万が一に備えて!災害時に愛犬と同行避難するために知っておいてほしいこと

万が一に備えて!災害時に愛犬と同行避難するために知っておいてほしいこと
災害時、ペットは飼い主さんと一緒に避難する「同行避難」が原則。いざ愛犬を連れて避難するときパニックにならないよう、事前にシミュレーションをしておくことが大切です。そこで今回は、愛犬と「同行避難」するうえで知っておきたいポイントをご紹介します。

愛犬を守るのは“飼い主さん自身”の自覚を

犬を抱っこする女性

近年、ペットの「同行避難」に対する理解や対策は進みつつありますが、まだまだ各自治体の対応にはバラツキがあり、状況次第ということも多いのが現状です。災害時、愛犬を守れるのは“飼い主さん自身”であるという自覚をもち、できる限りの対策をしておきましょう。

避難ルート・避難方法を確認しておく

散歩している犬

指定の避難所の場所や、そこに行くまでのルートを家族みんなで確認しておきましょう。建物の倒壊なども想定して、複数のルートを確保しておくことが大切です。また、いざ愛犬を連れて避難する際、荷物を持った状態で愛犬をどのように連れて行くのかも確認しておきましょう。小型犬はキャリーバッグに入れる、中~大型犬は万が一のときにリードを離してしまわないようリードを斜めにかける・腰に装着するなどの工夫をするとよいでしょう。機会があれば、ぜひ自治体の避難訓練にも愛犬と一緒に参加してください。

愛犬の健康状態も気にかけて

抱っこされる犬

避難所には、負傷した動物のために獣医師会などによる動物救護所が設置される場合もあります。見た目ですぐにわかるようなケガがなくても、災害時はさまざまなストレスから体調を崩すこともありますので、愛犬の体に異常を感じたらすぐに動物救護所などに相談しましょう。

飼い主さんどうしの“助け合い”や“自助努力”が大切

飼い主と犬が集まっている

大規模災害時、公的な援助は人の対応に追われます。そのため、ペットにまつわる避難所の管理運営は、動物を連れてきた飼い主さんたち自身の役割となる場合が多いです。飼い主さんどうしで協力して、配給物資の確保や飼育スペースの衛生管理を行いましょう。避難所には動物が苦手な人もいますので、まわりへの配慮が大切です。非常時には飼い主さんどうしの助け合いが必要ですので、近所に住む犬の散歩仲間などと、「もしも」のことを話し合う機会をもてるといいですね。

専門家のコメント:

災害はいつ起こるかわかりません。万が一被災した場合にも落ち着いて避難行動がとれるように、ふだんから家族や犬仲間とも、愛犬との「同行避難」について話し合っておきたいですね。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。


関連リンク

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード