• GLOSSARY

フレンチ・ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグ

ピンと立った耳や、愛嬌のある顔立ちが魅力的なフレンチ・ブルドッグ。性格や外見の特徴、かかりやすい病気などを解説します。

フレンチ・ブルドッグの性格や外見の特徴

ニコニコ笑っているような表情をしているフレンチ・ブルドッグは、見た目通り友好的で、とても人なつっこい性格です。ただ、闘犬であるブルドッグの血を受け継いでいるため、興奮しやすい面もあります。

フレンチ・ブルドッグのカラーは、とても多彩。白ベース、茶色ベース、黒ベースなど、個体によってかなり差があります。

フレンチ・ブルドッグをしつける際のコツ

闘犬としての血が騒ぐのか、興奮しやすい性質があるフレンチ・ブルドッグ。遊びに夢中になると、飼い主さんの言うことが耳に入らなくなることがあるため、興奮しきってしまう前に「お手」「お座り」などでこまめにクールダウンさせてあげましょう。
フレンチ・ブルドッグは食欲旺盛な個体が多いので、しつけの際はフードを活用するのがおすすめですよ。


関連リンク

しつけの基本! 愛犬に教えておきたい5つのコマンドをご紹介

愛犬が「待て」を覚えるとこんなにいい子に! 使い方の例をご紹介

フレンチ・ブルドッグがかかりやすい病気

フレンチ・ブルドッグは、遺伝的に「椎間板ヘルニア」になりやすい犬種です。発症すると、背中の痛みや後ろ足の麻痺などの症状が出ます。肥満になると足腰の負担が増加するため、フレンチ・ブルドッグを飼育する際は、食事管理・体重管理を常に意識しましょう。

また、フレンチ・ブルドッグは皮膚が弱い個体が多いのも特徴。顔のしわの間に汚れがたまると皮膚炎になりやすいため、こまめなお手入れが欠かせません。フケが多く出る、かゆがるしぐさをするなどの症状が出たら、動物病院で診察を受けてください。

まとめ:

キュートで元気なフレンチ・ブルドッグ。性格や犬種の特性をよく理解して、毎日楽しく過ごさせてあげましょうね。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

ペットに関する情報を日々発信していきます。

詳しく見る