【獣医師監修】犬に去勢手術は必要?メリット・デメリットなどを解説

【獣医師監修】犬に去勢手術は必要?メリット・デメリットなどを解説

犬の去勢手術は必ずしもしなければならないものではないので、手術のやり方や費用、メリット・デメリットなどを比較しながら検討するのがおすすめです。そこで今回は、犬の去勢手術のやり方やメリット・デメリット、手術するのに適正な時期などについて解説します。

犬の去勢手術ってどんな手術?

去勢手術とは、犬の精巣を取り除くことで、繁殖能力をなくす手術です。通常は1時間もかからない手術で傷口も小さく済みます。しかし全身麻酔が必要となるため、手術前には麻酔を安全にかけることができるのか、検査する必要があります。

なお、動物病院にもよりますが、去勢手術の費用の目安は4万円前後。預けた当日に手術をして、翌日に退院するケースが多いようです。

犬の去勢手術のメリット・デメリット

犬の去勢手術には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

去勢手術のメリット

  • 早めに手術を行うことで、マーキングなどの雄特有の問題行動を予防できる場合がある
  • 精巣腫瘍や前立腺肥大、肛門周囲腺腫、会陰(えいん)ヘルニアといった病気の予防につながる
  • しつけのトレーニングがしやすくなる
  • 発情に伴う興奮やストレスを予防できる など

去勢手術のデメリット

  • 繁殖(交配)が不可能になる
  • 太りやすくなることがある など

犬の去勢手術の時期

犬の去勢手術の適正な時期は、性成熟する前の生後5~9ヵ月くらいです。また、マーキングを始める前(生後6カ月くらい)に去勢手術を受けることで、マーキングを予防しやすくなるともいわれているので、去勢手術を受けると決めたら、なるべくはやく獣医師に相談するようにしましょう。

ただし、大型犬の場合は、去勢手術を受けるタイミングがはやすぎると、骨の成長バランスが崩れてしまうことがあります。最低でも生後10ヵ月くらいまで待ってから去勢手術を行うのが一般的ですので、獣医師と相談しながら時期を決めると良いでしょう。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント

去勢手術を受けるかどうかは飼い主さんの考え方次第ですが、精巣が陰嚢内におさまらずその手前にとどまっている停留睾丸(ていりゅうこうがん)の場合は、将来腫瘍化するリスクが高いため、去勢手術を受けることが推奨されます。この病気は遺伝性でもあるので、繁殖に用いることもよくありません。

去勢手術は犬との生活や健康に関わるとても重要な手術ですので、雄犬を飼う場合にはメリットやデメリットを知ってしっかりと検討しましょう。迷いや疑問がある場合にはまわりの雄犬を飼っている知り合いに聞いてみたり、獣医師ともよく相談したりしましょう。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。


関連リンク

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード