ダルメシアン

斑点模様が特徴的で、スタイリッシュな見た目のダルメシアン。性格や特徴、かかりやすい病気などを解説します。

ダルメシアンの歴史や犬種の特徴

ダルメシアンの歴史は古いうえ、存在の痕跡も古代エジプト・アジア・アフリカなど広範囲。そのため、遠い昔は移動民族と共に世界各地を旅していたのではないかと考えられています。
各地を移動する生活をしていた歴史から、ダルメシアンは体力があり運動が得意です。毎日のお散歩に加え、さまざまな遊びを取り入れるなどして、たくさん運動ができるように配慮してあげましょう

ダルメシアンの外見の特徴

ダルメシアンの特徴は、なんといってもその斑点模様です。白地に黒い斑点があるブラック×ホワイトが一般的ですが、白地に赤茶色の斑点をもつ、レバー×ホワイトというカラーも存在します。斑点の茶色が濃ければ、ブラウン×ホワイトです。

ダルメシアンがかかりやすい病気

ダルメシアンは、眼球内部の圧力が高まり徐々に視力が低下していく「緑内障」にかかりやすい犬種です。まぶしそうなしぐさをする、目の大きさが左右で違う、などの症状があらわれたら視力が低下しているのかも。すぐに動物病院で診察を受けましょう。

また、先天性聴覚障害が多いのも特徴の1つです。耳が聞こえにくい場合、周囲の状況を把握しにくく、警戒心が強くなったり怖がりな性格になったりするケースがあるため、気になるかたは動物病院で相談をしてみましょう。


※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント

エネルギッシュでスタミナがあるダルメシアン。たくさん運動できる環境を作ってあげれば、きっと楽しく生活できることでしょう。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る