ふさふさな毛並みが愛らしい、シェットランド・シープドッグ。性格や外見の特徴、かかりやすい病気などを解説します。

シェットランド・シープドッグの性格や外見の特徴

「シェルティ」という愛称で親しまれている、シェットランド・シープドッグ。かつては牧羊犬として働き、長く人と共に生きてきました。そのため、人の言うことをよく聞く従順さをもっています。ただ、羊を守る役割を担っていたため、警戒心が強く吠えやすいという特徴も。子犬の頃から、音や刺激に慣れさせてあげましょう。

シェットランド・シープドッグの被毛は、白・黒・茶色が混ざったトライカラーが一般的です。ほかにも、体の大部分が茶色の個体や、黒と白のみの個体など、さまざまなカラーがあります。

シェットランド・シープドッグをしつけるときのコツ

シェットランド・シープドッグは、飼い主さんの期待に応えたいという気持ちが強い犬種です。通常のしつけに加え、ドッグスポーツやトリック(芸)など、やりがいのある遊びを取り入れてみましょう。楽しみながら取り組んでくれるはずですよ。

シェットランド・シープドッグがかかりやすい病気

シェットランド・シープドッグは、原因不明の「特発性のてんかん」を発症しやすい犬種です。けいれんや意識障害が出た場合、すみやかに動物病院で検査をしてもらいましょう。

そのほか、徐々に視力が低下する「進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく)」にもなりやすいとされています。暗い場所でぶつかったりよくつまずくようになったりしたら、はやめに獣医師に相談してください。

 

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント

シェットランド・シープドッグは、飼い主さんに従順でとても賢い犬種です。毎日愛情をもって接してあげれば、きっと強い絆で結ばれることでしょう。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る