワード