• LIFE

知っておきたい!ドッグランを利用するときの正しいマナー

知っておきたい!ドッグランを利用するときの正しいマナー

ドッグランなどで愛犬を思いきり走らせることは、犬の本能を満たし、運動不足やストレス解消などにもつながるため、しつけが一通り終わったら、定期的に連れて行ってあげるといいでしょう。今回は、ドッグランを利用する際のマナーについてご紹介します。

ドッグランのマナー(1)ルールは事前に必ず確認する

利用するドッグランのルールを守ることは、事故やトラブルを防ぐためにも非常に重要です。狂犬病ワクチンや混合ワクチンの接種証明書の持参や、施設内での飲食禁止など、ドッグランのルールは施設ごとに異なるため、事前に必ず確認しておくようにしましょう。

ドッグランのマナー(2)飼い主さんの目の届く範囲で遊ばせる

ドッグランでは、たくさんの犬が遊んでいます。犬どうしの交流はもちろん大切ですが、開放感で興奮しすぎると、ほかの犬とケンカになってしまうおそれがあるので注意しましょう。ドッグランを利用するときは、飼い主さんの目の届く範囲で遊ばせることが大切です。


関連リンク

しつけの基本! 愛犬に教えておきたい5つのコマンドをご紹介

ドッグランのマナー(3)愛犬の排せつ物はきちんと処分する

ウンチやオシッコのマナーは、ふだんの散歩と同じです。ウンチは基本的に持ち帰りですが、回収ボックスなどが設置されている場合は、処理袋に入れたうえでボックスに処分してもいいでしょう。また、愛犬がオシッコをしたときは、水で流した後にトイレシーツで吸い取り処理するのがおすすめです。


関連リンク

子犬の初めてのお散歩!スタート時期や必要なものなどを解説

犬の散歩の心得やマナーを伝授!これを守れば「デキる飼い主」!?

ドッグランのマナー(4)持ち込めるおもちゃのサイズを確認する

ドッグランに持ち込んだおもちゃのサイズが小さすぎると、ほかの犬が飲み込んでしまうおそれがあります。持ち込むおもちゃの大きさに十分配慮するのはもちろん、おもちゃのサイズを測る測定器がドッグランにある場合は、それを利用して小さすぎないかをチェックしましょう。

なお、おもちゃの持ち込みを禁止しているドッグランもあるので、持ち込む際は事前の確認が必要です。

まとめ:

マナーやルールを守ってドッグランを利用すれば、愛犬にとっても飼い主さんにとっても、とても楽しいひと時になるはず。きちんと水分補給させながら、愛犬を思いきり遊ばせてあげましょう!

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

ペットに関する情報を日々発信していきます。

詳しく見る

この記事に関連するキーワード