しつけの前に知っておこう!犬が吠える3つの理由とその対策とは

しつけの前に知っておこう!犬が吠える3つの理由とその対策とは

大切な存在の愛犬ですが、ワンワンと大きな吠え声には困ってしまう飼い主さんも多いかもしれません。吠えないようにとしつけをする前に、「そもそも犬はなぜ吠えるのか」を知っておくことが大切。今回は犬が吠える3つの理由とその対策を解説していきます。

犬が吠えるのは警戒しているから

犬が吠える理由の1つとして、人やものを警戒している、何かを怖いと感じていることが挙げられます。犬は自分のテリトリーに近づいてくるものや、正体がわからないものに対して不審に思い、警戒して吠えるのです。この中には、「相手を追い払いたい」という気持も含まれます。

犬は、吠えることで警戒や恐怖を感じていた対象が去っていくと学習すると、そういった対象に対して吠えるようになっていきます。犬が吠える前に、フードやおやつを与えるなどでほかに気をそらし、警戒しそうなものから離れるようにするといいでしょう。


関連リンク

警戒しやすいものに慣れさせよう!吠えない犬に育てるしつけの方法

犬はおねだりのときにも吠える

犬は「遊んでほしい」「かまってほしい」「食べたい」などの要求があるとき、それを通すために吠えることもあります。
これは、過去に吠えたときに要求が通った経験をし、「このシーンで吠えれば自分の要求を通してくれる」と学んだため。このような吠え方をさせないためには、おねだりの経験を積ませないことがもっとも大切です。

もし愛犬がおねだりで吠えるようなら、無視することが効果的。「吠えても要求は通らない」と教えましょう。そして、吠えずに静かになったタイミングで、すかさずごほうびをあげたり、かまってあげたりしましょう。そうすることよって、静かに待っているといいことがあると学習させることができます。


関連リンク

吠える前に防止!子犬に「おねだり吠え」をさせないしつけ法

気分が高まりつい吠えることも

中には、「何かを伝えたいわけではないけれど、つい吠え声が出てしまう」といったシチュエーションもあります。警戒心やおねだりからではなく、気分が高まって吠えたり、周囲の吠え声になんとなくつられて吠えたりすることも。

犬が吠えることがすべて悪いというわけではありませんが、ストレスや欲求不満から激しく吠えたり、長時間吠えたりしてしまうケースもあります。このような場合は、犬のストレスを溜めさせないようにし、エネルギーを十分に発散させることが予防につながるでしょう。

※記事内に掲載されている写真と本文は関係ありません。

専門家のコメント:

犬にとっては、吠えることも大切なコミュニケーションのツールです。なんとなく気分が高まって吠えるときもありますが、基本的に犬が吠えるときには何かしらの理由があるもの。
「犬が吠えるから何かをしてあげる」が習慣になると、犬に主導権を握られてしまいます。愛犬に吠えグセがあるなら、なぜそうなってしまっているかを考え、飼い主さんが主導して対処できるようにしましょう。

監修/白山聡子先生(獣医師)

獣医師資格取得後、小動物臨床経験6年。主に犬猫の臨床に携わる。現在は子育てをしながら、愛猫と暮らしている。

著者プロフィール

わんクォール編集部

わんクォール編集部

カインズ・ペットメディア推進室のWanQol編集チームです。わんちゃんとオーナー...

詳しく見る

この記事に関連するキーワード