• BREED

運動大好きダルメシアン!特徴・性格・かかりやすい病気などを解説

運動大好きダルメシアン!特徴・性格・かかりやすい病気などを解説

斑点模様が特徴的なダルメシアン。有名なアニメ映画のモチーフになっていることもあり、世界的に広く知られている犬種です。今回は、このダルメシアンを解説!性格や特徴、かかりやすい病気などを、細かくご紹介します。

ダルメシアンってどういう犬?歴史や犬種の特徴

見た目がかっこいいダルメシアンですが、その歴史はかなり古いようです。古代エジプトの壁画や1360年ごろのイタリアの壁画に描かれていたり、さらにはアジアやアフリカなどにも痕跡が残されていたり……。そういった軌跡から、昔は移動民族と共に世界各地を巡っていたのではないかと考えられています。
その後は、猟犬や馬車を警護する役割をもち、人のよきパートナーとして働いていたようです。

各地を移動する生活をしていた歴史から、ダルメシアンは長距離移動が得意で、体力がある犬種です。そのため、運動量を十分に確保する必要があります。毎日のお散歩に加え、体を使って遊ぶ時間をつくったり、ドッグランで満足いくまで走らせたり、たくさん運動ができるように配慮してあげましょう。

ダルメシアンのカラーやチャームポイント

ダルメシアンのチャームポイントといえば、その模様。白地に黒い斑点をちりばめたブラック×ホワイトのカラーが一般的です。ファッションにおいてのダルメシアン柄も、ほとんどがこの配色。しかし、実は白地に赤茶色の斑点をもつ、レバー×ホワイトというカラーも存在します。斑点の茶色が濃ければ、ブラウン×ホワイトです。あまり見かけませんが、こちらもかわいらしいですね。
また、斑点模様はすべての個体で異なるため、複数のダルメシアンで比べてみるのもおもしろいですよ。

ダルメシアンの特徴の1つである引き締まった体も、とても魅力的!全体的に筋肉質で腰回りがきゅっと細いため、とてもスレンダーでスタイリッシュ。しっぽも細長く引き締まっています。

ダルメシアンがかかりやすい病気

ダルメシアンは、緑内障にかかりやすい傾向があります。緑内障は、眼球内部の圧力が高まり、徐々に視力が低下していく病気です。
犬は「目が見えにくい」ということをアピールしてくれないため、普段のしぐさから飼い主さんが判断するしかありません。まぶしそうなしぐさをする、目の大きさが左右で違う、こういった症状があらわれたら視力低下の合図かも。すみやかに動物病院で診察を受けましょう。

そのほか、ダルメシアンは尿路結石症にもかかりやすいといわれています。特にダルメシアンの場合は、尿酸塩結石ができやすい傾向にあります。

また、先天性聴覚障害が多く、これはダルメシアンの特徴であるその色素の遺伝子によるものです。耳が聞こえにくい場合、周囲の状況を把握しにくく、警戒心が強くなったり怖がりな性格になったりするケースもあります。

まとめ:

目立つ斑点模様をもち、エネルギッシュな性格が魅力的なダルメシアン。たくさん運動ができる環境をつくってあげることが、ダルメシアンと楽しく暮らしていくコツですよ。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

ペットに関する情報を日々発信していきます。

詳しく見る