• GLOSSARY

ゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバー

世界中で愛されている、ゴールデン・レトリーバー。性格や外見の特徴、かかりやすい病気などを解説します。

ゴールデン・レトリーバーの性格や外見の特徴

大型犬に分類されるゴールデン・レトリーバー。とても頭がよく、性格は優しく温和です。飼い主さんの気持ちに寄り添い、理解と共感を示してくれるなど、まるで人のような性質をもっています。

ゴールデン・レトリーバーの毛色には、明確な名称や区別がありません。濃淡の差はありますが、茶色系統の個体がほとんどです。

ゴールデン・レトリーバーをしつけるときのコツ

ゴールデン・レトリーバーは、成長するとかなり力が強くなるため、しつけははやい時期から始めるのがおすすめです。賢い犬種なので、簡単なコマンドはよく覚えてくれるでしょう。

また、かつて猟で撃ち落とされた鳥をくわえて運ぶ仕事をしていたゴールデン・レトリーバーは、「〇〇を持ってきて」などの遊びが得意です。飼い主さんの役に立ちたいという気持ちが強い犬種なので、指示をクリアできたらたくさんほめてあげると喜びますよ。


関連リンク

しつけの基本! 愛犬に教えておきたい5つのコマンドをご紹介

ゴールデン・レトリーバーがかかりやすい病気

ゴールデン・レトリーバーは、股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)になりやすいといわれています。発症すると痛みが出て歩き方が不自然になるため、愛犬の歩き方がいつもと違うと感じたら、動物病院で検査をしてもらってください。

また、ゴールデン・レトリーバーは、悪性腫瘍(がん)にかかりやすい犬種としても知られています。ふだんからこまめにスキンシップをとり、できものや腫れの有無をチェックする習慣をつけましょう。


関連リンク

【獣医師監修】犬の「股関節形成不全」症状・原因・治療法について

【獣医師監修】毎日3分!病気の早期発見に役立つ愛犬の健康チェック法

【獣医師監修】犬の健康診断はなぜ必要?頻度・費用・検査内容を解説

【獣医師監修】犬の「がん」とは?診断されたらどうすればいい?

まとめ:

飼い主さんへの愛情にあふれているゴールデン・レトリーバー。飼い主さんも愛犬の気持ちにこたえて、たっぷり愛情を注いであげてくださいね。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

ペットに関する情報を日々発信していきます。

詳しく見る