• GLOSSARY

ノーフォーク・テリア

ノーフォーク・テリア

19世紀後半のイングランドで誕生した、比較的新しい犬種のノーフォーク・テリア。性格や外見の特徴、かかりやすい病気などを解説します。

ノーフォーク・テリアの性格や外見の特徴

ノーフォーク・テリアは、かつて猟犬として働いてきた犬種です。獲物を執念深く追っていた経験から、好奇心旺盛で勇敢な性格をしています。
体力があり活動量も多いため、運動不足は欲求不満のもと。散歩・ドッグラン・おもちゃ遊びなど、毎日のコミュニケーションを工夫してあげるとよいでしょう。

ノーフォーク・テリアは、全身が赤茶色のレッドカラーが一般的です。ほかにも、小麦色のウィートン、黒や灰色が混ざったグリズル、黒と茶色が混ざったブラック&タンなどがあります。

ノーフォーク・テリアをしつけるときのコツ

ノーフォーク・テリアは、散歩中に気になることがあると無我夢中になってしまいがちです。急に走り出したり拾い食いをしたりといったトラブルを防止するために、日頃からアイコンタクトをしつけておくのがおすすめ。いざというときでも、愛犬の名前を呼んでアイコンタクトをとれば、愛犬の意識を飼い主さんに向けることができますよ。

ノーフォーク・テリアの飼育で注意すること

好奇心旺盛で活動的なノーフォーク・テリアは、興味のおもむくままにゴミ箱を漁るなどして、誤飲・誤食をしてしまうおそれがあります。危険なものは、愛犬が入れる部屋に置かないように気をつけてください。

また、勇敢で怖いもの知らずな性格から、自分より大きな犬にケンカを売ってしまうことも。ケンカにならないように配慮をすることが第一ですが、万が一ケガをした場合は、応急処置のうえすぐに動物病院に連れて行きましょう。


関連リンク

犬の誤飲・誤食を防ごう!家の中で気をつけたい異物と対策

人の薬や電池を飲み込んだら?犬が誤飲・誤食すると命に関わる異物5選

【獣医師監修】異物が出てこない!犬の誤飲・誤食時の正しい対処法

まとめ:

小さいながら、エネルギッシュなノーフォーク・テリア。事故やケガには注意しつつ、たくさん体を動かす遊びをして、楽しい毎日を送らせてあげましょう。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

ペットに関する情報を日々発信していきます。

詳しく見る