【獣医師監修】フレンチブルドッグはどんな犬?性格・特徴・しつけのコツ、かかりやすい病気などについても解説

【獣医師監修】フレンチブルドッグはどんな犬?性格・特徴・しつけのコツ、かかりやすい病気などについても解説

くしゃっとした顔にくりくりした瞳、こうもりのような形の耳(バットイヤー)がチャームポイントのフレンチブルドッグ。人間と一緒に遊ぶのが好きなので、飼い犬として親しまれやすく、古くは英国王エドワード7世など有名人にも愛されたことでも知られています。今回は、獣医師の箱崎加奈子先生に教えていただいた、フレンチブルドッグのルーツや性格、飼う上で注意すべき点などについて解説いきます。

フレンチブルドッグの歴史やルーツは?

フレンチ・ブルドッグ フレンチブルドッグのルーツはさまざまな説がありますが、1850年代のイギリスにさかのぼります。そのころ、イギリスの工業地帯で飼育されていたのが、10kg以下の小型のブルドッグ(トイ・ブルドッグ)。産業革命をきっかけに、イギリスからフランスへと渡ったトイ・ブルドッグを改良したのが、フレンチブルドッグと言われています。

 

1885年には、フランスのケネルクラブに「フレンチ・ブルドッグ」として登録されます。のちに、イギリスに逆輸入され、徐々にイギリス国内でも評価を得るようになりました。フランスではさらに改良が進み、現在に近い姿へとなったフレンチブルドッグは、日本に大正時代に輸入され、その頃から多くのフレンチブルドッグが飼われていたようです。

フレンチブルドッグの体高・体重、平均寿命は?

体高は、オスが27cm35cm、メスは24cm32cm。体重は、オスが9kg14kg、メスは8kg13kgが標準的な大きさとされています。全体的にがっちりしていて首から胸にかけては特に太く、引き締まった体格です。尻尾は生まれつきとても短く、尻尾で感情表現を読み取ることが出来ません。

 

また、平均寿命は10歳13歳と言われています。他の犬種と比べ病気にかかりやすいのでしっかりと日常的なケアをすることが重要になります。病気については後述します。

フレンチブルドッグの毛色の種類や被毛の特徴は?

豊富な毛色が魅力的なフレンチブルドッグ。フォーン、プリンドル、パイドが中心的な毛色です。

 

・フォーン…明るい茶色、濃い茶色

・ブリンドル…黒をベースに、茶色(フォーン)や白が部分的に入っている

・パイド…白をベースに、黒が部分的に入っている

・クリーム…全身が白に近い薄いカラー

・フォーン・アンド・ホワイト…白をベースに、茶色(フォーン)が部分的に入っている

 

他にも、白をベースに薄茶色のフォーンが入っているハニーパイドというめずらしいタイプのパイドがあります。顔周りが黒い「ブラックマスク」、足先が黒い「ソックス」、胸元に白い差し毛()が入っている「エプロン」など、毛色の種類は豊富で、それがフレンチブルドックの魅力のひとつになっています。

フレンチブルドッグの性格の特徴は?オスとメスで違いはあるの?

フレンチブルドッグの性格をひと言でまとめると、明るく活発。飼い主さんと楽しいことをするのが大好きです。ただし、闘犬系の血が入っており、フランスでは害獣を駆除する役割を担うためにテリアの血が導入されたことから、興奮しやすい一面もあります。基本的には、ほかの犬や人に対して友好的ですが、気が強いフレンチブルドッグもいるので、普段からよく観察し、その性格を知っておくといいでしょう。オス、メスによる性格の違いは特にありません。

フレンチブルドッグを飼うのに向いている人は?

パワフルな犬種なので、アウトドアに遊びに行くような方に向いています。明るく社交的な性格をしているので、仲間と集まって過ごすのを楽しみたいご家族にも合っているかもしれません。フレンチブルドッグの好奇心旺盛な性格と同じく、明るくてオープンな性格の飼い主さんが多く見られるようにも思います。

フレンチブルドッグの飼い方や生活上で注意すべきことは?

フレンチブルドッグは暑さや寒さなどに非常に弱い特徴を持っています。なので、夏場の暑い日に遊びすぎたり、エアコンが効きすぎている部屋に長時間過ごさせたりすることは基本的にNGです。また、季節ごとに抜け毛が多いので、こまめに部屋の掃除やブラッシングを行うようにしましょう。また、ブラッシングと合わせて、鼻の周りの部分の皮膚やしわの間に汚れが溜まっていないかは定期的に確認するようにしましょう。

フレンチブルドッグのしつけの開始時期とおすすめのトレーニングは?

吠えることは多くない犬種なので、マンションなどの集合住宅などでも飼いやすく、一緒にお出かけをするにもぴったりです。小型犬ではありますが、筋肉質でパワーがあるのでトレーニングやしつけが必要です。

 

ほかの犬に突進してケガを負わせることなく、ソフトに遊べるように、子犬期から社会化を意識したトレーニングを行うといいでしょう。成犬になるまでに、興奮のコントロールを目的とした「待て」や「呼び戻し」なども、マスターしておきましょう。攻撃性が出てしまう場合は、早めにトレーナーなどに相談してください。

フレンチブルドッグを散歩させる際に気を付けることは?

パワフルなフレンチブルドッグですが、運動量はほかの小型犬と同じで十分です。飼い主さんは短い時間でも愛犬と向き合って満足させてあげましょう。ただし、短頭種のフレンチブルドッグにとって暑さは大敵なので、夏場の散歩では熱中症に注意したいものです。散歩の際は呼吸器への負担を減らすために、首輪ではなくハーネスを使ってあげるといいでしょう。

フレンチブルドッグにおすすめの遊びは?

暑くない季節であれば、思いっきり外で走らせてあげてください。暑い日や外に出づらい日は、室内遊びをして楽しませてあげましょう。飼い主さんのことが大好きな子が多いので、ボール遊び、ノーズワーク、トリックなどで一緒に遊べると大変喜びます。

フレンチブルドッグの食事の注意点は?

フレンチブルドッグは非常に食欲が旺盛なため、肥満になりやすい傾向にあります。食事管理を怠ってしまうとすぐに太ってしまうため、栄養バランスの取れた食事を適正な量だけ与えましょう。肥満気味であれば、低カロリーのフードや良質なタンパク質を摂取しつつ、適正な運動を取り入れて適正体重を維持するようにしましょう。また、炭水化物の摂りすぎは肥満の原因となるため注意が必要です。

フレンチブルドッグがかかりやすい病気とその予防法は?

フレンチブルドッグは病気にかかりやすい犬種です。意外にも暑さや寒さが苦手だったり、皮膚が弱かったりと、とても繊細な犬なので、皮膚トラブルや皮膚疾患が起きないような食事を心がけたり、日々の体調チェックをしたりすることは欠かせません。また、たまに頑固な子だと、病気の疑いがあっても獣医に触られるのを拒んで診察させてくれない場合があります。日頃から、スキンシップをはかり、身体に触られることへの抵抗をなくしておくといいでしょう。以下にフレンチブルドッグがかかりやすい病気をまとめましたので参考にしてください。


熱中症

鼻が短く、口呼吸となるため、体温調節をすることが苦手です。そのため、夏場でなくても気温や運動後の体温上昇で熱中症や体調不良になってしまうことがあります。こまめな休憩と水分補給、冷感グッズなどで事前に対策をしましょう。


短頭種気道症候群

短頭種であるフレンチブルドッグは、鼻から気管の入口である喉頭にかけての気道が狭く、鼻腔狭窄症や、喉の奥にある軟口蓋が空気の通り道を塞いでしまう軟口蓋過長症などの呼吸器疾患にかかりやすいと言えます。

 

子犬期から、いびきをかくことや、口を開けて荒い呼吸をすることが多い場合は、早めに獣医師に相談をするといいでしょう。肥満によって症状はひどくなるので、体重管理をすることが予防になります。また、呼吸器に負担をかけるような過度の運動はさせないようにしましょう。首輪も避けてハーネスなどの胴輪を使ってお散歩をしてあげるのがおすすめです。


アレルギー性皮膚炎

フレンチブルドックは、肌が弱く、アレルギー性皮膚炎や膿皮症になりやすい犬種です。皮膚を清潔に保ってあげることが病気の予防になります。

 

食物アレルギーや、生活環境のハウスダスト、室内ダニなどが原因で、皮膚炎になるケースがよくあります。皮膚になにか当たって、その刺激から皮膚炎になる場合もあります。獣医師を受診し原因やアレルゲンがはっきりさせて、それを取り除く食事療法や対症療法で治療します。


膿皮症(のうひしょう)

膿皮症とは、ブドウ球菌の細菌感染で起こる皮膚炎です。赤いブツブツとした発疹が出現し、しだいにドーナツ状に拡がり放っておくと膿が出てにおいがするようになります。

抗菌作用のあるシャンプー療法を行いつつ、抗生物質を投与するのが一般的な治療法です。シャンプー後に保湿剤を使うなどして皮膚を保護してあげるといいですね。


椎間板ヘルニア

フレンチブルドッグは、生まれつき軟骨の変形を起こしやすく、椎間板ヘルニアになりやすい犬種です。椎間板が脊髄に向かって飛び出した状態が椎間板ヘルニアですが、脊髄が圧迫されると激しい痛みを伴います。抱き上げると悲鳴を上げたり、運動をしたがらなくなったりします。重症になると、後肢に力が入らずに歩行困難に陥ることもあります。腰に負担をかけるような激しい運動やジャンプは避けて、毎日少しずつ筋肉を鍛えることが予防につながります。ヘルニアの悪化を招く体重増加を避けるためにも、ゆっくりとしたお散歩を行いましょう。


その他

上記の他にも外耳炎や、肥満細胞腫、悪性リンパ腫などのがんを起こしやすい犬種です。悪性腫瘍の早期発見のためにも、定期的に超音波検査を含めた健康診断を受けるようにしましょう。

フレンチブルドッグの日常のお手入れで気を付けることは?

換毛期があり、抜け毛も多い犬種です。一般的には季節の変わり目が換毛期と言われていますが、一概には言えません。なので、毎日のスキンシップや、ボディチェックを兼ねてブラッシングは欠かさず行ってあげてください。また、肌トラブルの多い犬種ですので、スキンケアはしっかり行いましょう。特に顔のしわの部分には汚れが溜まりやすいので、蒸しタオルで拭いて、ケアしてあげましょう。

 

シャンプーは、10日から2週間に1度を目安に、皮膚のコンディション見ながら行ってください。定期的にサロンでのシャンプーをお願いすると、シャンプーの種類や頻度、スキンケアの方法などについて、アドバイスをもらえるかもしれません。


※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント

愛嬌のある見た目に加え、好奇心旺盛で快活な性格で、昔から多くの人を虜にしてきたフレンチブルドッグ。吠えることも少なく、元気いっぱいなので、一緒に過ごすことで多くの喜びをくれるでしょう。ただし、病気になりやすい一面を持つので、呼吸器疾患や皮膚病などに注意が必要です。暑さにもあまり強くないので、夏場は熱中症にならないように気をつけてあげましょう。日ごろからスキンシップをとって、注意深く観察してあげることが大切です。

監修/箱崎加奈子(獣医師、トリマー、ドッグトレーナー)

ペットスペース&アニマルクリニックまりも 病院長。獣医師でありながら、トリマー、動物看護士としての実務経験を持ち、ドッグトレーナースクールで学んだしつけの知識も豊富。ペットとその家族がラクに楽しく暮らすために、医療、ケア、生活面をサポート。獣医師(トリマー、動物看護士)が家族と共に、健康維持管理を行い、病気にならない身体つくり、病気の早期発見、未病ケアに努める0.5次医療を提唱。

監修者の他の記事一覧


関連リンク

【獣医師監修】犬の性格はいつ決まるの?犬種ごとの特徴や犬の性格を決める要因を解説
【獣医師監修】チワワってどういう犬?性格や飼いやすさ、しつけを始める時期や特徴について解説
【獣医師監修】柴犬はどんな犬?性格や飼いやすさ、しつけのコツや特徴について解説
犬が唸る理由とは?やめさせるためのしつけや唸っている時の感情について解説【獣医師監修】
【獣医師監修】犬の骨格ってどうなっているの?人間との違いや特徴、犬種ごとの差などについて解説

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る