【型紙不要】愛犬用手作りサンバイザーで紫外線・熱中症から守ろう!

ヤマザキ動物看護大学准教授。博士(獣医学)。専門は獣医動物行動学。大学で教育研究活動の傍ら、動物病院でもしつけや問題行動のカウンセリングを行う

【型紙不要】愛犬用手作りサンバイザーで紫外線・熱中症から守ろう!

犬は、明け方と夕暮れに活発に活動する、「薄明薄暮性」(はくめいはくぼせい)です。暗がりでも多くの物を見ることができる目の構造をしています。一方、紫外線を通しやすくもあり、紫外線を長時間浴びせてしまうと、目の病気を発症する危険性が高くなります。

お散歩に行く際には、愛犬に帽子などを被せて紫外線を予防してあげましょう。また、ひんやり素材を使えば、熱中症対策にもなりますね。

愛犬の耳の位置に合わせたり、つばの大きさもぴったりのサイズで作れるのが、手作りのメリット。1時間くらいで出来上がるので、是非作ってみてください♪

【動画】愛犬の日除けに使える、サンバイザーをハンドメイド


【材料・道具】市販のマスクや古着ジーンズを活用した愛犬用サンバイザー

【材料・道具】市販のマスクや古着ジーンズを活用した愛犬用サンバイザー

<材料>

  • お好きな生地(40cm×40cm〜)

今回は、カインズのアクティブマスクと古着ジーンズを使いました。

 

愛犬用サンバイザー 材料 カインズのアクティブマスク

こちらのアクティブマスクは、

  • ひんやり気持ちいい接触冷感
  • 汗を吸ってすぐ乾く吸水速乾
  • 菌の増加を抑制して、臭いを抑える抗菌防臭
  • 紫外線をガードするUV対策 

という特徴があるので、暑い夏にはぴったりです。

カインズのアクティブマスクにアイロンをかける

アクティブマスクを使う際は、素材が柔らかく縫いにくいので、予め裏に接着芯を貼ってから作業すると作成しやすいです。

市販のマスクや古着ジーンズを活用した愛犬用サンバイザー

左:ジーンズのリメイク帽子
右;ひんやり接触冷感マスクで作った帽子

愛犬用サンバイザー 道具 ゴム 接着芯愛犬用サンバイザー 道具 アイロン ハサミ  定規 皿

<道具>

  • ゴム(少し太めのものが縫いやすいです)
  • 接着芯
  • マジックテープ
  • ミシン
  • アイロン
  • ハサミ
  • 定規
  • お皿など(型を取る際に使います)

次のページ

4ステップで作る愛犬用サンバイザー
1 2

監修/茂木千恵先生(獣医師)

監修/茂木千恵先生(獣医師)
博士(獣医学)。専門は獣医動物行動学。大学で教育研究活動の傍ら、動物病院でもしつけや問題行動のカウンセリングを行う。フジテレビ系列「モノシリーのとっておき」、日本テレビ系列「志村どうぶつ園」などに動物行動学コメンテーターとして出演。雑誌「Shi-ba」(辰巳出版)などの記事監修も多数担当している。

監修者の他の記事一覧


この記事に関連するキーワード