【獣医師監修】犬の目が白いのは白内障? 症状や対処法、予防のコツ

【獣医師監修】犬の目が白いのは白内障? 症状や対処法、予防のコツ
愛犬の黒目が白く濁ってきたと感じたら、それは目の病気である「白内障」のサインかもしれません。白内障は、進行すると視力が衰えていく病気。愛犬の目の異常にはやく気がつくためにも、症状や対処法を学んでおきましょう。

白内障はどんな病気? かかりやすいのはどんな犬?

白内障は、眼球内でレンズの役割を果たす水晶体が、白く濁ってくる病気です。進行すると視力が低下し、水晶体の白さが増すほど視覚が衰えます。 愛犬が白内障になると、暗いところでぶつかったり、違和感によって目をこすったりする行動が見られるでしょう。進行すると緑内障を併発することもあるため、注意が必要です。

白内障は、7才以上の犬が発症することが多い病気です。犬種にかかわらず、どんな犬でもなる可能性があります。また糖尿病にかかっている犬や遺伝的に6才以前に発症する場合などもあります。

愛犬が白内障になったらどうすればいい?

白内障は初期の場合、点眼薬で進行を遅らせることができますが、根本的な治療ではありません。犬の白内障でも眼科専門の病院では手術を行なって治療することがあります。手術によって視力の回復が見込めるか、など手術の適応であれば実施されます。限られた病院でしか手術は出来ないので、まずはかかりつけの動物病院でよく相談し、必要に応じて眼科専門の病院へ紹介してもらうことが必要です。

愛犬がもし白内障になり視力が低下しても、徐々に進行していった場合は慣れた場所であればにおいを頼りに行動できます。散歩も慣れたコースで行ってください。 室内では、階段やソファから誤って転落しないよう、防止策を講じておくのがおすすめ。トイレや食事は決まった場所から変更せず、模様替えも控えるといいでしょう。

犬の白内障、予防と早期発見のコツは?

白内障を早期に発見するためにも、愛犬の目の輝きが少し鈍く感じたら、念のために検査を受けるといいでしょう。初期には特徴的な症状が見られにくいため、半年おきに検査を受けることで早期発見につながります。

また、白内障は糖尿病が原因で起こる場合もあります。食事管理などで肥満に気をつけ、糖尿病の予防もしっかり行いましょう。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント:

白内障は、はやめの健康診断で気づいてあげることが大切。愛犬が7才を過ぎたら定期的に受診し、小さな異変もキャッチできるようにしましょう。
愛犬が白内障を発症してしまったら生活環境を整えたり、獣医師とよく相談したりして治療方針を決めてあげましょう。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。


関連リンク

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード