【獣医師監修】犬の糖尿病とは?原因・症状・治療や予防法を解説

【獣医師監修】犬の糖尿病とは?原因・症状・治療や予防法を解説

犬の「糖尿病」には日々の生活習慣が大きく影響しています。どんな犬でもかかる可能性がある病気なので、正しい知識をもつことが大切です。今回は、犬の糖尿病の症状、原因とかかりやすい犬、治療方法や予防・早期発見のポイントについて解説します。

犬の糖尿病の症状とは

糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンの作用が不足して起こる病気です。インスリンは血糖値を下げる働きを担っているため、不足すると体に必要な糖が吸収できなくなり、水をよく飲む・食欲はあるのにやせる・太っていたのに急にやせてきた、といった症状がみられます。
また、糖尿病がもとで、白内障や腎不全などの合併症を引き起こす場合もあります。

糖尿病の原因は?かかりやすいのはどんな犬?

糖尿病のおもな原因は遺伝と肥満です。遺伝的な要因で糖尿病を発症するケースもありますが、どんな犬でも発症する可能性があり、とくに太っている犬ほどリスクが高くなります。
そのほか、歯周病や精神的ストレスも、糖尿病を引き起こす原因としてあげられます。また、ステロイドホルモンの過剰分泌が起こる副腎皮質機能亢進症がある場合も、糖尿病を併発することが多いです。

犬の糖尿病を治療するには

糖尿病は一度発症すると完治できない病気です。もしも糖尿病になってしまったら、薬や注射による治療を一生続けなければなりません。とくに、血糖値をコントロールするためのインスリン注射は、毎日飼い主さんが打ってあげる必要があります。
食事管理も大切になってくるので、獣医師の指示を受けながら日々のお世話を行うことが非常に重要です。

犬の糖尿病を予防・早期発見するには

糖尿病を予防するためにもっとも有効なのは、食事管理と適度な運動です。日々の食生活に気を付けて、太らせないように心がけてください。
また、糖尿病を早期発見するうえで重要な観察ポイントは、「水をよく飲む」「おしっこが多い」という症状です。愛犬の飲水量に気を付けて、水の減りが以前よりはやくなっているなと思ったら検査を受けましょう。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント

近年は食生活の変化で肥満の犬が増えており、糖尿病を発症してしまう犬も増加傾向にあります。日々の食事や運動で健康的な体型を保ちながら、愛犬の健康観察も欠かさないように心がけましょう。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード