初めてでも安心!「犬の歯磨き」基本のやり方やコツ、嫌がるときの対処法をご紹介

初めてでも安心!「犬の歯磨き」基本のやり方やコツ、嫌がるときの対処法をご紹介

犬の歯周病などの予防に欠かせない、犬の歯磨きの基本的なやり方について解説します。歯ブラシに慣れさせる方法や歯ブラシの動かし方、そして犬が歯磨きを嫌がるときの対処法など、犬の歯磨きに関するFAQをピックアップしてご紹介します。愛犬の歯磨きが初めてのかたは必見です!

まずは犬を歯ブラシに慣れさせよう

初めて愛犬の歯磨きをするときは、まずは歯ブラシに慣れさせることが大切です。最初はおやつなどを与えながら、少しずつ飼い主さんの指で愛犬の歯にふれます。愛犬の唇をめくって奥の方の歯にもさわれるようになりましょう。少しずつでも毎日続けることが大切ですよ。

指で全体をさわれるようになったら、今度は指にガーゼや歯磨きシートを巻いてやってみます。それにも慣れたら、いよいよ歯ブラシに挑戦です!歯ブラシを少し口にあて、できたらごほうびを少しあげます。これを繰り返し、少しずついろいろな歯を磨けるように慣れさせていきましょう。

毎日続ける習慣をつけますが、はじめは「3日かけてすべての歯を磨く」程度を目標にのぞみましょう。愛犬の様子に合わせて、あせらず慣れさせていきましょうね。


関連リンク

歯磨きシートだけでケアできる?犬のデンタルケアグッズに関するFAQ

犬が歯磨きを嫌がるときの対処法は?「犬の歯磨きFAQ」をご紹介

犬の歯ブラシの動かし方を知っておこう

犬の歯を磨くときは、歯に対して歯ブラシの角度を45度にするのが基本です。そして、歯と歯茎の間の溝(歯周ポケット)をきれいにするようなイメージで磨いていきましょう。

歯と歯茎の境目あたりを、歯ブラシで軽く左右に動かしてマッサージするように磨き、歯周ポケットの汚れをかき出すのがポイントです。


関連リンク

約80%が歯周病?犬の歯磨きの頻度やコツ・注意点を知って予防しよう

基本的な犬の歯磨きのやり方を知ろう

歯ブラシに慣れさせる方法や、歯ブラシの動かし方がわかったところで、最後は基本的な犬の歯磨きのやり方(手順)について見ていきましょう。

歯磨きのやり方(手順)

  • 犬用の歯磨きジェルやペーストをつけた歯ブラシをなめさせ、歯に当てても嫌がらずに落ち着いていられたら、「イイコ」とほめましょう。
  • まずは汚れやすく、比較的磨きやすい犬歯から磨きます。犬歯に歯ブラシを当て、数回左右に動かしましょう。残りの3本の犬歯も同様に磨いてください。
  • 次に、唇の横から歯ブラシをすべりこませ、上の一番大きな歯(第4前臼歯)を磨きます。このとき、歯と歯茎の境目を重点的に磨くのがポイントです。
  • 下のいちばん大きな歯(第1後臼歯)を磨きましょう。頬の肉を少し持ち上げるようにすると磨きやすくなります。反対側の歯も同様に磨いてください。
  • 残りの歯も同様に磨いていきます。ここまでで犬が飽きて落ち着かなくなってきたら、一度やめて発散させるか、翌日に磨けなかった歯から始めるようにしましょう。

歯磨きの頻度

個体差はありますが、犬の歯垢はだいたい3~5日で歯石にかわります。歯石になると歯磨きでは落とせなくなるので、歯垢が歯石になる前に歯磨きをすることが大切です。
理想は毎日、少なくとも3日に1回の頻度で歯磨きをするようにしましょう。

なお、歯と歯茎の間に歯石が溜まると、歯肉炎や歯周病などの病気にかかってしまうおそれがあります。これらの病気が重症化すると、細菌の増殖や炎症が深部にまで及び、顔の一部に穴が開いてしまうケースもあるので、十分注意が必要です。

犬の歯磨きをするときのコツは、以下のとおりです。

歯ブラシを45度の角度であててやさしく磨く

最初は口を閉じたまま、横側から犬用歯磨きペーストをつけた歯ブラシを、口の中に入れます。そして、犬が嫌がらなければ上唇をめくり、歯と歯茎の間の歯垢をかき出すように磨きましょう。その際、歯に対しての角度が45度になるよう、歯ブラシをあてるのがポイント。やさしく動かしながら磨き進めてください。

歯の裏の歯垢も磨いて落とすのが理想的

口を大きく開けさせて奥歯まで磨くのは難しいかもしれませんが、歯周病予防のためには奥歯の裏側までしっかり磨くことが理想的です。おやつを与えながらでよいので、奥歯の歯磨きにも慣れさせましょう。

ガーゼを巻いた指で磨くのも◎

飼い主さんの人差し指にガーゼを巻き、その指で犬の歯の表面をこするのでも、歯磨き効果を得られます。磨きにくい部分を磨くときや、歯磨きが苦手な犬の場合は、この方法に慣れてから、歯ブラシを使った歯磨きにステップアップするのもよい方法です。

犬の歯磨きをする際の注意点は、以下の通りです。

人用の歯磨きペーストは絶対に使わない

犬に人用の歯磨きペーストは使えません。また、人用の歯磨きペーストによく配合されているキシリトールは犬にとって有害ですので、必ず犬用のものを使いましょう。

力の入れすぎは歯や歯肉を傷つける

強い力で歯を磨くと、犬が痛みを感じて嫌がるうえ、歯の表面や歯肉を傷つけてしまうおそれが。歯の表面のエナメル質が欠損すると、細菌に感染しやすくなるので注意が必要です。

愛犬が歯磨きを嫌がるときの対処法は?

歯ブラシを見ただけで嫌がって逃げてしまう場合は、磨く力が強くて痛いなど、歯ブラシに対して嫌な印象をもっている可能性があります。無理に歯ブラシで磨こうとすると、ますます歯磨き嫌いになってしまうことがあるので、まずは、飼い主さんの指を使ってやさしく磨くことから始めてみましょう。

指で磨くときのポイント

指に犬用の歯磨きシートやガーゼなどをしっかりと巻きつけてから、そこに犬用の歯磨きジェルなどをつけて、愛犬にニオイを嗅がせて興味をもたせます。そして、口の横側からすべりこませるようにして指を入れ、ときどき歯磨きジェルを足しながら、やさしくこするように磨きましょう。

指で磨くことができたら、愛犬をしっかりとほめてごほうびをあげます。最初は少しでもできたらほめてごほうびをあげて、少しずつ歯全体をさわれるようにしていきましょう。
これを繰り返して口の中のケアに慣れてきたら、歯ブラシを使った歯磨きに挑戦してみてください。

キシリトールが犬の歯によくないって本当?

犬用のオーラルケア用品にも使われているキシリトール。適量であれば問題ありませんが、一度に多量与えると低血糖や肝臓の病気になるおそれがあります。最悪の場合は死に至ることもあるので、人用のオーラルケア用品は犬に使用しないでくさい。


関連リンク

約80%が歯周病?犬の歯磨きの頻度やコツ・注意点を知って予防しよう

アレルギー体質の犬にもできる歯磨き方法は?

愛犬がアレルギー体質の場合は、歯磨きジェルなどが使えないことがありますが、歯ブラシだけでも十分歯磨き効果は得られます。歯ブラシを水でぬらして、やさしくしっかり磨いてあげてください。

歯ブラシを嫌がる場合は、飼い主さんの指に水で濡らしたガーゼを巻きつけて、歯の表面をやさしくこするように磨きながら、口の中をさわられることに慣らしていきましょう。

きちんと歯磨きができているか心配なときは?

歯磨きが終わったあとに愛犬の歯を指で触り、ツルツルしていれば汚れは落ちています。一方、さわったときにザラザラ・ネバネバしているなら、まだ汚れが残っていると思われます。

しっかりと磨いても落ちない汚れは、歯石になっているということも考えらえるので、一度動物病院で診てもらってください。


※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント

毎日歯磨きをしていたのに、歯の裏の汚れが取りきれていなかったため歯周病が重症化したケースも見られます。歯の外側が磨けるようになったら、裏側もしっかり磨くようにしましょう。犬の歯磨きは、病気予防にも役立つ大切なお手入れです。愛犬が歯磨き嫌いな場合は、デンタルシートを使ったり、ごほうびをあげたりしながら、少しずつ慣れさせます。気になる疑問やお悩みがある場合は、かかりつけの獣医師に相談することも大切です。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード