• SOCIETY

「家族だもの、ペットも一緒にお墓」へ希望が4割超

「家族だもの、ペットも一緒にお墓」へ希望が4割超

どんな命にも限りはあるもの、愛する家族・ペットも例外でなく、出会いがあれば別れがあることを考えておかねばなりません。このほどライフエンディングの総合サイト「ライフドット」を運営する株式会社エイチームライフスタイルが、「ペットの供養」に関する調査を実施しました。
対象は直近3年間で愛犬・愛猫が亡くなった経験をもつ20代~70代の全国男女で、2020年2月21日~2月29日にインターネットアンケート方式で調査を行い、660の有効サンプルを得ています。





後悔しないために、考えておきたい“ペットの供養”

ペットロスもしばしば話題になる時代、多くの愛犬・愛猫家の皆さんは、辛い別れをどのように受け止め、向き合おうとしているのでしょうか。

まず、遺体の処理方法ですが、トップが「民間施設での火葬」で45.8%、次いで「公営施設での火葬」の26.1%でした(図1)。「民間の訪問火葬業者を利用した」人も10.9%あり、8割以上の人が火葬を選択していました。かつてはそのまま土に埋めるケースも多かったものの、近年は火葬が主流になっているようです「自宅の庭に土葬」したという人は、全体の12.1%にとどまりました。

では、火葬後の遺骨や遺灰については、どうしているのでしょう。該当者552人に回答を求めたところ「ペット専用霊園で合葬した」が173人で最も多く、次いで「自宅で手元供養した」の152人、「ペット専用霊園で個別埋葬した」の96人となりました(図2)。 ペット専用霊園の利用者が269人と、半数近くにのぼりましたが、手元供養の人気が示すように、より自分の近くに置いておきたい、ずっとそばに感じていたいという人も多いようです。「自宅の庭に埋葬・散骨した」という人も65人みられました。 一方で、「民間霊園でペット専用区画に埋葬した」人が67人であったのに対し、「民間霊園で人間と一緒に埋葬した」人は29人と少なく、一般の民間霊園になると、人とは別の区画が選択される傾向にあることが分かりました。




費用以上に気になるのが「場所」!よく知らずに決めると後悔につながることも

ペットの供養方法を考えるときに、最も重視したポイントを全員に尋ねた結果では、「場所」が最も多く38.9%で、「費用」の25.0%を大きく上回りました(図3)。いかにかけがえのない存在であったかがうかがわれます。

では霊園などを利用している場合、どのくらいの頻度でお墓参りに向かわれているのでしょうか。回答を求めると、年1回未満が35.8%、年に1~2回が40.4%となり、全体の約4分の3の人は年1回前後のペースと、さほど高い頻度ではないことが分かりました(図4)。 一方で、年5~12回訪れるという人が6.7%あったほか、それ以上という人も4.9%みられ、かなり頻繁に足を運んでいる人も一定数います。

最も重視したポイントでは2位でしたが、やはり気になる費用については、どの程度かけているのでしょうか。すると「1万円未満」が22.0%、「1万円以上5万円未満」で37.6%と最多になり、「5万円以上10万円未満」が15.8%でした。5万円未満で約6割、10万円未満で7.5割、約4分の3が該当している結果です(図5)。 合葬や手元供養を選択する人が多かったことから、費用も5万円未満といった額で収まっているとみられます。しかし、別に墓石を建立するなどすれば、費用も高額になるでしょう。そうしたケースか、よりまとまった金額をかけた人も少数ながら存在し、「50万円以上100万円未満」で1.5%、「それ以上」も0.5%みられました。

どのように供養するとしても、悔いを残さないことが何より大切です。そこで選んだ供養方法の満足度を尋ねたところ、「かなり満足している」人が23.6%、「ほどほど満足」で39.8%、「普通」が32.6%となり、大半の人は大きな不満なく対応できていることが判明しました(図6)。 きちんとお別れができたなど、大切に扱われたことに満足する声が多く寄せられています。これに対し、「あまり満足していない」、「まったく満足していない」とした4.0%の人は、なぜ不満を抱く結果になってしまったのでしょうか。 理由で最も多かったのは「あまり考えずに決めてしまったから」の10人、次いで「利用したサービスに満足しなかったから」の9人でした。ショックの大きい中で、内容を精査して決めるのは大変なことですが、やはり検討が不十分なまま進めてしまうと、その内容にあとあと後悔が残る結果となりやすいようです。

近年は、ペットを大切な家族の一員として認める向きも強まっていることから、「ペットと人間が一緒に入れる霊園・墓地」が増えています。この存在について、知っているかどうか尋ねたところ、「知っている」人が55.2%、「知らない」人が44.8%と、やや認知している人が上回ったものの、およそ半々で、まだまだ知らない人も多いことが分かりました(図7)。

こうしたペットと一緒のお墓について、自身が利用したいと思うか、どの程度入りたいと思うか続けて尋ねると、「是非入りたい」人が全体の20.0%、「まあ入りたい」が23.0%でした。「どちらでもよい」人が36.6%と最多になりましたが、これを除くと、入りたい意向をもつ人が多くなっています(図8)。 入りたい理由では、やはりペットは家族の一員だからという回答が最も多く、人々がいかに深い愛情をもって接してきたか、失ってなおその存在がどれほど大きいものであるかが如実に表れる結果となりました。


関連リンク

→株式会社エイチームによるプレスリリース(PR TIMES)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001625.000001348.html

 

わんクォール編集部

わんクォール編集部

ペットに関する情報を日々発信していきます。

詳しく見る