• SOCIETY

実は危険がいっぱい!愛犬のイタズラ防止に役立つ生活空間の工夫

実は危険がいっぱい!愛犬のイタズラ防止に役立つ生活空間の工夫

人と犬がともに過ごす生活空間には、犬がイタズラをする危険のあるものが多く、誤飲・誤食などのトラブルにもつながるため、注意が必要です。そこで今回は、犬のイタズラ防止などに役立つ、生活空間の工夫についてご紹介します。

犬のイタズラ防止にはゲートを活用するのがおすすめ

犬のイタズラ防止には、犬の行動を制限する「ゲート」が役立ちます。キッチンや洗面所など、犬にとって危険なものが多い場所には、誤飲・誤食防止のためにも、入り口にゲートを設置しておきましょう。

また、犬が電気コードをかじってしまう心配がある場合は、ゲートを使って犬を近づかせない工夫をするのもいい方法です。

犬がイタズラをする危険のあるものは片付けておくことも大切

犬がイタズラをしそうなものは、はじめからきちんと片付けておくことも大切です。

例えば、犬がかじって遊びがちなスリッパなどは放置せず、履かないときは片付けておくのがおすすめ。また、犬があさってしまう危険のあるゴミ箱は、犬が届かない所に置き、ダイニングチェアは犬が上らないように、テーブルの中にしまう習慣をつけましょう。家族がいる場合は全員で意識して気をつけるようにしてください。

そのほか、ジョイント式のクッションマットは、犬がかじって食べてしまうおそれがあるので、かじりグセのある犬の場合は使わないようにしてください。

留守番中のイタズラ防止にはサークルを活用して

留守番中のイタズラが心配な場合は、飼い主さんが不在のときはフリーにせず、サークルの中で過ごさせるようにしましょう。

犬が過ごすサークルは、広めのものを用意するのがポイント。犬は排せつする場所の近くで、寝たり飲食したりしない傾向があるため、トイレと寝床・水飲み場はある程度距離をおいて設置してあげるようにしましょう。

なお、トイレシーツをビリビリに破ってイタズラしてしまう犬の場合は、メッシュつきのトイレトレーを使用するのがおすすめ。犬用ベッドを噛んでしまう犬なら、寝床はクレートにするといいでしょう。


関連リンク

これでお留守番上手に!愛犬を安心させる環境づくりのコツとは

短時間から長時間まで!時間の長さに合わせた犬の留守番対策を解説

まとめ:

愛犬のイタズラ対策には、しつけももちろん重要ですが、愛犬の安全のためにも、飼い主さんが“イタズラさせない環境”をつくってあげることが大切です。ただし、犬のイタズラの原因が実はストレスだったというケースもあるので、ふだんから運動不足やコミュニケーション不足にならないように注意し、それでも愛犬に気になる様子が見られる場合は、獣医師に相談してみましょう。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

ペットに関する情報を日々発信していきます。

詳しく見る

この記事に関連するキーワード