犬の耳掃除は必要?病気予防にも役立つ犬の耳掃除法&注意点

犬の耳掃除は必要?病気予防にも役立つ犬の耳掃除法&注意点
「犬に耳掃除は必要ない」という人がいますが、本当なのでしょうか? 今回は、犬の耳掃除の必要性やコツ、注意点などについて解説します。特にケアしたい犬種や、耳掃除の頻度についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

病気予防に?犬の耳掃除の必要性とは

外耳炎などの病気予防のためにも、耳掃除は犬にとって大切なお手入れです。しかし、見える範囲に耳アカがなければ、無理に耳掃除をする必要はないでしょう。

ただし、耳の垂れた犬種や長毛種の犬などは、外耳炎をはじめとする耳の病気にかかりやすい傾向があります。そのため、耳の中のチェックは毎日欠かさず行うことが大切です。

垂れ耳が特徴的なアメリカン・コッカー・スパニエルや、耳の毛が伸びやすいミニチュア・シュナウザーなどは、とくに注意してあげたい犬種といえるでしょう。

病気から守る!犬の耳掃除のコツ

犬の耳掃除をする前に、おさえておきたいコツをご紹介します。

耳の入り口の汚れやにおいをチェック

犬の耳をチェックしていて、入り口の汚れが気になったら、犬用の耳洗浄液をしみこませたガーゼを使い、親指で裏側を押しながら耳のシワの間の汚れを拭き取りましょう。
奥まで指を入れて拭き取ると、炎症を起こすおそれがあるので、見える範囲の汚れを拭き取るだけでOKです。
耳の中が赤くなっていたり、嫌なニオイがしたりするときは、動物病院で診察を受けてください。

綿棒はNG?犬の耳掃除の注意点

犬の耳掃除をするときは、以下の点に注意しましょう。

綿棒は絶対に使わない

綿棒を使って耳掃除をすると、耳道を傷つけたり、耳の奥に汚れを押し込んだりしてしまうおそれが。犬の耳掃除をするときは、綿棒は使わないでください。

耳の中をこすらない

強い力で耳の中をこすると、耳道を傷つけてしまい、外耳炎を引き起こす原因になります。
犬の耳の中は繊細なので、耳掃除をするときは耳の中を傷つけないよう、十分注意することが大切です。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント:

なお、個体差はありますが、犬の耳掃除は1カ月に1、2回くらいの頻度が目安。とくに汚れやニオイが気にならなければ、無理に行う必要はありません。正しい方法や愛犬に合った頻度で耳掃除をして、健康管理に役立てましょう!

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード